アウディ、「A4」シリーズのラインナップ変更

2002.08.20 自動車ニュース

アウディ、「A4」シリーズのラインナップ変更

アウディジャパンは、セダン「A4」とワゴン「A4アバント」のラインナップを変更し、2002年8月19日に販売を開始した。

最大の変更は、「A4アバント」に、セダンと同じ2.4リッターV6 DOHC30バルブユニット(170ps/6000rpm、23.5kgm/3200rpm)を搭載した新グレード「2.4 SE」を追加したこと。「マルチトロニック」こと、CVT(無段変速機)を介して前輪を駆動する。価格は、477.0万円。
これにより、アバントのエンジンラインナップは、2リッター直4、1.8リッター直4ターボ、3リッターV6と合わせ、4種類となった。

さらに、A4「2.0 SE」「3.0クワトロ・スポーツ」とA4アバント「2.0 SE」に、左ハンドル車が追加されたのも新しい。またA4「2.0 SE」「3.0クワトロSE」「3.0クワトロ・スポーツ」、A4アバント「2.4 SE」「3.0クワトロSE」「3.0クワトロ・スポーツ」に、本革シートを標準装備した。

価格は以下の通り。

●A4
2.0(右ハンドル) 362.0万円
2.0 SE(左右ハンドル) 399.0万円
1.8Tクワトロ(右ハンドル) 425.0万円
2.4 SE(右ハンドル) 460.0万円
3.0クワトロ(右ハンドル) 520.0万円
3.0クワトロSE(右ハンドル) 535.0万円
3.0クワトロ・スポーツ(左右ハンドル) 550.0万円
●A4アバント
2.0(右ハンドル) 379.0万円
2.0 SE(左右ハンドル) 416.0万円
1.8Tクワトロ(右ハンドル) 445.0万円
2.4 SE(右ハンドル) 477.0万円
3.0クワトロ(右ハンドル) 537.0万円
3.0クワトロSE(右ハンドル) 552.0万円
3.0クワトロ・スポーツ(右ハンドル) 567.0万円

(webCGオオサワ)

 
アウディ、「A4」シリーズのラインナップ変更の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
ホームへ戻る