フェラーリのニューモデル、名前は「エンツォ・フェラーリ」

2002.07.09 自動車ニュース

フェラーリのニューモデル、名前は「エンツォ・フェラーリ」

フェラーリの次期ニューモデルとして、デザインスタディが発表されていたコードネーム「FX」の正式名称が、2002年6月25日に発表された。その名も、「エンツォ・フェラーリ」。そう、フェラーリ創設者の名前そのものである。




「FX」改め「エンツォ・フェラーリ」は、東京都現代美術館で2002年7月14日まで開催中の「ARTEDINAMICA 疾走するアート:フェラーリ&マセラティ」展で世界初公開された最新モデル。限定モデルたる「F40」や「F50」の後継となる。
“御大”エンツォ・フェラーリの名を冠した理由は、「レース活動と、フェラーリだけにできる最先端技術を駆使したロードカーの生産との、相互作用を引き出す」という、フェラーリ氏のビジョンに対する敬意の証、だという。

エンジンは、650ps以上を発生する6リッターV12エンジンをミドに搭載。トップスピードは350km/hを超えるという。
2002年9月28日から10月13日にかけて開催される「パリ国際モーターショー」で正式発表の予定。生産台数は「求められる台数より1台少なく」、349台限定。

(webCGオオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エンツォの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「フェラーリGTC4ルッソT」発表会の会場から 2017.3.16 画像・写真 フェラーリがフロントエンジンの4シーターモデル「GTC4ルッソT」を日本で初公開。0-100km/h加速が3.5秒、最高速が320km/h以上という動力性能と、4シーターならではの実両性を併せ持つニューモデルのディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
ホームへ戻る