スバル「レガシィ」に6気筒モデルの「BLITZEN」

2002.08.22 自動車ニュース
 

スバル「レガシィ」に6気筒モデルの「BLITZEN」

富士重工業のモータースポーツ専門会社、スバルテクニカインターナショナル(STi)は、3リッター水平対向6気筒エンジンを積むスバル・レガシィツーリングワゴン「GT30」と、同セダン「B4 RS30」をベースに、ポルシェデザインの外装部品などを装着した特別モデル「BLITZEN6(ブリッツェン6)」を設定、2002年8月21日に販売を開始した。


レガシィB4「BLITZEN6」(上)とレガシィツーリングワゴン「BLITZEN6」(下)。ちなみにBLITZENとは、ドイツ語で「稲妻が輝く」の意味。
 

「BLITZEN」シリーズは、2000年から毎年発表されている、ポルシェデザインのパーツを纏ったレガシィお馴染みの限定モデル。今回設定された「BLITZEN6」は、初の6気筒エンジン搭載車である。

「GT30」と「RS30」に、2002年3月に1500台限定で販売した「BLITZEN 2002 model」と同様の専用フロント&リアバンパー、フロントグリル、サイドスカート、スポイラーを付与。加えて、専用ベージュ色の本革内装スポーティバケットシート、ドアトリム、チタン調パネルやマッキントッシュオーディオなどを採用し、上質感を高めたという。滑りやすい路面などで車両の安定性を確保するという「VDC」(ビークルダイナミクスコントロール)も搭載される。

価格は、ツーリングワゴンが355.0万円、セダンは322.0万円(東京・名古屋・大阪地区)。

(webCGオオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバル、新型「インプレッサG4/スポーツ」を発表 2016.10.13 自動車ニュース スバルが5代目となる新型「インプレッサ」を発表した。同車はスバル次世代製品群の第1弾に位置づけられているモデルで、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」により、高い安全性能と動的・静的質感を実現しているという。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」にコネクティビティーを強化した特別仕様車 2016.11.29 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月29日、ハッチバックの「ゴルフ」と、ステーションワゴンの「ゴルフヴァリアント」に特別仕様車「ゴルフ コネクト」「ゴルフ ヴァリアント コネクト」を設定し、販売を開始した。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る