【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1550mm/ホイールベース=2340mm/車重=790kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3SOHC12バルブ(50ps/6500rpm、6.3kgm/4000rpm)/車両本体価格=91.0万円(テスト車=99.8万円)

三菱eKワゴン 2WD M Xパッケージ(3AT)【ブリーフテスト】

三菱eKワゴン 2WD M Xパッケージ(3AT) 2001.10.17 試乗記 ……99.8万円総合評価……★★★★

 

乾坤一擲、失地回復

1998年の軽自動車規格改定で、「軽のグレードアップ」の波に乗りきれなかったミツビシが、乾坤一擲、21カ月という超短期間で開発したセミトールワゴン。ミニカのフロアパネルを活用、都市部のタワーパーキングに入庫可能な1550mmの車高をもつ「タル型造形」ボディを載せた。この場合のタル型とは、真上からみて前後が絞られること。四隅のタイヤの踏んばり感を強調したという。
ドライブトレインは、コンベンショナルな「0.66リッター+3段AT」。40から60km/h間でのギアチェンジを避け、街なかドライブに焦点を絞った明快な選択。これぞエンジニアリング。フロントに井形状フレームを追加して衝突安全性を向上、前後ともセッティングしなおした足まわりは、ちょっと「軽」とは思えないしっかり感。コーナリング時のリア追従性も落ち着いたもの。
抜群のポテンシャルをもつ「excellent K-car」こと三菱ekワゴン。惜しむらくは、ホンダ・ライフに遅れることまる2年の失われた時間。コンセプトで先行許すも、商品力で失地回復を図る。


 

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2001年10月11日に発表されたセミトールワゴン。“ジャストバリュー・ワゴン”をコンセプトにした「excellent K-car」、と謳われる。ほとんどの立体駐車場に入れられる1550mmの車高、「軽ユーザーに共通の嗜好を採り入れた」(プレスリリース)シンプルな外観がウリだ。真上から見て前後を絞って踏んばり感を、またB、Cピラーをブラックアウト処理して横長感を強調した。9色と豊富なボディカラー展開がジマン。
(グレード概要)
eKワゴンの機関は、「660cc+3AT」の1種類。駆動方式は、FFほか、ビスカスカプリングを用いた4WDが用意される。基本的なグレードは「M」のみ。Xパッケージは、Mにルーフスポイラー、電動格納式ドアミラー、リア間欠ワイパー&ウォッシャー、アルミホイールをセットにしたもの。なお、eKワゴンは、カスタム、ドレスアップカーがつくれる後付けボディパーツのメニューを充実、「Coast Runner 」「Small Athlete 」「M2」「ROAR」がカタログに載る。


 
三菱eKワゴン 2WD M Xパッケージ(3AT)【ブリーフテスト】の画像

 
三菱eKワゴン 2WD M Xパッケージ(3AT)【ブリーフテスト】の画像

 
三菱eKワゴン 2WD M Xパッケージ(3AT)【ブリーフテスト】の画像

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
クリーンな外観と比較すると、いささか煩雑にすぎるインテリア。ミツビシ得意の“ガンダム”調テイストを残す、単純な直線と曲線が多用されたダッシュパネル。センターメーターは、ドライバーの視線移動が少なく、焦点を合わせやすいというが……(レンズが上下にわかれた遠近両用メガネを使うヒトには特に有効という)。キー、ドアカップホルダー、「プチごみ箱」、霜取りにもなるドアポケット仕切り「霜とりクン」の、とってつけたようなトランスルーセント(半透明)化はいかがなものか。
(前席)……★★★
限られた室内幅を最大限に活かすべく、フロントベンチシートが採用された。コラムシフトと足踏みパーキングを組み合わされ、サイドウォークスルーの便利さはともかく、足もとすっきり。シート地に好みはあれど、座り心地に貧相さはない。アームレストはご愛敬。軽の運転席でくつろいでどうする。
(後席)……★★★★
前席よりヒップポイントが上げられたリアシート。フロント630mm、リア655mm。座面は短めだが、いわゆるアップライトな姿勢でキチンと座れ、かつヘッドクリアランスも不足しない。ムリに多彩なシートアレンジを追求しないのがよかったか、かけ心地もまずまず。軽としては望外に居心地のいいリアシート、と言ったら褒めすぎか。残念なのは貧弱なヘッドレストで、2段階調整式なれど絶対的な高さが足りない。
(荷室)……★★★
床面最大幅100cm、奥行き48cm、ルーフまでの高さは96cm。ボディサイズが規制される軽自動車としては、こんなものだろう。リアシートは分割可倒式。倒した背もたれとフロアの段差をなくす「ラゲッジボックス」がディーラーオプションで設定される。なお、リアゲイトは2本のダンパーで支えられる贅沢なもの。


 
三菱eKワゴン 2WD M Xパッケージ(3AT)【ブリーフテスト】の画像

 
三菱eKワゴン 2WD M Xパッケージ(3AT)【ブリーフテスト】の画像

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
50psと6.3kgmを発生する660cc直3SOHCユニット。シンプルかつ実用トルクを重視したまっとうな「軽」用エンジン。エアクリーナー、エアダクトの設置場所、吸気レゾネーター、クーリングファンなどの改良により、騒音、振動を軽減したという。鈍感なリポーターにはとりたてて抜きん出た素質は感じられなかったが、各ギアの守備範囲が広い3段ATの恩恵で、60km/hまでは頻繁なギアチェンジがなく、使いやすいドライブトレイン。ただ、さすがに80km/hを越えると、ガランと広い室内に騒音が充満する。街なかドライブに割り切った、それはそれで正しい選択だ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
「前/後=マクファーソンストラット/3リンクのリジッド」と、ミニカとサスペンション形式は共通なれど、スプリング、ダンパー、スタビライザー、ブッシュ、各パーツが見直され、ややファーム(硬め)になった乗り心地。衝突安全性向上のため、フロントアンダーフロアは、ダンパーの取り付け位置はそのままに、井形フレーム化された。ベース車ミニカのロック・トゥ・ロック=3.7から3.2にステアリングギアが速められ、またステアリング切り始めの不用意なロールもないので、eKワゴンはシャキッとした運転感覚。ハンドリングも正確で、「軽だから」と諦めることはない。小さいコーナーの連続も、アゴを出さすにキッチリこなす。155/65R13と、ようやくライバルに追いついたタイヤも効いている。

(写真=阿部ちひろ)


 

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2001年10月15日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2001年型
テスト車の走行距離:−−
タイヤ:(前)155/65R13 73S/(後)同じ(いずれもヨコハマ S-217F)
オプション装備:Xパッケージ=ルーフスポイラー+電動格納リモコンドアミラー+リア間欠ワイパー+13インチアルミホイール(8.9万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(9):山岳路(1)
テスト距離:−−
使用燃料:−−
参考燃費:−−

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKカスタムT(FF/CVT)【試乗記】 2013.6.26 試乗記 軽トールワゴンという激戦区に、満を持して登場した「eKワゴン」。このジャンルを切り開いた三菱自動車の“期待の星”は、何を武器にライバルと戦うのか。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る