プジョー「307」に“戦略的”なエントリーモデル

2002.06.24 自動車ニュース

プジョー「307」に“戦略的”なエントリーモデル

プジョージャポンは、ハッチバックモデル「307」に最廉価グレード「Style」を追加設定、2002年6月22日に発売した。

「307 Style」は、1.6リッター直4 DOHC16バルブエンジン(108ps、15.0kgm)を搭載、5段MTで207.0万円、4段ATで217.0万円という価格とした、同車のエントリーモデルだ。従来までの最廉価グレード「XS」(3ドア/5MT)より25.0万円安、またライバルの1台フォルクスワーゲン「ゴルフE」(1.6リッター+4段ATで219.0万円)よりも安い、「戦略的モデル」(プレスリリース)として登場した。

内装トリムは、2001年10月に先行発売された2リッターモデル「XS」と同等としながらも、トリップコンピュータや革巻きシフトノブなど、一部装備を簡素化した。

(webCG 有吉)

 
プジョー「307」に“戦略的”なエントリーモデルの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
ホームへ戻る