トヨタ「エスティマハイブリッド」に特別仕様車

2002.08.09 自動車ニュース

トヨタ「エスティマハイブリッド」に特別仕様車

トヨタ自動車は、ハイブリッドシステムを備える4WDミニバン「エスティマハイブリッド」の発売1周年を記念して、特別仕様車「アイレム(Ylem)エディション」を設定し、2002年8月6日から販売を開始した。

エスティマハイブリッド初となる特別仕様車は、標準グレードの内外装に装備を付与し、高級感を高めたモデルだ。
エクステリアは、ボディ同色の専用フロントグリルを採用。ハロゲンンヘッドランプに替わり、ディスチャージヘッドランプを装備する。インテリアは、シート&ドアトリム表皮を変更、木目調本革巻ステアリングホイールや、プッシュ式コントロールパネル、セカンドシートのサイドテーブルに、やはり木目調パネルを採用するなど、スペシャルパーツを多用した。
加えて、DVDボイスナビゲーション(バックガイドモニター付き)、バニティミラー&照明付サンバイザー、スライドドアイージークローザー(運転席、助手席)などを装備する。

ちなみに「Ylem」とは英語で、「すべての元素の起源となる物質」を意味する。エスティマハイブリッドが、ハイブリッドミニバンの元祖であることからつけられた。

価格は、ベース車より28.0万円高。「アイレムエディション8人乗り」が363.0万円、同「7人乗り」は、366.0万円となる。

(webCGオオサワ)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
ホームへ戻る