トヨタ「ランドクルーザー100シリーズ」マイナーチェンジ

2002.08.07 自動車ニュース

トヨタ「ランドクルーザー100シリーズ」マイナーチェンジ

トヨタ自動車は、「The King of 4WD」ことクロスカントリー4WD「ランドクルーザー100シリーズ」のワゴンとバンをマイナーチェンジし、2002年8月5日に発売した。眼目は、5段ATやギア比可変ステアリングシステムの採用、内外装の変更など。

従来までの4段ATに替わる5段AT「5Super ECT」は、ドライバーの意思や道路状況に応じたシフトを選択するのがジマン。ロックアップ機構を4速まで拡大し、燃費の向上も図った。
新採用となるギア比可変ステアリングシステム「VGRS(Variable Gear Ratio Steering)」は、走行速度に合わせて、ハンドル操作量とタイヤの切れ角を変化させる機構のこと。駐車場などではタイヤの切れ角を大きく、高速走行時は小さくすることで、状況に応じた操舵応答性を実現したという。一部グレードに標準、またはオプション設定される。

さらに、夜間の視界をサポートする「ナイトビュー」が、「シグナス」にオプション設定されたこともニュースだ。これは夜間走行時、ヘッドランプの光が届かない前方の歩行者などへ近赤外線を投光し、カメラで撮影した映像を、フロントウィンドウ下端のヘッドアップディスプレイに投影する仕組み。暗闇の中で障害物などの認識を助けるシステムである。

オーディオ装備も充実。「VX」グレード以外には、MD+インダッシュ6連奏CDチェンジャーを備える「ランドクルーザー・スーパーライブサウンド・システム」を標準装備。最上級の「シグナス」には、高級オーディオで有名な「マークレビンソン」社が開発した、6連奏DVDオートチェンジャーがオプション設定される。DVDのほかに、音楽CDやビデオCDも再生できる。

エクステリアは、ダークシルバー塗装を施した3本バーのフロントグリルを装着。バンパーを新意匠とし、幅広でタフなイメージを強調したという。「シグナス」にはメッキ処理を施した2本バーのグリルを与え、上級モデルとしての差別化を図った。また新デザインのアルミホイールの採用、リアコンビネーションランプなどの変更が行われた。
インテリアでは、インストルメントパネルとセンタークラスターを、縦に3分割(シグナスは上下2分割)した新しいデザインを採用。金属パネルやウッドパネルで飾った。

機関面では、4.7リッターV8ガソリン「2UZ-FE」エンジン搭載車の触媒を改良するなどし、「平成12年排出ガス規制」をクリアした。最高出力235ps/4800rpm、最大トルク43.0kgm/3600rpmと変わらない。
一方の4.2リッター直6の直噴ディーゼルターボ・インタークーラー付き「1HD-FTE」は、可変ノズル式ターボチャージャー、スワールコントロールバルブなどを新採用したことで、「平成15年排出ガス規制」をパス。加えて低速域でのトルクを高め、燃費を向上させたという。従来比10psダウンの196ps/3200rpm、トルクは不変で44.0kgm/1200-3200rpmとなる。

価格は以下の通り。

ワゴン(4.7リッターガソリンエンジン+5AT)
「VX」380.0万円
「VXリミテッド」420.0万円
「VXリミテッド“Gセレクション”」467.0万円
「シグナス」550.0万円
バン(4.2リッター直噴EFIディーゼルターボ・インタークーラー付き)
「VXリミテッド」420.0万円
「VXリミテッド“Gセレクション”」467.0万円

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車「ランドクルーザー」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/LandCruiser/

 
トヨタ「ランドクルーザー100シリーズ」マイナーチェンジの画像

ランドクルーザー100ワゴンVXリミテッド“Gセレクション”
 

	ランドクルーザー100ワゴンVXリミテッド“Gセレクション”
	 

ワゴンVXリミテッド“Gセレクション”のインテリア。
 

	ワゴンVXリミテッド“Gセレクション”のインテリア。
	 
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ジープ・チェロキー」に価格を抑えた限定車 2017.5.18 自動車ニュース FCAジャパンは、「ジープ・チェロキー」の特別仕様車「リミテッドスペシャル」を、2017年5月20日に50台の台数限定で発売する。価格は467万1000円。ベースとなった「リミテッド」から、約30万円抑えた価格が最大のセリングポイントとなる。
ホームへ戻る