ボルボ「S60」にエントリーモデル

2002.07.05 自動車ニュース

ボルボ「S60」にエントリーモデル

ボルボカーズジャパンは、4ドアセダン「S60」にエントリーグレードを追加設定、2002年7月から販売を開始した。

今回ラインナップに加わったのは、「S60」と呼ばれる最廉価モデル。従来のエントリーグレード「2.4」のエンジンパワー、トルクを落とし、一部装備を簡素化。2.4より30.0万円安い、365.0万円のプライスタグを付けて登場した。

可変バルブタイミング機構の付いた2.4リッター直5 DOHC20バルブエンジンは、最高出力140ps/4500rpm、最大トルク22.4kgm/3750rpmを発生。2.4比で30psと1.1kgm、それぞれデチューンされた。
またシート生地が新素材のファブリックになったほか、15インチホイールがアルミからスチールに変わった。
さらにオプションとして、本革シートや運転席パワーシート、本革巻きステアリングホイールなどをセットにした「レザーパッケージ」(20.0万円)、これにCD・MDプレーヤー付きハイパフォーマンスオーディオシステムと15インチアルミホイールを追加した、初期ロット限りの「EBO(アーリー・バイイング・オファー)パッケージ」(25.0万円)なども用意される。

(webCG 有吉)

 
ボルボ「S60」にエントリーモデルの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • 【上海ショー2017】ホンダが「CR-Vハイブリッド」を世界初公開 2017.4.19 自動車ニュース ホンダが上海ショーで新型「CR-Vハイブリッド」を発表。パワープラントには2モーターハイブリッドシステムの「スポーツハイブリッドi-MMD」を採用。運転支援システム「ホンダセンシング」をはじめとした、充実した装備も特徴として挙げられている。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る