【ルマン24時間】12時間経過、トップはやはり・・・

2002.06.16 自動車ニュース

【ルマン24時間】12時間経過、トップはやはり・・・

2002年6月15日午後4時(日本時間午後11時)に始まった第70回ルマン24時間レースは、ようやく折り返し地点をまわった。
12時間走ってもトップ3はやはりアウディR8。ハットトリックを狙うNo.1アウディを先頭に、No.2が2周遅れ、その3分近く後ろをNo.3が走行している。

4位はNo.6キャディラック。2000年、2001年と散々な結果に終わっていた“アメリカン・ジャイアント”、GMの1台が調子いい。もう1台のNo.7ノーススターLMP-2は11位だ。
5位No.8ベントレー、6位チームORECAのNo.15ダッラーラ・ジャッド、7位レーシング・フォー・ホーランドの童夢ジャッド、8位にORECAのNo.14ダッラーラ・ジャッド、9位No.4ライリー&スコット・フォード。
そして10位には、チームゴウのNo.5アウディが這い上がってきた。冷却系のトラブルなどでガレージに30分以上入り、一時は20番前後まで順位を落としていたが、1位から13周遅れのトップ10返り咲きである。
MGは、No.27が12位だ。

コンドーレーシングのNo.9童夢ジャッドは27周遅れで19位。No.77、チームタイサンのポルシェ911GT3は、余郷のドライブで29位を走行している。

GTS、GT両クラスとも、首位は変わらない。プロドライブのNo.58フェラーリ550マラネロがGTSトップ、総合でも17位と健闘している。フライジンガーモータースポーツのNo.80ポルシェ911GT3はGTクラス1位、総合23位。

24時間の半分を過ぎ、リタイアしたマシンは12台。そのなかには、寺田陽次郎のチーム、オートエグゼモータースポーツのオートエグゼ・マツダ、片山右京がドライブするNo.18クラージュ・プジョーも含まれる。残り38台が、残り12時間を戦う切符を手にした。

(webCG 有吉)

【ルマン24時間】12時間経過、トップはやはり・・・の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。