フェラーリのニューモデル、名前は「エンツォ・フェラーリ」

2002.07.09 自動車ニュース

フェラーリのニューモデル、名前は「エンツォ・フェラーリ」

フェラーリの次期ニューモデルとして、デザインスタディが発表されていたコードネーム「FX」の正式名称が、2002年6月25日に発表された。その名も、「エンツォ・フェラーリ」。そう、フェラーリ創設者の名前そのものである。




「FX」改め「エンツォ・フェラーリ」は、東京都現代美術館で2002年7月14日まで開催中の「ARTEDINAMICA 疾走するアート:フェラーリ&マセラティ」展で世界初公開された最新モデル。限定モデルたる「F40」や「F50」の後継となる。
“御大”エンツォ・フェラーリの名を冠した理由は、「レース活動と、フェラーリだけにできる最先端技術を駆使したロードカーの生産との、相互作用を引き出す」という、フェラーリ氏のビジョンに対する敬意の証、だという。

エンジンは、650ps以上を発生する6リッターV12エンジンをミドに搭載。トップスピードは350km/hを超えるという。
2002年9月28日から10月13日にかけて開催される「パリ国際モーターショー」で正式発表の予定。生産台数は「求められる台数より1台少なく」、349台限定。

(webCGオオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エンツォの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2016.7.26 試乗記 車名も新たに、大幅に進化したフェラーリのフル4シーター4WDクーペ「GTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12自然吸気ユニットを高らかに歌わせれば、真に贅沢(ぜいたく)なグランツーリズモとは何なのかが、即座に理解できるだろう。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2016.1.14 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ「488GTB」に試乗。670psと760Nmを生み出す3.9リッターV8ターボユニットは、ミドシップフェラーリの歴史にいかなる1ページを加えたのだろうか?
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る