911カップカー、390ps、1550万円!

2002.07.15 自動車ニュース

911カップカー、390ps、1550万円!

ポルシェジャパンは、「ポルシェ・カレラカップ・ジャパン」の2003年シーズンに向けて、新しい「911GT3カップカー」を発表した。

2003年モデルは、限定10台の販売。1550.0万円。6段MTのみ。顔つきが、ベースとなった2002年型“公道用”GT3と共通のものになった。
GT3カップカー2001年モデルと比較すると、3.6リッターの排気量こそ変わらないものの、ベースモデルの性能アップに合わせ、(バルブタイミングのみならず、リフト量も変化させるバリオカムプラスの恩恵だろう)最高出力が20psアップの390ps/7300rpmになった。最大トルクは39.8kgmで同じだが、発生回転数は50rpm上がって6300rpmに。一方、ブレーキは、キャリパーがフロントが従来の4ピストンから6ピストン(リアは4ピストンのまま)になり、ストッピングパワーも強化された。燃料タンクの容量が、64から89リッターに拡大されたこともニュースだ。
エクステリアでは、フェイスのほか、エグゾーストパイプがシングルからデュアルになり、サイドスカートの形状も変更された。

「ポルシェ・カレラカップ・ジャパン」レースの2003年度は、2001年モデルと2003年モデル(2002年モデルは2台のみ輸入されたという)の混走レースとなる。もちろん、クラスは分けられる。

カップカーの購入、レース参加等の問合せは、
(株)モータープロモーション(電話03-3591-1411)まで。

(webCGアオキ)

 
911カップカー、390ps、1550万円!の画像

関連キーワード:
911ポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)【試乗記】 2018.3.19 試乗記 「ポルシェ911 GT3」の最新モデルに試乗。“寄らば斬るぞ”と言わんばかりのド派手な空力パーツと、GT3カップカーからデチューンすることなく移植したという4リッター自然吸気フラットシックスユニットを備えた、公道のレーシングカーの実力とは?
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
ホームへ戻る