マツダ「プレマシー」、3列目シートが格納式に

2002.06.27 自動車ニュース

マツダ「プレマシー」、3列目シートが格納式に

マツダは、7人乗りのミニバン「プレマシー」をマイナーチェンジし、2002年6月24日に発売した。

一番のニュースは、3列目シートが脱着式から格納式になったこと。座面と背もたれをベルトでつなぎ床下にしまうタイプとし、シート取り外しの煩わしさを解消した。

1.8リッター直4エンジン搭載のFFモデルの燃費は、リッター11.8kmから13.0kmに向上。グリーン税制により、自動車税減税などの優遇措置を受けることができるようになった。
装備面では、2リッターモデル「スポルト」にディスチャージヘッドランプや17インチタイヤ&アルミホイールを付与するなどした。上級グレード「L」の追加設定も新しい。

価格は以下の通り。

1.8リッター+2WD 159.8万円から189.8万円
1.8リッター+4WD 189.8万円から209.8万円
2リッター+2WD 199.8万円と209.8万円

(webCG 有吉)

 
マツダ「プレマシー」、3列目シートが格納式にの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プレマシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • 【デトロイトショー2017】ホンダ、新型「オデッセイ」を世界初公開
    2016.12.20 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年12月20日、米国デトロイトで開催される2017年北米国際自動車ショー(開催期間:2017年1月8日~22日)において、新型「オデッセイ」を世界初公開すると発表した。
ホームへ戻る