【Movie】新型レンジローバーはどこがスゴい?(その1)

2002.07.11 自動車ニュース
 
【Movie】新型レンジローバーはどこがスゴい?(その1)

【Movie】新型レンジローバーはどこがスゴい?(その1)

2002年7月2日、神奈川県は箱根で、3代目となる新型「レンジローバー」の試乗会が開かれた。


ニューレンジローバーのシャシーを担当したエンジニア、ジョン・バチェラー氏。
 
【Movie】新型レンジローバーはどこがスゴい?(その1)

新型レンジローバーは、先代と較べると構造には大きな変更点がある。その1つが、4×4がよく採用するラダーフレームを捨てて、ボディ一体型のモノコックシャシーを採用したことだ。さらに、サスペンションの自由度を高めることができ、オフロード性能も向上したという。その説明を、ニューレンジローバーのシャシーを担当したエンジニア、ジョン・バチェラー氏に聞いた。同時通訳は、フリーランスモータースポーツ記者の、高橋二朗氏です。

【モノコックシャシーを選択したワケ】

【オフロード性能も向上】



 
【Movie】新型レンジローバーはどこがスゴい?(その1)

サスペンションが従来のリジッドから、前マクファーソンストラット、後はダブルウィッシュボーンの4輪独立懸架式となったことも、新型レンジローバーのニュースである。はたしてそのメリットは、いったいなんなのだろうか?

【独立懸架サスペンションのメリット】

(撮影/編集=カネヨシ)

関連キーワード:
レンジローバーランドローバー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8NEW 2018.1.17 画像・写真 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。同車の詳細を写真で紹介する。
  • ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売NEW 2018.1.17 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8エンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。英国での車両価格は15万ポンド(約2280万円)から。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • 第7回:「XC60」で行く吉田由美の爽快ドライブ 2018.1.9 徹底検証! ボルボXC60 カーライフエッセイストの吉田由美が新型「ボルボXC60」で、東京近郊の渓谷までドライブ。9年ぶりにフルモデルチェンジしたボルボの売れ筋SUVはどんなクルマに仕上がっているのか、その走りや使い勝手について詳しく報告する。
ホームへ戻る