トヨタ「クラウン」シリーズの特別仕様車

2002.08.12 自動車ニュース
 

トヨタ「クラウン」シリーズの特別仕様車

トヨタ自動車は、4ドアサルーン「クラウン」シリーズの「ロイヤル」、スポーティな「アスリート」、ワゴンの「エステート」に特別仕様車を設定し、2002年8月7日に販売を開始した。


写真上:2.5ロイヤルエクストラ“リミテッド”
写真下:アスリートV“プレミアム”
 

ロイヤルシリーズの特別仕様車「ロイヤルエクストラ“リミテッド”」は、2リッターまたは2.5リッターのベーシックグレード「ロイヤルエクストラ」がベース。4WD仕様もラインナップする。
アスリート“プレミアム”は、2.5リッター直6ターボエンジンを搭載するモデルがベース。スポーティを演出するとともに、機能装備を充実させた。「エステート」の装備内容は、アスリートシリーズに準じたものとなる。

主な特別装備は、以下の通り。

「ロイヤルエクストラ“リミテッド”」

■エクステリア
・15インチタイヤ&アルミホイール(2リッターモデルにはオプション)
・UVカット機能付き熱線吸収合わせグリーンガラス
■インテリア
・シート&ドアトリムを、上級グレード「ロイヤルサルーン」と同じジャガーモケットに変更
・運転席8ウェイマルチアジャスタブルパワーシート
・リアオーディオコントローラー
・木目調パネルボックスとカップホルダー付き、リアアームレスト


アスリートV“プレミアム”
 

「アスリート“プレミアム”」「エステート“プレミアム”」

■エクステリア
・17インチタイヤとアルミホイール、チタン調ホイールオーナメント(アスリートFour“プレミアム”は除く)
・チタン調フロントグリル&ヘッドランプエクステンション
■インテリア
・運転席8ウェイマルチアジャスタブルパワーシート、助手席4ウェイパワーシート(エステートには装備されず)
・インダッシュ6連奏CDプレーヤー&カセット・AM/FMマルチ電子チューナーラジオ+6スピーカー
・正規の鍵以外で開けた場合ホーンで警告する、オートアラーム機能(アスリートFour“プレミアム”は除く)

価格は、ベース車より5.0万円から34.0万円高く、「ロイヤルエクストラ“リミテッド”」の300.0万円から、エステートの特別仕様車「アスリートV“プレミアム”」の422.0万円まで。

(webCGオオサワ)

関連キーワード:
クラウン アスリートクラウン ロイヤルクラウン エステートトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • スバル、5代目となる新型「フォレスター」を発表 2018.6.20 自動車ニュース スバルは2018年6月20日、SUVの新型「フォレスター」を発表した。同年7月19日に販売を開始する。通算で5代目となる新型フォレスターは、スバルの最量販車種に位置付けられているグローバルモデルである。すでに2018年5月より先行受注が開始されていた。
ホームへ戻る