日産「セドリックセダン」「クルー」営業車改良

2002.07.01 自動車ニュース
 

日産「セドリックセダン」「クルー」営業車改良

日産自動車は、「セドリックセダン」と「クルー」の営業車を一部改良し、2002年6月26日に発売した。眼目は、環境性能、燃費の向上、そしてグレード体系の見直しなど。


「セドリックセダン」(上)と「クルー」(下)
 

「セドリックセダン」「クルー」とも、営業車全車が国土交通省の低排出ガス車認定制度で「優-低排出ガス車」の認定を受けた。またエアコンの省動力化、エンジン改良、トルクコンバーターの高効率化などにより、燃費向上を図った。
またセドリックセダンに、185/80R14タイヤ、タクシーなどで使う4段AT車用の料金トレイなど、クルーに運転席デュアルシートリフター、運転席ランバーサポートなどを与えた。グレード体系は見直され、セドリックセダンには、新たに全席パワーウィンドウなどを備えた高級仕様「クラシックSV」が追加された。

価格は以下の通り。
セドリックセダン営業車 170.5万円から230.9万円
クルー営業車 149.5万円から199.1万円

(webCG 有吉)

日産自動車「セドリックセダン」:
http://www.nissan.co.jp/CEDRIC/index2.html
同「クルー」:
http://www.nissan.co.jp/CREW/

関連記事
  • 新型「セドリック」インプレッション 1999.7.29 自動車ニュース 「日産セドリックLV」に試乗した。240馬力の直噴ガソリンV6エンジン搭載車だ。「日産セドリック」は「新世代高級パーソナルサルーン」を商品コンセプトにすえて開発されたモデルだ。新しい「LLクラスプラットフォーム」をベースにしたクルマである。「LV」は3リッターV6DOHC直噴ガソリンエンジン「VQ30DD」(240馬力)を搭載した後輪駆動だ。価格は378.0万円である。「セドリック」といえばリチャードブランソン、ではなかった、広告イメージ、なんでしたっけ? グロリアのブランソンの広告、いまごろなんで?ってかんじだけれど印象には残ってますね。興味は、次世代プラットフォームがどれだけいいか、という点にありました。コストコントロールが推し進められているいっぽうで、次世代エルグランドをはじめ、これから出る大型車に用いられることが発表されているだけに、「走り」で売ってきた日産がどういう妥協点をさぐったのか、そこが知りたかったわけです。乗った印象は、けっこうよかったですねえ。ハンドリングはけっこうスポーティでいて、乗り心地は快適なんです。エンジンも力があって、なおかつよく回るという、自動車好きにとってなかなか楽しめるクルマです。問題がないわけではありませんが。そうそう。サスペンションはストロークをたっぷりとっているにもかかわらず、トレッド変化をうまく抑えているので、乗り心地のよさと操縦性の高さが両立しているんです。トヨタのクルマなどは、操縦性を重視するときはストロークを少なくしてトー変化を抑えるので、結果として乗り心地が硬めになってしまってますが、こういう点では日産に軍配があがりますね。問題点をあえて言うと、低速時のパワーステアリングの設定があいまいで、かつ軽すぎるということがまずあげられます。それから電子制御スロットルの設定がおおざっぱすぎて、車庫入れなど低速時でのコントロールがやりにくいんです。いまはエンジンとトランスミッションの統合制御が進んでいて、これにトラクションコントロールが加わったりしています。電子制御スロットルのメリットは、ドライブトレインの統合制御と組み合わせることによって、つねに豊かなトルクが出るようにしているところにあります。しかし「セドリック」の場合は、ポテンシャメータなどのハードウェア、あるいは情報のプロセッシングというソフトウェアのどちらかに問題があるわけです。電子制御スロットルというのがいま過渡期にある技術だなあとつくづく感じさせられます。あとは室内が狭いとか、デザイン的なものもちょっとなあ……というのがありませんか? CEOのカルロスゴーン氏が乗りこんでデザインチェックをしていたのをテレビで観ましたが、多少はよくなるでしょうか。運転席のドアを開けると自動的にウィンドウが下がるなど小技が効いていますが、雨の日にコマるとか、このへんの「親切さ」も過渡期にあるようですね。 松本英雄 小川フミオ
  • 日産「セドリック/グロリア」マイナーチェンジ 2001.12.7 自動車ニュース 日産自動車は「セドリック」「グロリア」をマイナーチェンジし、2001年12月4日に発売した。
  • 日産、「セドリック」「グロリア」をモデルチェンジ 1999.6.29 自動車ニュース 日産自動車は「セドリック」および「グロリア」をフルモデルチェンジし、6月28日より発売した。新型「日産セドリック」および「グロリア」は「新世代高級パーソナルサルーン」を商品コンセプトにすえて開発されたモデルだ。新しい「LLクラスプラットフォーム」をベースに、2.5リッターおよび3リッターの6気筒エンジンを搭載している。駆動方式は後輪駆動と4輪駆動の2本立てである。新型「日産セドリック/グロリア」は、2800ミリのホイールベースをもち、そこに全長x全幅x全高=4865x1770x1440ミリの4ドアボディを載せている。スタイリングは「デザインの革新」と謳われているように、新型「セドリック/グロリア」の大きな特徴のひとつに数えられている。エンジンは4種類、用意されている。3リッターV型6気筒DOHCターボ「VQ30DET」(280馬力)を筆頭に、3リッターV6DOHC直噴ガソリン「VQ30DD」(240馬力)、2.5リッターV6DOHC直噴ガソリン「VQ25DD」(210馬力)、そして2.5リッター直列6気筒DOHCターボ「RB25DET」(260馬力)となる。V6はすべてLEV(低公害エンジン)である。駆動方式は後輪駆動で、直6エンジンは4輪駆動システムとのみ組み合わせられる。新型「セドリック」のラインナップは「300VIP」(494.0万円/東京・大阪・名古屋以下同)をはじめ、「300LX」(421.0万円〜)、「300LV」(378.0万円〜)、「250LV」(343.0万円)、「250L」(311.0万円)、そして「250LV FOUR」(399.0万円)と「250L FOUR」(364.0万円)となる。グロリアは「300ULTIMA Vパッケージ」をはじめ、「300TX」「250TX」「250T」、そして4WDの「250TX FOUR」と「250T FOUR」で構成されている。ちなみに今回、グランツーリスモの設定はない。「グロリア」のTVコマーシャルのキャラクターはバージングループ会長のリチャード・ブランスンだ。なぜだ? けっこう考えさせられる起用である。(Web CG オガワ)
  • 日産「セドリック・セダン」営業車にV6 LPGエンジン再登場 2004.1.15 自動車ニュース 日産自動車は、タクシーなどに用いられる「セドリック・セダン」営業車に、V6のLPG(液化天然ガス)エンジンを搭載した「ブロアム」を追加設定、2004年1月13日に発売した。同エンジン搭載車は2002年8月に一旦生産中止されたが、動力性能などを向上させて再登場となった。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 日産グロリア300TX(4AT)【ブリーフテスト】 2000.12.21 試乗記 ……419.0万円
    総合評価……★★★




  • 日産、「セド・グロ」のグレードを見直し 2000.11.2 自動車ニュース 日産自動車は、「セドリック」「グロリア」のグレード体系を見直すと同時に、新グレードを追加設定し、2000年10月30日から販売を開始した。セドリックでは、今まで「250LV」にのみ設定された、オーディオシステム充実の「プレミアムリミテッド」を、「300LX-Z」(441.0万円)「250LV FOUR」(404.0万円)にまで拡大。さらに、アイボリ一色の本革シートや前席アクティブヘッドレストなどを装備した「アイボリーレザーパッケージ」が追加設定された。グロリアには、スポーティさを強調した新グレード「グランツーリスモ」が、「300ULTIMA-Z」(436.0万円)「300TX」(378.0万円)「250TX」(346.0万円)「250TX FOUR」(401.0万円)に加わった。専用のラジエーターグリル、ヘッドランプ、17インチアルミホイールや本革巻ステアリングホイールなどを装着。内装を黒で統一し、スポーティさを演出した。(web CG 有吉)日産自動車「セドリック」サイト:http://www.nissan.co.jp/CEDRIC/同「グロリア」サイト:http://www.nissan.co.jp/GLORIA/
  • 「セドリック」、「グロリア」40周年記念車を発売 2000.1.13 自動車ニュース 日産自動車は、「セドリック」、「グロリア」誕生40周年を記念して、「40thAnniversary」を設定し、1月7日から発売した。今回発売された「40th Anniversary」は、セドリックの「300LV」「250LV」、グロリアの「300TX」「250TX」をベースに、記念キー、記念エンブレム、運転席オートスライドなどの特別装備を採用している。セドリック「300LV 40th Anniversary」には、後席パワーシート、本革巻きステアリングホイール&本革巻きシフトノブを、「250LV 40th Anniversary」には、助手席パワーシート、本革巻きステアリングホイール&本革巻きシフトノブを採用し、ラグジュアリーな雰囲気を強調、グロリア「300TX 40th Anniversary」、「250TX 40thAnniversary」には、215/50R17タイヤと17インチアルミホイールを採用、スポーティさを強調した。価格はセドリック「250LV 40th Anniversary」が349.0万円、「300LV 40thAnniversary」が388.0万円、グロリア「250TX 40th Anniversary」が353.0万円、「300TX 40th Anniversary」が385.0万円となる。新型セドリックのセールスは、ライバルのトヨタ・クラウンに比べると精彩を欠くものになっているようです。テコいれは「40周年記念モデル」というよりも、クラウン・アスリートに対して本家本元と言える「グランツーリスモ」の登場ではなかったか? と、私はこの場をかりてカルロス氏に進言させていただきます。(Web CGあらい)
  • 日産、新開発CVTを「セド/グロ」に搭載 1999.10.12 自動車ニュース 日産自動車は、無段変速機「エクストロイドCVT」を「セドリック/グロリア」に搭載し、11月8日より発売する。「エクストロイドCVT」とは、従来のプーリーとスチールベルトを組み合わせた「ベルト式」と異なり、ディスクとパワーローラーにより動力を伝達する新型のCVT(無段変速機)だ。その仕組は、中央のパワーローターを出入力ディスクで挟んでいる形となっている。エンジンからの動力を受けた入力ディスクの回転をパワーローラーに伝え、パワーローターから出力に動力を伝える。パワーローターの傾きが連続的に変わることで、出入力ディスクのそれぞれの回転速度を変化させ、無段変速を実現させているという。またこのCVTには「6速マニュアルモード」機能が備わっており、ステアリング裏のスイッチかシフトノブでマニュアル走行も可能だ。日産によると、「エクストロイドCVT」により、滑らかな変速と素早いレスポンス、大トルクへの対応、そして燃費の向上(従来のATに比べ10パーセント)というメリットが得られるという。このCVTが搭載されるのは「セドリック/グロリア」。専用の内装色、本革シート、木目パネルなどが与えられている。価格は、セドリックが「300LX-Z Sパッケージ」の477.0万円から、グロリアが「300ULTIMA-Z」の471.0万円からとなる。日産自動車「セドリック」サイト:http://www4.nissan.co.jp/CEDRIC/同「グロリア」サイト:http://www4.nissan.co.jp/GLORIA/ベルト式CVTの場合、大きなトルクがかかるとベルトの「すべり」が発生し、非効率な部分がありました。「エクストロイドCVT」はパワーローターと呼ばれる高純度なベアリング鋼が使われているため、すべりが起きない。ゆえに主に大排気量、大トルク向きとされています。技術の日産は、健在ですね。(Web CG 有吉)
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手NEW 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
ホームへ戻る