フェラーリのニューモデル、名前は「エンツォ・フェラーリ」

2002.07.09 自動車ニュース

フェラーリのニューモデル、名前は「エンツォ・フェラーリ」

フェラーリの次期ニューモデルとして、デザインスタディが発表されていたコードネーム「FX」の正式名称が、2002年6月25日に発表された。その名も、「エンツォ・フェラーリ」。そう、フェラーリ創設者の名前そのものである。




「FX」改め「エンツォ・フェラーリ」は、東京都現代美術館で2002年7月14日まで開催中の「ARTEDINAMICA 疾走するアート:フェラーリ&マセラティ」展で世界初公開された最新モデル。限定モデルたる「F40」や「F50」の後継となる。
“御大”エンツォ・フェラーリの名を冠した理由は、「レース活動と、フェラーリだけにできる最先端技術を駆使したロードカーの生産との、相互作用を引き出す」という、フェラーリ氏のビジョンに対する敬意の証、だという。

エンジンは、650ps以上を発生する6リッターV12エンジンをミドに搭載。トップスピードは350km/hを超えるという。
2002年9月28日から10月13日にかけて開催される「パリ国際モーターショー」で正式発表の予定。生産台数は「求められる台数より1台少なく」、349台限定。

(webCGオオサワ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第48回:これは凄いぞ赤い玉号 2017.7.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第48回は「これは凄いぞ赤い玉号」。無敵の「フェラーリ458イタリア」を手放し、31年前の「328GTS」を購入した筆者。あえてパフォーマンスを落とすことで得られた新たなヨロコビとは? 
  • 第47回:フェラーリは舐めるように乗れ 2017.6.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第47回は「フェラーリは舐めるように乗れ」。フェラーリを買ったら毎日乗りたいと考える者も多い。が、それは果たして……。持続可能なフェラーリライフを送るために筆者が肝に銘じていることとは?
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【試乗記】 2017.7.11 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」のコンセプトは、日常的な使いやすさと快適性の改善にある。その狙い通り、570GTは毎日乗りたくなるスーパーカーに仕上がっていたのだろうか。それとも……? 雨の箱根で試乗した。
  • ポルシェ911 GT2 RS/911ターボSエクスクルーシブシリーズ 2017.7.3 画像・写真 独ポルシェはイギリスで開催されたモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」(開催期間:2017年6月30日~7月2日)で「911 GT2 RS」を発表した。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る