「SL55 AMG」、1600.0万円也!

2002.07.31 自動車ニュース

「SL55 AMG」、1600.0万円也!

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツの高級オープンモデル「SL500」を、メルセデスAMG社がチューニングしたハイパフォーマンス版、「SL55 AMG」の販売を、2002年7月29日から開始した。

メルセデスベンツ「SL500」は、同社の最高級ロードスター。昨2001年、12年ぶりにフルモデルチェンジを受けた新型は、従来の幌ではなく電動格納式ハードトップを持つ。さらにブレーキバイワイヤー「センソトロニックブレーキコントロール(SBC)」や、電子制御サスペンション「アクティブボディコントロール(ABC)」など、新機軸が盛り込まれたハイテクカーだ。

「SL55 AMG」は、メルセデスAMG社がチューニングを施したハイパフォーマンスモデル。搭載されるV型8気筒SOHCエンジンは形式こそノーマルと同じながら、ストロークを8.0mm延長して排気量を5.5リッターに拡大。さらにスーパーチャージャーとインタークーラーを装着し、ノーマル比194psと24.5kgパワーアップされた、500ps/6100rpmと71.4kgm/2750〜4000rpm(!)を発生する。トランスミッションはノーマルと同じ、電子制御式5段ATを採用。レバーの左右でシフトできる、従来の「ティップシフト機構」に加え、ステアリングコラム左右に組み込まれたセレクタースイッチで、ギアチェンジをマニュアルで行うことができる「AMGステアリングシフト」を装備する。

シャシーは、リアアクスルの強化や、大径ブレーキディスクと大型ブレーキキャリパーを装着。電子制御サスペンション「ABC」は、パフォーマンスにあわせてのチューニングが施されたという。

エクステリアには、AMGデザインのフロントスポイラー、サイド&リアスカート、マルチスポークアルミホイールなどを採用。インテリアは、専用デザインの本革スポーツシート&本革巻スポーツステアリングを装着するとともに、センターコンソールやドアとリムに、アルミニウムパネルを配して、スポーティさと高級感を高めた。

左ハンドルのみの設定で、価格は1600.0万円、ノーマルSL500の320.0万円高!

詳しくは、「メルセデスコール」(電話:0120-190-610)まで。

(webCGオオサワ)

 
「SL55 AMG」、1600.0万円也!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • 第3回:“人車一体”が味わえる!
    「CTSセダン」街乗りインプレッション
    2017.3.3 特集 キャデラックのセダンと聞いて、皆さんはどんな走りのクルマをイメージするだろうか? 今回は、webCG編集部のスタッフが、ミッドサイズセダン「CTS」に初めて試乗。その印象を報告する。
ホームへ戻る