新型ジャガー「Sタイプ」のお披露目会開かれる

2002.07.03 自動車ニュース
 

新型ジャガー「Sタイプ」のお披露目会開かれる

2002年7月1日、東京はお台場の「ヴィーナスフォート」にある「教会の広場」で、ジャガーの新型「Sタイプ」の発表パーティ、「スパークリングパーティ」が開かれた。


写真上:ヴィーナスフォート内のパーティ会場「教会の広場」。
写真下:ジャガージャパンのデービッド・ブルーム代表と、Sタイプのトップグレード「R」。
 

ステージに上がった、ジャガージャパンのデービッド・ブルーム代表の乾杯の挨拶で、パーティは幕をあけた。会場にはK-1ミドル級日本チャンピオンの魔裟斗選手や、エッセイストのパンツェッタ・ジローラモさんなど著名人も訪れ、会場は華やかな雰囲気に包まれた。

「新型Sタイプはシャンパンの泡のように、ジャガーならではの“スパークリングな体験”を得られるクルマ」とブルーム代表が語る新型Sタイプは、見た目こそ先代とあまり変わらないが、中身は80%以上の変更と改良を受けたという。


メッシュグリルが特徴的な、「Sタイプ R」のフロントビュー。
 

注目のモデルは、メッキのメッシュグリルが特徴的な「Sタイプ R」。「ジャガー史上最もパワフル」(ブルーム氏)な、4.2リッターV8スーパーチャージャー付きエンジンを積み、406ps/6100rpm、56.4kgm/3500rpmのアウトプットを誇る。


「Sタイプ R」に搭載される、4.2リッターV8スーパーチャージャー付きエンジン。406ps/6100rpmの最高出力と、56.4kgm/3500rpmの最大トルクを発生する。
 

2.5リッターV6を積むエントリーモデル「S-TYPE 2.5 V6」と、3リッターV6を積む「3.0 V6」の2車種は、2002年7月1日に販売を開始。スポーティな「3.0 Sport」と、4.2リッターV8を搭載する「4.2 V8」、そしてトップグレード「R」は、同年9月2日から販売を開始する。

(webCGオオサワ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
ホームへ戻る