トヨタ「プリウス」、燃費がリッター31.0kmに

2002.08.08 自動車ニュース
トヨタ「プリウス」、燃費がリッター31.0kmに

トヨタ「プリウス」、燃費がリッター31.0kmに

トヨタ自動車は、ハイブリッドカー「プリウス」を一部改良し、2002年8月6日から販売を開始した。

改良の目玉は、燃費の向上。減速時に電気エネルギーを回収する、いわゆる回生ブレーキのエネルギー回収量を増やし、カタログ値でリッター31.0km(10・15モード)とした。従来型はリッター29.0km。2001年12月デビューのホンダ「シビックハイブリッド」(リッター29.5km)に奪われた、「5人乗り量産ガソリン車で世界最高の低燃費」という謳い文句の奪還に成功した(!?)。
ちなみに国内で販売されているハイブリッドモデルで一番燃費が良いのは、ホンダ「インサイト」(5段MT)のリッター35.0km。

装備面の変更点は、全車のリアドア&ウィンドウに、UVカット機能付きソフトプライバシーガラスを装着したこと、エアコン使用時に室内への日射遮断効果を高めて燃費向上に寄与したこと、など。また上級「G」グレードは、ファブリックシートとドアトリムの柄を変更し、高級感を高めたという。上記改良は、福祉車両「ウェルキャブ」についても同様となる。

加えて、「S」「G」グレードをベースに、DVDボイスナビゲーション付きEMV(エレクトロマルチビジョン)、スーパークロームメタリック塗装ホイールキャップ、木目調スイッチベース(専用色メープルブラウン)、リアカップホルダーを装備した特別仕様車“ナビスペシャル”が設定された。

ベースモデルの価格は据え置かれた。「S」が218.0万円、「G」は228.0万円。特別仕様車は、「S“ナビスペシャル”」が228.0万円、「G“ナビスペシャル”」は238.0万円。

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車「プリウス」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Prius/index.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プリウスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.27 試乗記 空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。
  • トヨタ・プリウスE(FF/CVT)【試乗記】 2016.3.7 試乗記 ちまたで大人気の新型「トヨタ・プリウス」。その廉価仕様にして、シリーズ随一の40.8km/リッター(JC08モード)を誇る“燃費スペシャル”グレードの「E」に試乗した。その走りやいかに?
  • トヨタ・プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.27 試乗記 発売以来、好調な販売が伝えられる新型「トヨタ・プリウス」。トヨタ最新の開発コンセプト「TNGA」にのっとって作られた4代目の実力やいかに? 最上級グレード「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」の試乗を通し、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
ホームへ戻る