トヨタ「センチュリー」に福祉車両

2002.07.25 自動車ニュース
 

トヨタ「センチュリー」に福祉車両

トヨタ自動車は、最高級車「センチュリー」に、身体の不自由な方などを対象とした福祉車両「ウェルキャブ」を追加設定、2002年7月19日に発売した。

 

今回追加されたのは、「ウェルキャブ後席回転シート仕様」。左側の後席を90度回転させ、乗降しやすくしたもの。左の後席ドアの開口角度を大きくし、身体を支える本革巻きのアシストグリップを採用した。
スライド格納式のフットレスト、格納式アームレスト、シートヒーターなど、快適装備も備わる。

コラムシフトとフロアシフトの2種類があり、価格は、ベースモデルの80.0万円高、1018.0万円。ナビゲーション情報を表示する「EMV」(エレクトロマルチビジョン)装着車は、62.0万円プラス。

(webCG 有吉)

 

トヨタ自動車「センチュリー」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Century/index.html

関連キーワード:
センチュリートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • スズキ、広い車内が自慢の「スーパーキャリイ」発売 2018.5.16 自動車ニュース スズキが、大型のキャビンが特徴の軽トラック「スーパーキャリイ」を発売。ゆとりある車内空間に加え、運転席と助手席に採用されたリクライニングおよびスライド調整機構や、収納スペースの数々、充実した安全装備などもセリングポイントとなっている。
  • トヨタ、プレミオとアリオンの装備を充実 2012.12.5 自動車ニュース トヨタ自動車は2012年12月4日、ミドルサイズセダンの「プレミオ」と「アリオン」に改良を施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る