CART第6戦、ダ・マッタ連勝

2002.06.17 自動車ニュース

CART第6戦、ダ・マッタ連勝

CART第6戦「GIジョーズ200」決勝が、2002年6月16日、米オレゴン州のポートランド・インターナショナル・レースウェイ(3.16km)を110周して行われた。優勝は、クリスチアーノ・ダ・マッタ(ローラ/トヨタ)。今シーズン3勝目、前戦につぐ2連勝を飾った。

ポールシッターのダ・マッタは、スタートで予選2位のケニー・ブラック(ローラ/トヨタ)に先を越された。両者は中盤まで激しい首位争いを繰り広げたが、ブラックの左リアタイヤにトラブルが発生、ダ・マッタに1位のポジションが転がり込んだ。その後、ブラックのチームメイトであるブルーノ・ジュンケイラ(ローラ/トヨタ)がトップに迫ったが首位逆転ならず。ダ・マッタが自身7勝目をあげた。
2位はジュンケイラ、3位はダリオ・フランキッティ(ローラ/ホンダ)だった。
中野信治(ローラ/ホンダ)が11位フィニッシュ、高木虎之介(レイナード/トヨタ)は、タイヤバリア接触によりリタイア第1号となった。

今シーズン勝率5割、過去8戦で5勝している絶好調のダ・マッタ。金曜と土曜の各予選でポールポジションを獲得し計2点、最多リードラップ数で1点、優勝で20点と、このレースだけで合計23点を稼いだ。シリーズランキングで2位ジュンケイラに対し20点差をつけ、堂々のトップだ。

次戦は6月30日、シカゴで開催される。

(webCG 有吉)

CART第6戦、ダ・マッタ連勝の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。