ボルボ「S60」にエントリーモデル

2002.07.05 自動車ニュース

ボルボ「S60」にエントリーモデル

ボルボカーズジャパンは、4ドアセダン「S60」にエントリーグレードを追加設定、2002年7月から販売を開始した。

今回ラインナップに加わったのは、「S60」と呼ばれる最廉価モデル。従来のエントリーグレード「2.4」のエンジンパワー、トルクを落とし、一部装備を簡素化。2.4より30.0万円安い、365.0万円のプライスタグを付けて登場した。

可変バルブタイミング機構の付いた2.4リッター直5 DOHC20バルブエンジンは、最高出力140ps/4500rpm、最大トルク22.4kgm/3750rpmを発生。2.4比で30psと1.1kgm、それぞれデチューンされた。
またシート生地が新素材のファブリックになったほか、15インチホイールがアルミからスチールに変わった。
さらにオプションとして、本革シートや運転席パワーシート、本革巻きステアリングホイールなどをセットにした「レザーパッケージ」(20.0万円)、これにCD・MDプレーヤー付きハイパフォーマンスオーディオシステムと15インチアルミホイールを追加した、初期ロット限りの「EBO(アーリー・バイイング・オファー)パッケージ」(25.0万円)なども用意される。

(webCG 有吉)

 
ボルボ「S60」にエントリーモデルの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • 第2回:S60 D4をワインディングロードで試す 2015.7.27 徹底検証! ボルボのディーゼル 新世代ディーゼルターボを搭載するボルボのスポーティーセダン「S60 D4 R-DESIGN」に試乗。ワインディングロードでムチを当てると、その骨太な個性が見えてきた。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • ボルボS60 T3 SE(FF/6AT)/XC60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.3.23 試乗記 ボルボの60シリーズに新しいDrive-Eエンジンが2機種、搭載された。1.5リッター直4ターボのT3ユニットを積む「S60」と、2リッター直4ターボ+スーパーチャージャーのT6ユニットを搭載する「XC60」に試乗し、その実力を確かめた。
ホームへ戻る