トヨタ「プリウス」、燃費がリッター31.0kmに

2002.08.08 自動車ニュース
トヨタ「プリウス」、燃費がリッター31.0kmに

トヨタ「プリウス」、燃費がリッター31.0kmに

トヨタ自動車は、ハイブリッドカー「プリウス」を一部改良し、2002年8月6日から販売を開始した。

改良の目玉は、燃費の向上。減速時に電気エネルギーを回収する、いわゆる回生ブレーキのエネルギー回収量を増やし、カタログ値でリッター31.0km(10・15モード)とした。従来型はリッター29.0km。2001年12月デビューのホンダ「シビックハイブリッド」(リッター29.5km)に奪われた、「5人乗り量産ガソリン車で世界最高の低燃費」という謳い文句の奪還に成功した(!?)。
ちなみに国内で販売されているハイブリッドモデルで一番燃費が良いのは、ホンダ「インサイト」(5段MT)のリッター35.0km。

装備面の変更点は、全車のリアドア&ウィンドウに、UVカット機能付きソフトプライバシーガラスを装着したこと、エアコン使用時に室内への日射遮断効果を高めて燃費向上に寄与したこと、など。また上級「G」グレードは、ファブリックシートとドアトリムの柄を変更し、高級感を高めたという。上記改良は、福祉車両「ウェルキャブ」についても同様となる。

加えて、「S」「G」グレードをベースに、DVDボイスナビゲーション付きEMV(エレクトロマルチビジョン)、スーパークロームメタリック塗装ホイールキャップ、木目調スイッチベース(専用色メープルブラウン)、リアカップホルダーを装備した特別仕様車“ナビスペシャル”が設定された。

ベースモデルの価格は据え置かれた。「S」が218.0万円、「G」は228.0万円。特別仕様車は、「S“ナビスペシャル”」が228.0万円、「G“ナビスペシャル”」は238.0万円。

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車「プリウス」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Prius/index.html

関連キーワード:
プリウストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 東京オートサロン2018(トヨタ) 2018.1.12 画像・写真 トヨタ自動車は「東京オートサロン2018」で“カスタマイズブース”を設営し、「クラウン コンセプト」や「ハイエース」をベースにしたコンセプトモデルを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • 「メルセデス・ベンツ・ニューイヤー・レセプション」の会場から 2018.1.15 画像・写真 独ダイムラーは2018年1月14日(日本時間1月15日)、米国ミシガン州アナーバーで「メルセデス・ベンツ・ニューイヤー・レセプション」を開催し、新型「Gクラス」を発表した。その様子を写真で紹介する。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
ホームへ戻る