プジョー「307」に“戦略的”なエントリーモデル

2002.06.24 自動車ニュース

プジョー「307」に“戦略的”なエントリーモデル

プジョージャポンは、ハッチバックモデル「307」に最廉価グレード「Style」を追加設定、2002年6月22日に発売した。

「307 Style」は、1.6リッター直4 DOHC16バルブエンジン(108ps、15.0kgm)を搭載、5段MTで207.0万円、4段ATで217.0万円という価格とした、同車のエントリーモデルだ。従来までの最廉価グレード「XS」(3ドア/5MT)より25.0万円安、またライバルの1台フォルクスワーゲン「ゴルフE」(1.6リッター+4段ATで219.0万円)よりも安い、「戦略的モデル」(プレスリリース)として登場した。

内装トリムは、2001年10月に先行発売された2リッターモデル「XS」と同等としながらも、トリップコンピュータや革巻きシフトノブなど、一部装備を簡素化した。

(webCG 有吉)

 
プジョー「307」に“戦略的”なエントリーモデルの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー308 GTライン(FF/6AT)【試乗記】 2015.9.4 試乗記 プジョーのCセグメントモデル「308」に、18インチアルミホイールや専用デザインの外装パーツなどが特徴の新グレード「GTライン」が登場。“しなやかさ”が魅力とされる308の足まわりと、225/40ZR18という偏平タイヤが織り成す走りをリポートする。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 第27回:どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
ホームへ戻る