【Movie】ヒストリックカーが「ツインリンクもてぎ」を走る!(その1)

2002.06.25 自動車ニュース
【Movie】ヒストリックカーが「ツインリンクもてぎ」を走る!(その1)

【Movie】ヒストリックカーが「ツインリンクもてぎ」を走る!(その1)

2002年6月16日、栃木県のツインリンクもてぎサーキットで、インタークラブが主催するヒストリックカー・レースの第2戦が開催された。サーキットを駆け抜ける往年の名車達、パドックの様子などをご覧ください。


写真上:パドック脇に並ぶ、「VINTAGE-CUP」の出場車。
写真下:ダウンヒルストレートを駆け抜けるヒストリックカー達。

【Movie】ヒストリックカーが「ツインリンクもてぎ」を走る!(その1)

61の協力クラブが加入するインタークラブ主催のヒストリックカーレース、「インタークラブヒストリックカーレース」。年間で2〜3戦のサーキットイベントを開催しており、今回はツインリンクもてぎでの第2戦となる。

レースの参加資格車両は、1969年12月31日までに生産された外国車とその同型車。MG、アルファロメオなどメーカー別に絞ったレース、1950年代〜1969年までに生産されたクルマが混走するレースなどを行う、クルマ好きのためのイベントだ。

多彩なレースが開催されるなかで、1920年代〜40年代に製作された「ヴィンテージカー」のみが出場できる「VINTAGE-CUP」に、『Car Graphic』の小林彰太郎、大谷秀雄と、『Super CG』の伊東和彦が出場すると聞き、webCGが取材を行った。

第1回目は、『Super CG』伊東和彦編集長による、ヒストリックカーについての説明をお送りします。

2002年3月10日に開催された、富士スピードウェイでの開幕戦の模様は『Super CG』40号に掲載。第2戦の模様は、2002年11月刊行予定の41号に掲載される予定ですので、興味のある方は是非ご覧ください。

インタークラブレース事務局(http://www.inter-club.co.jp/)
〒120-0012 東京都足立区青井1-7-33
電話:03-5681-3351 FAX:03-5681-1649


レース前で緊張の面もちの、『Super CG』伊東和彦編集長。

【Movie】ヒストリックカーが「ツインリンクもてぎ」を走る!(その1)

【ヒストリックカーレースって?】

(撮影/編集=カネヨシ)

自動車雑誌『Super CG』40号は、オンラインでお求めになれます。(http://www.webcg.net/WEBCG/magazines/364.html)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。