スズキ、「ワゴンRソリオ」を一部改良

2002.06.19 自動車ニュース

スズキ、「ワゴンRソリオ」を一部改良

スズキ株式会社は、5人乗りの小型ワゴン「ワゴンRソリオ」に一部改良を施すとともに新機種を設定し、2002年6月20日から販売を開始する。

今回の一部改良では、内装のデザインを一新し、質感と使い勝手を向上。加えて機能面の見直しを図り、扱いやすさと快適性を向上させたという。

詳しい内容は、以下のとおり

■シート
・リアシートに、105mmの幅で調節できるスライド機構を採用。ダブルフォールディング機構も備え、荷室を拡げることができる。
・シートとドアトリム表皮を一新。デザイン、手触りとも質感を向上。
・前席に、セミバケット状のベンチシートを採用(センターアームレスト付き)。
■運転席まわり
・全車インパネのデザインと形状を変更。オーディオ位置を上部に設定したほか、カップホルダーの位置と形状を見直し、使い勝手を向上。
・半ドア状態やドアが開いている場合、メーターパネル内の警告灯が点灯する「半ドア警告灯」を設置。
・エアコンに、緑茶から抽出したカテキンを混入した「カテキンフィルター」を採用。タバコの臭いなどを吸着する。
■エクステリア
・1.3リッターモデルのリアコンビネーションランプに、新デザインのマルチリフレクタータイプを採用。
・ドアミラーのデザインを変更するとともに、サイドドアモールを採用。

などとなっている。

さらに、1.3リッターモデルに「1.3WELL」(写真)が、1リッターモデルに「1.0E」が追加設定された。

「1.3WELL」は、専用バンパーとフロントグリル、シルバーの縁取りをした上下2分割ヘッドライトなど、新デザインを採用。14インチのアルミホイールを装着し、装備品として、1DINタイプのCDチューナーを標準装備する。

「1.0E」は、エアコン、キーレスエントリー、パワーウィンドウ、フロント2スピーカーなどを装備しながら、99.0万円(2WD/4AT)という価格の最廉価モデル。今までのベーシックグレード「1.0S」に装着される、ハロゲンフォグランプとハイマウントストップランプ、オーディオなどが省かれたモデル。「1.0S」も存続する。

価格は、新設定「1.0E」の99.0万円(2WD/4AT)から、「1.3SWT」の149.7万円(4WD/4AT)まで。

(webCGオオサワ)

 
スズキ、「ワゴンRソリオ」を一部改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る