新型アウディ「A4カブリオレ」、9月に発売

2002.07.17 自動車ニュース

新型アウディ「A4カブリオレ」、9月に発売

アウディジャパンは、2ドア+4シーターのオープンモデル「A4カブリオレ」を、2002年9月に発売する。価格は、598.0万円。

2001年9月のフランクフルトショーで披露された「A4カブリオレ」は、2001年6月に日本で発売された現行「A4」をベースとした、最新オープンモデルだ。
アウディ「80」のクーペをベースとした「アウディカブリオレ」は、1991年5月から2000年7月まで製造され、7万2000台が全世界の各市場に巣立った。わが国では、1992年から1996年まで販売された。

11年ぶりに新しくなった「A4カブリオレ」は、A4で採用済みの2.4リッターV6 DOHCエンジン(170ps、23.4kgm。数字は欧州仕様)と、独自の無段変速CVT「マルチトロニック」の組み合わせで、前輪駆動車。本国で設定される、3リッターV6や5段MTは導入されない。

ジマンの電子制御式油圧電動ソフトトップは、ロック解除からソフトトップの畳み込み、専用コンパートメントへの収納までワンタッチで操作可能。開閉でかかる時間は、約30秒という。リアウィンドウは、熱線の入ったガラス製だ。

荷室スペースには、トランク内にあるレバーの操作によりスペースの拡大が図れる「アジャスタブル・ソフトトップ・コンパートメント」を採用。通常315リッター、ソフトトップ収納時は246リッターの容量となり、3セットのスキーまたは2枚のスノーボードが格納可能と謳われる。

装備面では、ウッド製のステアリングホイールやセレクターノブ、本革シート(前席にはシートヒーター内蔵)、DVDナビゲーションシステム、BOSEサウンドシステム、2名乗車時に風の巻き込みを防止する折畳式収納タイプの「ウィンドブレーカー」などを標準で備える。

安全面では、ESP(エレクトロニック・スタビリゼーション・プログラム)、EBD(ブレーキ圧配分装置)付きABS、EDS(エレクトロニック・デファレンシャルロック・システム)、トラクションコントロールたるASRに加え、ヨーレイトセンサー、ステアリング舵角センサー、ホイール回転センサーによる挙動制御装置が標準装備される。もちろん、フロントエアバッグ、サイドエアバッグなども装着される。

(webCG 有吉)

 
新型アウディ「A4カブリオレ」、9月に発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 「アウディTT」にスポーティーさを強調した限定車登場 2017.7.11 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年7月11日、コンパクトスポーツカー「TTクーペ」に特別仕様車「lighting style edition(ライティングスタイルエディション)」を設定し、110台の台数限定で発売した。価格は529万円。
ホームへ戻る