日産MOCOに「C」グレード追加

2002.08.02 自動車ニュース

日産MOCOに「C」グレード追加

日産は、スズキ(株)よりOEM供給を受けている日産初の軽自動車「モコ」に、新グレード「C」を追加し、2002年8月1日に発売した。

「C」は、「モコ」のベーシックグレード「B」に、UVカット断熱機能がついたプライバシーガラス、1DIN CD一体AM/FM電子チューナーラジオ(デジタル時計組込み)+2スピーカーを追加装備。電動格納式リモコンカラードドアミラ、ブラックドアサッシュ、カラードアウトサイドドアハンドルなども採用された。つまり、「B」に対する「C」なれど、一段と安いわけではなく、日常で便利な装備を追加した、お買い得モデルである。
また、ライフケアビークル「アンシャンテ」(福祉車両)も用意される。

価格は、「B」より7.0万円高の107.3万円(2WD)、118.5万円(4WD)。

(webCGわたなべ)

 
日産MOCOに「C」グレード追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る