トヨタ「プリウス」、燃費がリッター31.0kmに

2002.08.08 自動車ニュース
トヨタ「プリウス」、燃費がリッター31.0kmに

トヨタ「プリウス」、燃費がリッター31.0kmに

トヨタ自動車は、ハイブリッドカー「プリウス」を一部改良し、2002年8月6日から販売を開始した。

改良の目玉は、燃費の向上。減速時に電気エネルギーを回収する、いわゆる回生ブレーキのエネルギー回収量を増やし、カタログ値でリッター31.0km(10・15モード)とした。従来型はリッター29.0km。2001年12月デビューのホンダ「シビックハイブリッド」(リッター29.5km)に奪われた、「5人乗り量産ガソリン車で世界最高の低燃費」という謳い文句の奪還に成功した(!?)。
ちなみに国内で販売されているハイブリッドモデルで一番燃費が良いのは、ホンダ「インサイト」(5段MT)のリッター35.0km。

装備面の変更点は、全車のリアドア&ウィンドウに、UVカット機能付きソフトプライバシーガラスを装着したこと、エアコン使用時に室内への日射遮断効果を高めて燃費向上に寄与したこと、など。また上級「G」グレードは、ファブリックシートとドアトリムの柄を変更し、高級感を高めたという。上記改良は、福祉車両「ウェルキャブ」についても同様となる。

加えて、「S」「G」グレードをベースに、DVDボイスナビゲーション付きEMV(エレクトロマルチビジョン)、スーパークロームメタリック塗装ホイールキャップ、木目調スイッチベース(専用色メープルブラウン)、リアカップホルダーを装備した特別仕様車“ナビスペシャル”が設定された。

ベースモデルの価格は据え置かれた。「S」が218.0万円、「G」は228.0万円。特別仕様車は、「S“ナビスペシャル”」が228.0万円、「G“ナビスペシャル”」は238.0万円。

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車「プリウス」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Prius/index.html

関連キーワード:
プリウストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
  • マツダCX-5 XDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.13 試乗記 フルモデルチェンジからわずか1年でパワープラントを大幅改良! 新エンジンを搭載した「マツダCX-5」のディーゼルモデルに試乗。従来モデルよりさらにパワー&トルクを増した新型の魅力と、やや気になったポイントをリポートする。
ホームへ戻る