全日本GT初の海外公式レースでNSX優勝

2002.06.24 自動車ニュース

全日本GT初の海外公式レースでNSX優勝

全日本GT選手権第4戦「TMTOUCH JAPAN GT CHAMPIONSHIP MALAYSIA」決勝が、2002年6月23日、マレーシアはセパン・インターナショナル・サーキット(5.543km)を54周して行われた。同シリーズ初の海外公式レースを制したのは、松田次生/ラルフ・ファーマン組のMobil 1 NSX。ポールポジションから独走し、今シーズン2勝目を飾った。

2位は土屋武士/ワイン・ガードナー駆るトクホン・トムス・スープラ、3位はZENTトムス・スープラの黒澤琢弥/パオロ・モンティンだった。Mobil 1 NSXと松田/ファーマンは、チームとドライバー両チャンピオンシップでランキングトップに浮上した。

GT300クラスは、雨宮マツモトキヨシアスパラRX7の松本晴彦/谷口信輝がクラス優勝をはたした。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。