「スマートK」がお化粧直し

2002.06.20 自動車ニュース

「スマートK」がお化粧直し

ダイムラークライスラー日本は、2人乗りの軽自動車「スマートK」の外観を変更し、2002年6月17日から販売を開始した。

2001年10月24日デビューの「スマートK」は、先行発売「スマートクーペ」のリアトレッド、リアタイヤをそれぞれ10mm短縮、リアフェンダーの幅を縮め、軽自動車規格に合わせた日本専用モデルだ。
今回は、ヘッドランプおよびフロントパネルを新意匠化、オープンモデル「スマートカブリオ」と同じ顔つきとした。加えてリアテールランプをクリアタイプの専用デザインとした。
さらに燃料タンクは50%拡大、容量33リッターとなった。

価格は従来モデルより4.0万円アップ、131.0万円。気がつけば「クーペ」より1.0万円高くなっていた!

(webCG 有吉)

 
「スマートK」がお化粧直しの画像

関連キーワード:
フォーツースマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記
  • スマート・フォーツーカブリオ ターボ リミテッド/フォーフォー ターボ【試乗記】 2016.9.29 試乗記