スズキ「MRワゴン」にドレスアップモデル

2002.07.18 自動車ニュース

スズキ「MRワゴン」にドレスアップモデル

スズキは、軽乗用車「MRワゴン」に、自動車用カスタマイズ用品を手がける「ジアラ(Gialla)」製のパーツで飾った新グレード「ジアラバージョン」を追加設定、2002年7月16日に発売した。

ジアラ製の専用の前後バンパー、アンダースポイラー、フロントグリルでお化粧した「MRワゴン・ジアラバージョン」。ベース車より10mm低くなったローダウンサスペンション、専用の14インチアルミホイール、155/55の低扁平率タイヤで足もとをキメる。パール塗装のボディ色は、白か黒を選べる。

車内には、専用チューニングを施したという2DINサイズのMD・CDステレオや、オートエアコン、本革巻きステアリングホイールなどを配した。前席SRSエアバッグ、ブレーキアシスト付きABSは標準装備。

0.66リッターのNAエンジンと4段ATの組み合わせで、価格は、2WDが127.3万円、4WDは138.5万円。

(webCG 有吉)

スズキ「MRワゴン」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/mrwagon/index.html

 
スズキ「MRワゴン」にドレスアップモデルの画像

関連キーワード:
MRワゴンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • 「スズキ・バレーノ」のターボ車、指定燃料がレギュラーガソリンに 2018.5.16 自動車ニュース スズキは2018年5月16日、コンパクトハッチバック「バレーノ」の1リッターターボエンジン搭載車の指定燃料をプレミアムガソリンからレギュラーガソリンへと変更し、販売を開始した。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る