【スペック】全長×全幅×全高=4425×1695×1465mm/ホイールベース=2600mm/車重=1250kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(130ps/6000rpm、18.0kgm/3750rpm)/車両本体価格=183.8万円(テスト車=192.2万円)

三菱ランサーセディアワゴンツーリング スーパーパッケージ(CVT)【ブリーフテスト】

三菱ランサーセディアワゴンツーリング スーパーパッケージ(CVT) 2000.11.28 試乗記 ……192.2万円 総合評価……★★
 

実用車の厚化粧

謹慎が解けて(?)、2000年11月18日に発売されたランサーセディアのワゴン版。スラリとのびたルーフとキリリと立ったゲイトの実用車。ペンシル型の縦長リアコンビライトが、後ろ姿を引き締める。
もともとパッケージングのいいボディの、後部オーバーハングを55mm延長、キャビンも荷室も広いのがジマン。使いやすい巻き取り式トノカバー、よくできたパーティションネット(オプション)、床下収納、サイドの小物入れ、それに12Vのアクセサリーソケットまで備えて、装備充実。細部の仕立てもいい。
普通に走るかぎり、エンジンは黒子に徹し、専用工場まで建てたCVTは自然なフィール。しかし、微妙なスロットル操作への反応は鈍い。ついついペダルを踏み込みがちになり、結果としてウルサイ。気の短いヒトには向かない。
テスト車は革内装の豪華仕様。クッションが厚く、妙に高い着座位置。径が細く、変にスポーティなモモのステアリングホイール。路面が悪いと、足もとはバタつき、ときにフロアが震える。地味な「Exceed」が用意されなかったのが残念。今回の仕様はオススメできません。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
ランサーセディアのセダンは2000年5月9日、ワゴンは11月18日に発表された。いずれも、ミラージュディンゴのものをストレッチしたプラットフォームを用いる。セダンのラインナップは、1.8リッターと1.5リッター、ワゴンは1.8リッターのみの設定となる。トランスミッションは、すべてCVT。サブネームのセディアは、「Century」と「Diamond」からの造語だ。
(グレード概要)
ランサーセディアワゴンは、廉価版の「TS」、ラグジュアリーの「Exceed」系、スポーティな「Touring」系に大別できる。販売の主力となるツーリングは、ボディの前後左右に空力パーツを付け、195/55R15と、ひとまわり大きなサイズのタイヤを履く。「Superパッケージ」は、本革内装、運転席パワーシート、Momo製ステアリングホイール、ラゲッジルームネットなどを備えて、プラス8.4万円。 

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
「ヘアライン調パネル」と呼ばれるスクラッチを入れたシルバーのパネルがスポーティ。大きめのシボがついた樹脂類の質感も悪くない。黒地に白の「ハイコントラストメーター」を備える。
(前席)……★★
四角いボディゆえ、ドライバーの頭部まわりの広々感は高い。スーパーパッケージの本革シートは、クッションが多くあたりが柔らかいが、体が浮き気味になるのが難点。足が短いと、好みのドライビングポジションを取りにくい。
(後席)……★★★
足もと、頭上ともじゅうぶんなスペースをもつリアシート。背もたれが立ち気味で、座面がやや低いのが気になるところ。背すじを伸ばして、足は前に放り出せ、ってか。背もたれは、ヘッドレストを付けたままワンタッチで倒せる。
(荷室)……★★★
トノカバーを使うと305リッター(VDA法)、外すと552リッター、リアシートを倒すと1040リッターと、容量充分。分割可倒式の後席バックレストには、それぞれにしっかりとした巻き取り式パーティションネットが備わり、荷室とキャビンを分離することができる。フロアに張られ、荷物を固定する伸縮自在なラゲッジルームネットも便利だ。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
1.8リッターGDIユニットとCVTの相性はいい。街なかを走る際、信号のストップ&ゴーでも、エンジン回転数が過剰に上がることはない。しかし、セダンより80kgほどボディが重いせいか、いざ「走らせよう!」とすると、全体に鈍い印象を受ける。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
セダンと共通の足まわりをもつツーリング。195/55R15のタイヤは、しかしカッコだけのために失うモノが多いように感じた。ボディ各部を強化したセディアワゴンだが、それでも「巌のような剛性感」を得られたわけではない。ゲイトを立てて、「スタイリッシュ」「剛性」より「実用性」「荷室容量」を取ったのだから、足まわりも合わせた方が……。

 

【テストデータ】

報告者: web CG 青木禎之
テスト日 : 2000年11月27日
テスト車の形態 : 広報車
テスト車の年式 : 2000年型
テスト車の走行距離 :115km
タイヤ : 前)195/55R15 84V/(後)同じ(いずれもYokohama Advan A-460)
オプション装備 : スーパーパッケージ:本革シート+運転席パワーシート+Momo製ステアリングホイール+シースルーヘッドレスト+本革巻きシフトノブ&ブレーキレバー+ラゲッジルームネット+サングラスポケット+運転席バニティミラー+オートライトコントロール=8.4万円
テスト形態 :ロードインプレッション(プレス向け試乗会)
走行状態: 市街地(4):高速道路(6)
テスト距離 : --
使用燃料: --
参考燃費:--


 
三菱ランサーセディアワゴンツーリング スーパーパッケージ(CVT)【ブリーフテスト】の画像

 
三菱ランサーセディアワゴンツーリング スーパーパッケージ(CVT)【ブリーフテスト】の画像

 
三菱ランサーセディアワゴンツーリング スーパーパッケージ(CVT)【ブリーフテスト】の画像

 
三菱ランサーセディアワゴンツーリング スーパーパッケージ(CVT)【ブリーフテスト】の画像

 
三菱ランサーセディアワゴンツーリング スーパーパッケージ(CVT)【ブリーフテスト】の画像
関連記事
  • 三菱ランサーセディアワゴン T-Touring & Rallyart Edition(4AT)【試乗記】 2001.6.7 試乗記 三菱ランサーセディアワゴンT-Touring /Rallyart Edition(4AT)
    ……189.8/209.8万円

    2000年11月の発表以来、月平均3100台(2001年4月まで)を売る好調ランサーセディアワゴン。2001年5月29日に、1.8リッターGDIターボモデル「T-Touring」が加わった。自動車ジャーナリスト、森 慶太が報告する。


  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • 三菱、「ランサーセディアワゴン」を(やっと)発売 2000.11.17 自動車ニュース 三菱自動車は、コンパクトセダン「ランサー」シリーズに、ステーションワゴン「ランサーセディアワゴン」を追加設定、2000年11月18日から発売する。セダンのリアオーバーハングを55mm延長、全高を10mm高くし、「ゆとりの後席居住空間と、 十分な容量かつ積載性に優れるラゲッジスペースを実現した」(三菱)。荷室下には、35リッターの大型ラゲッジフロアボックス、 左右には、小物収納に便利な2リッターのサイドボックスを設定、利便性をあげたという。エンジンは、1.8リッター直4 GDIのみ。トランスミッションもCVTだけだが、上級グレード「Touring」には、マニュアル操作可能なスポーツモード6-CVTが備わる。駆動方式は、前輪駆動と、ビスカスカップリング式のフルタイム4WDだ。価格は、2WDが149.8〜189.8万円、4WDが169.8〜209.8万円。当初は9月発売の予定だったが、三菱のリコール隠し騒動で、運輸省が懲罰的に型式認証作業を取り止めていたため、この時期にずれ込んだ。満を持して(ほとぼり冷めて?)登場した「セディアワゴン」。強敵カローラフィールダーや日産ウイングロードに対抗できるのか?(web CG 有吉)
  • 三菱、「ランサーセディア」に4WDを追加 2000.7.28 自動車ニュース 三菱自動車は、「ランサーセディア」に4WD車を設定、8月4日より発売を開始する。「寒冷地や冬期のレジャーシーンでのニーズに応えて」(三菱)の追加設定。生活ヨンクたるVCU(ビスカスカップリング)式フルタイム4WDを搭載。4WD化にともない、タイヤサイズを175/70R14から185/65R14に(1.5リッターモデル)、リアブレーキを8インチから9インチ(全4WD車)に変更。全高/最低地上高も5mm拡大し、1435/155mmとなった。価格は、1.5リッターの「MX-E」が159.8万円、同「MX-S」が173.8万円、1.8リッターの「SE-G」が195.8万円で、FFモデルとくらべ20万円高となる。リコール隠し騒動に負けない、ヨンクの力強い走りを期待したい。(有吉)三菱自動車「ランサーセディア」サイト:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/LANCER-CEDIA/
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
ホームへ戻る