トヨタ「エスティマハイブリッド」に特別仕様車

2002.08.09 自動車ニュース

トヨタ「エスティマハイブリッド」に特別仕様車

トヨタ自動車は、ハイブリッドシステムを備える4WDミニバン「エスティマハイブリッド」の発売1周年を記念して、特別仕様車「アイレム(Ylem)エディション」を設定し、2002年8月6日から販売を開始した。

エスティマハイブリッド初となる特別仕様車は、標準グレードの内外装に装備を付与し、高級感を高めたモデルだ。
エクステリアは、ボディ同色の専用フロントグリルを採用。ハロゲンンヘッドランプに替わり、ディスチャージヘッドランプを装備する。インテリアは、シート&ドアトリム表皮を変更、木目調本革巻ステアリングホイールや、プッシュ式コントロールパネル、セカンドシートのサイドテーブルに、やはり木目調パネルを採用するなど、スペシャルパーツを多用した。
加えて、DVDボイスナビゲーション(バックガイドモニター付き)、バニティミラー&照明付サンバイザー、スライドドアイージークローザー(運転席、助手席)などを装備する。

ちなみに「Ylem」とは英語で、「すべての元素の起源となる物質」を意味する。エスティマハイブリッドが、ハイブリッドミニバンの元祖であることからつけられた。

価格は、ベース車より28.0万円高。「アイレムエディション8人乗り」が363.0万円、同「7人乗り」は、366.0万円となる。

(webCGオオサワ)

 
トヨタ「エスティマハイブリッド」に特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る