プジョー「206」に全仏オープン記念モデル

2002.08.06 自動車ニュース

プジョー「206」に全仏オープン記念モデル

プジョージャポンは、ハッチバック「206」に、テニスの全仏オープンにちなんだ特別限定車「ローラン・ギャロス」を設定した。2002年8月5日に予約受け付けを開始、9月6日に発売する。

仏プジョー本社は1984年から全仏オープンの公式スポンサーをつとめている。世界四大トーナメントの一戦が行われる会場の名を冠した「206ローラン・ギャロス」は、その記念モデルというわけだ。

ベースとなったのは、1.6リッター直4搭載の量販グレード「XTプレミアム」(5ドア/4段AT)。ボディ色に、テニスにちなんで命名したという「タイブレーク・グリーン」、内装に「アレザン(タン)」とグリーンの2トーンカラーのフルレザーシート(ローラン・ギャロスのロゴマーク入り)を採用したのが特徴だ。
さらにスモークガラスの「パノラミックルーフ」、電動シェード、アロイホイール、MDプレーヤー+6連装CDチェンジャーなどを装備した。

価格は、ベースモデルの20.5万円高、220.0万円。販売台数は400台限定となる。

(webCG 有吉)

 
プジョー「206」に全仏オープン記念モデルの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 第27回:どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • プジョー308GTi 250 by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)【試乗記】 2016.5.23 試乗記 270psバージョンと250psバージョン、2つの仕様がラインナップされる、プジョーの高性能モデル「308GTi by PEUGEOT SPORT」。今回は、後者の「250」に試乗。「270」との違いを交えつつ、その走りの質をリポートする。
  • プジョー308 GTライン(FF/6AT)【試乗記】 2015.9.4 試乗記 プジョーのCセグメントモデル「308」に、18インチアルミホイールや専用デザインの外装パーツなどが特徴の新グレード「GTライン」が登場。“しなやかさ”が魅力とされる308の足まわりと、225/40ZR18という偏平タイヤが織り成す走りをリポートする。
ホームへ戻る