CART第8戦トロント、ダ・マッタが4連勝

2002.07.08 自動車ニュース

CART第8戦トロント、ダ・マッタが4連勝

CART第8戦「モルソン・インディ・トロント」決勝が、2002年7月7日、カナダはトロントの市街地エギジビジョン・プレイス周辺特設ストリートコース(2.824km)を112周して行われた。優勝は、クリスチアーノ・ダ・マッタ(ローラ/トヨタ)。レース中一度もトップの座を明渡すことなく、今シーズン5勝目、通算9勝目、そして4連続の勝利を飾った。
4連勝は、アル・アンサーJr、アレックス・ザナルディに並ぶ最多連勝記録タイ。チャンピオンシップでも、ランキング2位のブルーノ・ジュンケイラ(ローラ/トヨタ)に48点もの差をつけ、トップを独走中だ。

2位は4.398秒差でケニー・ブラック(ローラ/トヨタ)、3位はダ・マッタのチームメイト、クリスチャン・フィッティパルディ(ローラ/トヨタ)。ホンダエンジン最高位は、中野信治(ローラ/ホンダ)の4位。中野は2000年の同シリーズ参戦以来、自己ベストリザルトを記録。前戦シカゴでも5位に入賞しており、上り調子だ。

以下トップ10は、5位スコット・ディクソン(ローラ/トヨタ)、6位ジミー・バッサー(ローラ/フォード)、7位アレックス・タグリアーニ(レイナード/フォード)、8位高木虎之介(レイナード/トヨタ)、9位エイドリアン・フェルナンデス(ローラ/ホンダ)、10位パトリック・カーポンティエ(レイナード/フォード)という順位だった。

次戦決勝は7月14日、クリーブランド。飛行場の滑走路を利用した、お馴染みのコースで開催される。

(webCG 有吉)

CART第8戦トロント、ダ・マッタが4連勝の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。