マツダ「アテンザ・スポーツワゴン」に4WD追加

2002.06.21 自動車ニュース

マツダ「アテンザ・スポーツワゴン」に4WD追加

マツダは、2002年5月にデビューしたばかりのワゴン「アテンザ・スポーツワゴン」に、4WD車を追加設定した。FF車は2002年6月24日、4WD車は8月1日から販売が開始される。

2.3リッター直4エンジン搭載車に設定された4WDシステムは、新開発の電子制御4WD「アクティブ・トルク・コントロール・カップリング方式」。車速やアクセル開度に応じて、リアデフ内にある「アクティブ・トルク・コントロール・カップリング」と呼ばれる湿式多板クラッチを可変制御、後輪へのエンジントルクを最適化するというものだ。

たとえば雪道や登坂などの低速時には、全輪を直結状態として安定を図り、コーナリング時などでは、アクセル開度と四輪それぞれの回転速度を検知し、後輪へのエンジントルク配分をコントロール、滑りやすい路面などでの安定した操縦性を確保。また高速巡航中は、後輪の駆動力を小さくしトルク伝達ロスを低減させ燃費向上を図り、レ−ンチェンジ、コーナリングおよび加減速時には、後輪の駆動力を瞬時に増して操縦安定性を向上させる、という。
四輪ABSとトラクションコントロールを統合したDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)と合わせ、高いアクティブセーフティ性能を狙う。

4WD導入にともない、エンジンのパワーはFF車比で3psダウンの175ps/6500rpm、トルクは同0.2kgm下がり21.7kgm/4000rpmとなった。
組み合わされるトランスミッションは、FF車の4段ATより一段多い5段ATの「アクティブマチック」。1速から5速のギア比をワイドギアレシオとし動力性能を高める一方、5速ではエンジン回転数を抑え、燃費と静粛性の向上を図った。

価格は、「23C」が230.0万円、「23S」は250.0万円。

(webCG 有吉)

 
マツダ「アテンザ・スポーツワゴン」に4WD追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
    ここでも見つけたマツダ理想主義!
    2016.11.21 エッセイ マツダはロサンゼルスオートショー2016で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)/BMW 320dツーリング スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けて、より上質に磨き込まれた「マツダ・アテンザ」。しかし安穏とはしていられない。なぜならそこには強敵であるヨーロッパのプレミアムカーが立ちはだかっているからだ。例えば、走りへのこだわり。この点にかけては人後に落ちない「BMW 3シリーズ」と対面したときに、アテンザは一体どれだけ独自の個性を主張できるのだろうか。比較テストを試みた。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
ホームへ戻る