日産「セドリックセダン」「クルー」営業車改良

2002.07.01 自動車ニュース
 

日産「セドリックセダン」「クルー」営業車改良

日産自動車は、「セドリックセダン」と「クルー」の営業車を一部改良し、2002年6月26日に発売した。眼目は、環境性能、燃費の向上、そしてグレード体系の見直しなど。


「セドリックセダン」(上)と「クルー」(下)
 

「セドリックセダン」「クルー」とも、営業車全車が国土交通省の低排出ガス車認定制度で「優-低排出ガス車」の認定を受けた。またエアコンの省動力化、エンジン改良、トルクコンバーターの高効率化などにより、燃費向上を図った。
またセドリックセダンに、185/80R14タイヤ、タクシーなどで使う4段AT車用の料金トレイなど、クルーに運転席デュアルシートリフター、運転席ランバーサポートなどを与えた。グレード体系は見直され、セドリックセダンには、新たに全席パワーウィンドウなどを備えた高級仕様「クラシックSV」が追加された。

価格は以下の通り。
セドリックセダン営業車 170.5万円から230.9万円
クルー営業車 149.5万円から199.1万円

(webCG 有吉)

日産自動車「セドリックセダン」:
http://www.nissan.co.jp/CEDRIC/index2.html
同「クルー」:
http://www.nissan.co.jp/CREW/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「セドリック」、「グロリア」40周年記念車を発売 2000.1.13 自動車ニュース 日産自動車は、「セドリック」、「グロリア」誕生40周年を記念して、「40thAnniversary」を設定し、1月7日から発売した。今回発売された「40th Anniversary」は、セドリックの「300LV」「250LV」、グロリアの「300TX」「250TX」をベースに、記念キー、記念エンブレム、運転席オートスライドなどの特別装備を採用している。セドリック「300LV 40th Anniversary」には、後席パワーシート、本革巻きステアリングホイール&本革巻きシフトノブを、「250LV 40th Anniversary」には、助手席パワーシート、本革巻きステアリングホイール&本革巻きシフトノブを採用し、ラグジュアリーな雰囲気を強調、グロリア「300TX 40th Anniversary」、「250TX 40thAnniversary」には、215/50R17タイヤと17インチアルミホイールを採用、スポーティさを強調した。価格はセドリック「250LV 40th Anniversary」が349.0万円、「300LV 40thAnniversary」が388.0万円、グロリア「250TX 40th Anniversary」が353.0万円、「300TX 40th Anniversary」が385.0万円となる。新型セドリックのセールスは、ライバルのトヨタ・クラウンに比べると精彩を欠くものになっているようです。テコいれは「40周年記念モデル」というよりも、クラウン・アスリートに対して本家本元と言える「グランツーリスモ」の登場ではなかったか? と、私はこの場をかりてカルロス氏に進言させていただきます。(Web CGあらい)
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産グロリア300TX(4AT)【ブリーフテスト】 2000.12.21 試乗記 ……419.0万円
    総合評価……★★★




  • 第395回:レクサスならではの価値の創造を目指して
    新型「LS」のチーフエンジニアにインタビューNEW
    2017.1.22 エッセイ 新型「レクサスLS」が、2017年のデトロイトモーターショーで発表された。新世代のFR車用プラットフォーム「GA-L」を採用し、全方位的に進化した新型LSに込められた思いを、開発を担当した旭 利夫チーフエンジニアに聞いた。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
ホームへ戻る