マツダ「プレマシー」、3列目シートが格納式に

2002.06.27 自動車ニュース

マツダ「プレマシー」、3列目シートが格納式に

マツダは、7人乗りのミニバン「プレマシー」をマイナーチェンジし、2002年6月24日に発売した。

一番のニュースは、3列目シートが脱着式から格納式になったこと。座面と背もたれをベルトでつなぎ床下にしまうタイプとし、シート取り外しの煩わしさを解消した。

1.8リッター直4エンジン搭載のFFモデルの燃費は、リッター11.8kmから13.0kmに向上。グリーン税制により、自動車税減税などの優遇措置を受けることができるようになった。
装備面では、2リッターモデル「スポルト」にディスチャージヘッドランプや17インチタイヤ&アルミホイールを付与するなどした。上級グレード「L」の追加設定も新しい。

価格は以下の通り。

1.8リッター+2WD 159.8万円から189.8万円
1.8リッター+4WD 189.8万円から209.8万円
2リッター+2WD 199.8万円と209.8万円

(webCG 有吉)

 
マツダ「プレマシー」、3列目シートが格納式にの画像

関連キーワード:
プレマシーマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • 特別な内外装のマツダ・ビアンテ グランツ発売 2012.1.26 自動車ニュース マツダは、ミニバン「ビアンテ」に特別仕様車「GRANZ(グランツ)」と「GRANZ-C」を設定し、2012年1月26日に発売した。
  • ルノー、「カングーS MT」を60台限定で発売 2017.8.24 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年8月24日、「カングー」に特別仕様車「S MT」を設定し、60台の台数限定で販売を開始した。1.2リッターターボに6段MTを組み合わせた「ゼン6MT」グレードをベースに、装備が強化されたモデルとなる。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る