日産「セドリックセダン」「クルー」営業車改良

2002.07.01 自動車ニュース
 

日産「セドリックセダン」「クルー」営業車改良

日産自動車は、「セドリックセダン」と「クルー」の営業車を一部改良し、2002年6月26日に発売した。眼目は、環境性能、燃費の向上、そしてグレード体系の見直しなど。


「セドリックセダン」(上)と「クルー」(下)
 

「セドリックセダン」「クルー」とも、営業車全車が国土交通省の低排出ガス車認定制度で「優-低排出ガス車」の認定を受けた。またエアコンの省動力化、エンジン改良、トルクコンバーターの高効率化などにより、燃費向上を図った。
またセドリックセダンに、185/80R14タイヤ、タクシーなどで使う4段AT車用の料金トレイなど、クルーに運転席デュアルシートリフター、運転席ランバーサポートなどを与えた。グレード体系は見直され、セドリックセダンには、新たに全席パワーウィンドウなどを備えた高級仕様「クラシックSV」が追加された。

価格は以下の通り。
セドリックセダン営業車 170.5万円から230.9万円
クルー営業車 149.5万円から199.1万円

(webCG 有吉)

日産自動車「セドリックセダン」:
http://www.nissan.co.jp/CEDRIC/index2.html
同「クルー」:
http://www.nissan.co.jp/CREW/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産、「セド・グロ」のグレードを見直し 2000.11.2 自動車ニュース 日産自動車は、「セドリック」「グロリア」のグレード体系を見直すと同時に、新グレードを追加設定し、2000年10月30日から販売を開始した。セドリックでは、今まで「250LV」にのみ設定された、オーディオシステム充実の「プレミアムリミテッド」を、「300LX-Z」(441.0万円)「250LV FOUR」(404.0万円)にまで拡大。さらに、アイボリ一色の本革シートや前席アクティブヘッドレストなどを装備した「アイボリーレザーパッケージ」が追加設定された。グロリアには、スポーティさを強調した新グレード「グランツーリスモ」が、「300ULTIMA-Z」(436.0万円)「300TX」(378.0万円)「250TX」(346.0万円)「250TX FOUR」(401.0万円)に加わった。専用のラジエーターグリル、ヘッドランプ、17インチアルミホイールや本革巻ステアリングホイールなどを装着。内装を黒で統一し、スポーティさを演出した。(web CG 有吉)日産自動車「セドリック」サイト:http://www.nissan.co.jp/CEDRIC/同「グロリア」サイト:http://www.nissan.co.jp/GLORIA/
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 日産、「セドリック」「グロリア」をモデルチェンジ 1999.6.29 自動車ニュース 日産自動車は「セドリック」および「グロリア」をフルモデルチェンジし、6月28日より発売した。新型「日産セドリック」および「グロリア」は「新世代高級パーソナルサルーン」を商品コンセプトにすえて開発されたモデルだ。新しい「LLクラスプラットフォーム」をベースに、2.5リッターおよび3リッターの6気筒エンジンを搭載している。駆動方式は後輪駆動と4輪駆動の2本立てである。新型「日産セドリック/グロリア」は、2800ミリのホイールベースをもち、そこに全長x全幅x全高=4865x1770x1440ミリの4ドアボディを載せている。スタイリングは「デザインの革新」と謳われているように、新型「セドリック/グロリア」の大きな特徴のひとつに数えられている。エンジンは4種類、用意されている。3リッターV型6気筒DOHCターボ「VQ30DET」(280馬力)を筆頭に、3リッターV6DOHC直噴ガソリン「VQ30DD」(240馬力)、2.5リッターV6DOHC直噴ガソリン「VQ25DD」(210馬力)、そして2.5リッター直列6気筒DOHCターボ「RB25DET」(260馬力)となる。V6はすべてLEV(低公害エンジン)である。駆動方式は後輪駆動で、直6エンジンは4輪駆動システムとのみ組み合わせられる。新型「セドリック」のラインナップは「300VIP」(494.0万円/東京・大阪・名古屋以下同)をはじめ、「300LX」(421.0万円〜)、「300LV」(378.0万円〜)、「250LV」(343.0万円)、「250L」(311.0万円)、そして「250LV FOUR」(399.0万円)と「250L FOUR」(364.0万円)となる。グロリアは「300ULTIMA Vパッケージ」をはじめ、「300TX」「250TX」「250T」、そして4WDの「250TX FOUR」と「250T FOUR」で構成されている。ちなみに今回、グランツーリスモの設定はない。「グロリア」のTVコマーシャルのキャラクターはバージングループ会長のリチャード・ブランスンだ。なぜだ? けっこう考えさせられる起用である。(Web CG オガワ)
  • 「スズキ・ソリオ」に32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場
    2016.11.29 自動車ニュース スズキが「ソリオ」のフルハイブリッドシステム搭載車を発売。このシステムは1.2リッター直4エンジンに走行用のモーターと5段ロボタイズドMTを組み合わせたもので、スズキが独自に開発。燃費は32.0km/リッターと公称されている。
ホームへ戻る