トヨタ「クラウン」シリーズの特別仕様車

2002.08.12 自動車ニュース
 

トヨタ「クラウン」シリーズの特別仕様車

トヨタ自動車は、4ドアサルーン「クラウン」シリーズの「ロイヤル」、スポーティな「アスリート」、ワゴンの「エステート」に特別仕様車を設定し、2002年8月7日に販売を開始した。


写真上:2.5ロイヤルエクストラ“リミテッド”
写真下:アスリートV“プレミアム”
 

ロイヤルシリーズの特別仕様車「ロイヤルエクストラ“リミテッド”」は、2リッターまたは2.5リッターのベーシックグレード「ロイヤルエクストラ」がベース。4WD仕様もラインナップする。
アスリート“プレミアム”は、2.5リッター直6ターボエンジンを搭載するモデルがベース。スポーティを演出するとともに、機能装備を充実させた。「エステート」の装備内容は、アスリートシリーズに準じたものとなる。

主な特別装備は、以下の通り。

「ロイヤルエクストラ“リミテッド”」

■エクステリア
・15インチタイヤ&アルミホイール(2リッターモデルにはオプション)
・UVカット機能付き熱線吸収合わせグリーンガラス
■インテリア
・シート&ドアトリムを、上級グレード「ロイヤルサルーン」と同じジャガーモケットに変更
・運転席8ウェイマルチアジャスタブルパワーシート
・リアオーディオコントローラー
・木目調パネルボックスとカップホルダー付き、リアアームレスト


アスリートV“プレミアム”
 

「アスリート“プレミアム”」「エステート“プレミアム”」

■エクステリア
・17インチタイヤとアルミホイール、チタン調ホイールオーナメント(アスリートFour“プレミアム”は除く)
・チタン調フロントグリル&ヘッドランプエクステンション
■インテリア
・運転席8ウェイマルチアジャスタブルパワーシート、助手席4ウェイパワーシート(エステートには装備されず)
・インダッシュ6連奏CDプレーヤー&カセット・AM/FMマルチ電子チューナーラジオ+6スピーカー
・正規の鍵以外で開けた場合ホーンで警告する、オートアラーム機能(アスリートFour“プレミアム”は除く)

価格は、ベース車より5.0万円から34.0万円高く、「ロイヤルエクストラ“リミテッド”」の300.0万円から、エステートの特別仕様車「アスリートV“プレミアム”」の422.0万円まで。

(webCGオオサワ)

関連キーワード:
クラウン アスリートクラウン ロイヤルクラウン エステートトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスE(FF/CVT)【試乗記】 2016.3.7 試乗記 ちまたで大人気の新型「トヨタ・プリウス」。その廉価仕様にして、シリーズ随一の40.8km/リッター(JC08モード)を誇る“燃費スペシャル”グレードの「E」に試乗した。その走りやいかに?
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • トヨタ86 GR(FR/6MT)【試乗記】 2018.4.5 試乗記 モータースポーツで培ったノウハウを生かし、足まわりやシャシーに特別なチューニングが施された「トヨタ86 GR」。市街地からワインディングロードまで走らせてみると、このモデルならではの“ピュアな味”に驚かされることになった。
  • トヨタ・プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.27 試乗記 発売以来、好調な販売が伝えられる新型「トヨタ・プリウス」。トヨタ最新の開発コンセプト「TNGA」にのっとって作られた4代目の実力やいかに? 最上級グレード「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」の試乗を通し、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る