マツダ、「ロードスター」を一部改良

2002.07.10 自動車ニュース

マツダ、「ロードスター」を一部改良

マツダは、2シーターオープン「ロードスター」の一部を改良し、2002年7月9日に販売を開始した。

眼目は、内外装の質感向上。上級グレード「VS」に2種類の内装が設定されたのに加え、全車にボディ色2色が追加された。さらに、安全装備の追加やオプション装備の拡充も図られた。

主な内容は、以下の通り。

・1.8リッターの上級モデル「VS」に、スポーツテイストの「コンビネーションA」(6段MTが239.8万円、4段ATは244.6万円)と、シックさをウリとする「コンビネーションB」(6段MT239.8万円、4段AT244.6万円)を設定。
コンビネーションAは、黒のレザーシートや、アルミ調センターパネル、同シフトパネルを採用。撥水加工を施した、黒の布製幌を装着した。
コンビネーションBは、従来のタン内装をベージュに変更。センターパネルやシフトパネル、ステアリングホイールなどにダークウッド調を採用した。内装色に合わせて、撥水加工を施したベージュの布製幌を与えた。

・安全性向上のため、ISO-FIX対応チャイルドシートアンカーを追加。さらに、衝突時の頭部へのダメージを軽減することを目的に、Aピラートリムの形状を変更した。

・ボディ色「クリスタルブルーメタリック」を廃し、「スプラッシュグリーンマイカ」と「ガーネットレッドマイカ」を新設定した。

・ベースグレードの「M」と、ワンメイクレースのベース車両となる「NR-A」以外の全モデルに、撥水ドアガラスとドアミラーを採用。上級グレード「RS」「VS」に標準装備の、サイドシル上面のステンレス製スカッフプレートを、AT全車に採用した。

・1.6リッターモデルに、BOSE製オーディオシステムをオプション設定した。

価格は、1.6リッターモデルが183.9万円(5段MT)から204.5万円(4段AT)まで。1.8リッター版は、218.3万円(6段MT)から244.6万円(4段AT)まで。なお、「VS」および新色のモデルは、8月に販売開始予定。

(webCG オオサワ)

マツダ「ロードスター」:
http://www.roadster.mazda.co.jp/

 
マツダ、「ロードスター」を一部改良の画像

関連キーワード:
ロードスターマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にシルバーでドレスアップした限定車 2018.6.9 自動車ニュース FCAジャパンは2018年6月9日、「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」をベースとした特別仕様車「クアドリフォリオ アルジェント」を設定し、30台の台数限定で発売した。価格は1139万円。
ホームへ戻る