新型ジャガー「Sタイプ」のお披露目会開かれる

2002.07.03 自動車ニュース
 

新型ジャガー「Sタイプ」のお披露目会開かれる

2002年7月1日、東京はお台場の「ヴィーナスフォート」にある「教会の広場」で、ジャガーの新型「Sタイプ」の発表パーティ、「スパークリングパーティ」が開かれた。


写真上:ヴィーナスフォート内のパーティ会場「教会の広場」。
写真下:ジャガージャパンのデービッド・ブルーム代表と、Sタイプのトップグレード「R」。
 

ステージに上がった、ジャガージャパンのデービッド・ブルーム代表の乾杯の挨拶で、パーティは幕をあけた。会場にはK-1ミドル級日本チャンピオンの魔裟斗選手や、エッセイストのパンツェッタ・ジローラモさんなど著名人も訪れ、会場は華やかな雰囲気に包まれた。

「新型Sタイプはシャンパンの泡のように、ジャガーならではの“スパークリングな体験”を得られるクルマ」とブルーム代表が語る新型Sタイプは、見た目こそ先代とあまり変わらないが、中身は80%以上の変更と改良を受けたという。


メッシュグリルが特徴的な、「Sタイプ R」のフロントビュー。
 

注目のモデルは、メッキのメッシュグリルが特徴的な「Sタイプ R」。「ジャガー史上最もパワフル」(ブルーム氏)な、4.2リッターV8スーパーチャージャー付きエンジンを積み、406ps/6100rpm、56.4kgm/3500rpmのアウトプットを誇る。


「Sタイプ R」に搭載される、4.2リッターV8スーパーチャージャー付きエンジン。406ps/6100rpmの最高出力と、56.4kgm/3500rpmの最大トルクを発生する。
 

2.5リッターV6を積むエントリーモデル「S-TYPE 2.5 V6」と、3リッターV6を積む「3.0 V6」の2車種は、2002年7月1日に販売を開始。スポーティな「3.0 Sport」と、4.2リッターV8を搭載する「4.2 V8」、そしてトップグレード「R」は、同年9月2日から販売を開始する。

(webCGオオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Sタイプの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE S(FR/8AT)【ブリーフテスト】 2015.10.5 試乗記 ジャガーのミドルクラスサルーン「XE」、そのフラッグシップモデル「XE S」に試乗した。340psの3リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツサルーンの実力を探る。
  • ジャガーがスポーツサルーン「XE」2017年モデルの受注を開始 2016.7.20 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年7月19日、スポーツサルーン「ジャガーXE」2017年モデルの受注を開始した。最新のインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を標準装備したほか、新たなエントリーグレード「SE」を追加設定。全8機種をラインナップしている。
  • ジャガーXE 2.0プレステージ(FR/8AT)/XE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2015.9.18 試乗記 200psか240psか? 「ジャガーXE」に関心を持つ人にとって悩ましいのは、2リッター直4ターボエンジンのどちらの仕様がよりジャガーらしいのか、ということではないだろうか。「2.0プレステージ」と「2.5ポートフォリオ」に比較試乗した。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
ホームへ戻る