スバル「レガシィ」に6気筒モデルの「BLITZEN」

2002.08.22 自動車ニュース
 

スバル「レガシィ」に6気筒モデルの「BLITZEN」

富士重工業のモータースポーツ専門会社、スバルテクニカインターナショナル(STi)は、3リッター水平対向6気筒エンジンを積むスバル・レガシィツーリングワゴン「GT30」と、同セダン「B4 RS30」をベースに、ポルシェデザインの外装部品などを装着した特別モデル「BLITZEN6(ブリッツェン6)」を設定、2002年8月21日に販売を開始した。


レガシィB4「BLITZEN6」(上)とレガシィツーリングワゴン「BLITZEN6」(下)。ちなみにBLITZENとは、ドイツ語で「稲妻が輝く」の意味。
 

「BLITZEN」シリーズは、2000年から毎年発表されている、ポルシェデザインのパーツを纏ったレガシィお馴染みの限定モデル。今回設定された「BLITZEN6」は、初の6気筒エンジン搭載車である。

「GT30」と「RS30」に、2002年3月に1500台限定で販売した「BLITZEN 2002 model」と同様の専用フロント&リアバンパー、フロントグリル、サイドスカート、スポイラーを付与。加えて、専用ベージュ色の本革内装スポーティバケットシート、ドアトリム、チタン調パネルやマッキントッシュオーディオなどを採用し、上質感を高めたという。滑りやすい路面などで車両の安定性を確保するという「VDC」(ビークルダイナミクスコントロール)も搭載される。

価格は、ツーリングワゴンが355.0万円、セダンは322.0万円(東京・名古屋・大阪地区)。

(webCGオオサワ)

関連キーワード:
レガシィB4レガシィツーリングワゴン スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る