「SL55 AMG」、1600.0万円也!

2002.07.31 自動車ニュース

「SL55 AMG」、1600.0万円也!

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツの高級オープンモデル「SL500」を、メルセデスAMG社がチューニングしたハイパフォーマンス版、「SL55 AMG」の販売を、2002年7月29日から開始した。

メルセデスベンツ「SL500」は、同社の最高級ロードスター。昨2001年、12年ぶりにフルモデルチェンジを受けた新型は、従来の幌ではなく電動格納式ハードトップを持つ。さらにブレーキバイワイヤー「センソトロニックブレーキコントロール(SBC)」や、電子制御サスペンション「アクティブボディコントロール(ABC)」など、新機軸が盛り込まれたハイテクカーだ。

「SL55 AMG」は、メルセデスAMG社がチューニングを施したハイパフォーマンスモデル。搭載されるV型8気筒SOHCエンジンは形式こそノーマルと同じながら、ストロークを8.0mm延長して排気量を5.5リッターに拡大。さらにスーパーチャージャーとインタークーラーを装着し、ノーマル比194psと24.5kgパワーアップされた、500ps/6100rpmと71.4kgm/2750〜4000rpm(!)を発生する。トランスミッションはノーマルと同じ、電子制御式5段ATを採用。レバーの左右でシフトできる、従来の「ティップシフト機構」に加え、ステアリングコラム左右に組み込まれたセレクタースイッチで、ギアチェンジをマニュアルで行うことができる「AMGステアリングシフト」を装備する。

シャシーは、リアアクスルの強化や、大径ブレーキディスクと大型ブレーキキャリパーを装着。電子制御サスペンション「ABC」は、パフォーマンスにあわせてのチューニングが施されたという。

エクステリアには、AMGデザインのフロントスポイラー、サイド&リアスカート、マルチスポークアルミホイールなどを採用。インテリアは、専用デザインの本革スポーツシート&本革巻スポーツステアリングを装着するとともに、センターコンソールやドアとリムに、アルミニウムパネルを配して、スポーティさと高級感を高めた。

左ハンドルのみの設定で、価格は1600.0万円、ノーマルSL500の320.0万円高!

詳しくは、「メルセデスコール」(電話:0120-190-610)まで。

(webCGオオサワ)

 
「SL55 AMG」、1600.0万円也!の画像

関連キーワード:
SLメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記 マイナーチェンジを受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」に試乗。技術の粋を集めた最上のラグジュアリーサルーンの、進化の度合いを測るとともに、メルセデスが目指した方向性を探った。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記