【Movie】新型レンジローバーはどこがスゴい?(その1)

2002.07.11 自動車ニュース
 
【Movie】新型レンジローバーはどこがスゴい?(その1)

【Movie】新型レンジローバーはどこがスゴい?(その1)

2002年7月2日、神奈川県は箱根で、3代目となる新型「レンジローバー」の試乗会が開かれた。


ニューレンジローバーのシャシーを担当したエンジニア、ジョン・バチェラー氏。
 
【Movie】新型レンジローバーはどこがスゴい?(その1)

新型レンジローバーは、先代と較べると構造には大きな変更点がある。その1つが、4×4がよく採用するラダーフレームを捨てて、ボディ一体型のモノコックシャシーを採用したことだ。さらに、サスペンションの自由度を高めることができ、オフロード性能も向上したという。その説明を、ニューレンジローバーのシャシーを担当したエンジニア、ジョン・バチェラー氏に聞いた。同時通訳は、フリーランスモータースポーツ記者の、高橋二朗氏です。

【モノコックシャシーを選択したワケ】

【オフロード性能も向上】



 
【Movie】新型レンジローバーはどこがスゴい?(その1)

サスペンションが従来のリジッドから、前マクファーソンストラット、後はダブルウィッシュボーンの4輪独立懸架式となったことも、新型レンジローバーのニュースである。はたしてそのメリットは、いったいなんなのだろうか?

【独立懸架サスペンションのメリット】

(撮影/編集=カネヨシ)

関連キーワード:
レンジローバーランドローバー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事