ボルボ「S60」にエントリーモデル

2002.07.05 自動車ニュース

ボルボ「S60」にエントリーモデル

ボルボカーズジャパンは、4ドアセダン「S60」にエントリーグレードを追加設定、2002年7月から販売を開始した。

今回ラインナップに加わったのは、「S60」と呼ばれる最廉価モデル。従来のエントリーグレード「2.4」のエンジンパワー、トルクを落とし、一部装備を簡素化。2.4より30.0万円安い、365.0万円のプライスタグを付けて登場した。

可変バルブタイミング機構の付いた2.4リッター直5 DOHC20バルブエンジンは、最高出力140ps/4500rpm、最大トルク22.4kgm/3750rpmを発生。2.4比で30psと1.1kgm、それぞれデチューンされた。
またシート生地が新素材のファブリックになったほか、15インチホイールがアルミからスチールに変わった。
さらにオプションとして、本革シートや運転席パワーシート、本革巻きステアリングホイールなどをセットにした「レザーパッケージ」(20.0万円)、これにCD・MDプレーヤー付きハイパフォーマンスオーディオシステムと15インチアルミホイールを追加した、初期ロット限りの「EBO(アーリー・バイイング・オファー)パッケージ」(25.0万円)なども用意される。

(webCG 有吉)

 
ボルボ「S60」にエントリーモデルの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る