CARTミドオハイオ、カーポンティエ優勝

2002.08.12 自動車ニュース

CARTミドオハイオ、カーポンティエ優勝

CART第11戦「グランプリ・オブ・ミドオハイオ」決勝が、2002年8月11日、米オハイオ州のミドオハイオ・スポーツカー・コース(3.612km)を92周して行われた。優勝は、パトリック・カーポンティエ(レイナード/フォード)。今シーズン2勝目、通算3勝目をあげ、CART出場100戦目を飾った。またチャンピオンシップでは2位に躍進、ランキング1位のクリスチアーノ・ダ・マッタ(ローラ/トヨタ)に27点差と迫った。

2位クリスチャン・フィッティパルディ(ローラ/トヨタ)、3位マイケル・アンドレッティ(ローラ/ホンダ)がポディウム・フィニッシュ。
以下トップ10は、4位ブルーノ・ジュンケイラ(ローラ/トヨタ)、5位スコット・ディクソン(ローラ/トヨタ)、6位ケニー・ブラック(ローラ/トヨタ)、7位アレックス・タグリアーニ(レイナード/フォード)、8位ジミー・バッサー(ローラ/フォード)、9位中野信治(ローラ/ホンダ)、10位オリオル・セルヴィア(レイナード/トヨタ)という順位だった。
ダ・マッタは、トップのカーポンティエを2位で追っていた70周目、コースアウトし、リタイアした。またウォームアップ走行で一番時計を叩き出した高木虎之介(レイナード/トヨタ)は、12位でレースを終えた。

次戦決勝は8月18日、緑豊かなロードコース、ロードアメリカで行われる。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。