F1「アロウズ」チーム、ハンガリーGP欠場

2002.08.15 自動車ニュース

F1「アロウズ」チーム、ハンガリーGP欠場

2002年8月13日、F1チーム「アロウズ」は、8月16日に開幕する第13戦ハンガリーGPを欠場すると発表した。

資金難に陥っている同チームは、13日に発表した声明文の中で、新たな出資候補者と交渉中であり、この交渉の妨げになるようなことは慎むようアドバイスされていると説明。よってハンガリーGPに出場すべきではないという結論に至ったとコメントした。
チームは、ハンガリーGPが行われるブタペストに向けてイギリスの本拠地を発ったトランスポーターを、途中で呼び戻したといわれている。

欠場することが決まったアロウズには、今後、FIA(国際自動車連盟)、またF1チーム間の取り決め「コンコルド協定」による罰金、制裁が課されると予想され、さらなる台所事情の悪化が懸念されている。

トム・ウォーキンショウ率いる中堅チームを救うかもしれない“救世主”として、元「BAR(ブリティッシュ・アメリカン・レーシング)」のボス、クレイグ・ポロックと、チームのスポンサーであるスポーツ飲料メーカー「レッドブル」の名前が挙がっている。

(webCG 有吉)

「Arrows Grand Prix International」:
http://www.arrows.com/

F1「アロウズ」チーム、ハンガリーGP欠場の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。