トヨタ「センチュリー」に福祉車両

2002.07.25 自動車ニュース
 

トヨタ「センチュリー」に福祉車両

トヨタ自動車は、最高級車「センチュリー」に、身体の不自由な方などを対象とした福祉車両「ウェルキャブ」を追加設定、2002年7月19日に発売した。

 

今回追加されたのは、「ウェルキャブ後席回転シート仕様」。左側の後席を90度回転させ、乗降しやすくしたもの。左の後席ドアの開口角度を大きくし、身体を支える本革巻きのアシストグリップを採用した。
スライド格納式のフットレスト、格納式アームレスト、シートヒーターなど、快適装備も備わる。

コラムシフトとフロアシフトの2種類があり、価格は、ベースモデルの80.0万円高、1018.0万円。ナビゲーション情報を表示する「EMV」(エレクトロマルチビジョン)装着車は、62.0万円プラス。

(webCG 有吉)

 

トヨタ自動車「センチュリー」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Century/index.html

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2014.11.4 試乗記 「ベビーSクラス」こと新型「Cクラス」は、偏差値が高いだけの優等生か? いやいや、ドライバーズカーとしての芸術点も高いと筆者は主張する。ともすると「Sクラス」すら脅かしかねない完成度を誇るエアサス付きの「C200アバンギャルド」で、初秋の箱根を目指した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • トヨタ・プレミオ1.5F(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2007.7.17 試乗記 ……208万50円
    総合評価……★★★★

    フルモデルチェンジした2代目「プレミオ/アリオン」。スポーティなアリオンに対して、上品さをウリにするプレミオの1.5リッターモデルに試乗した。
ホームへ戻る