【スペック】全長×全幅×全高=4460×1695×1650/ホイールベース=2705mm/車両重量=1400kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(165ps/5500rpm、22.4kgm/3500rpm)/車両本体価格=228.0万円

三菱ディオン TURBO NAVIパッケージ(4AT)【試乗記】

堅実な1台 2002.08.10 試乗記 ディオン TURBO NAVIパッケージ(4AT)……228.0万円三菱の5ナンバーミニバン「ディオン」のマイナーチェンジで追加された、1.8リッターターボを積む「ディオンターボ」。フェイスリフトに加え、パワーアップに合わせてボディ、足まわりが強化されたモデルに、webCG記者が試乗した。

シャープな顔

三菱の、5ナンバー3列シートを持つミニバン「ディオン」。2000年1月29日のデビュー当初は、159.8万円からの低価格がウケて、2月の登録台数は3827台、3月は8803台と好調な滑り出しだった。しかし、「例の事件以来、売れ行きが激減しまして……」と語るエンジニア氏の顔は、暗い。実際、2001年7月の“例の事件”以来、販売台数は1000台弱/月と、大きく落ち込んだ。
なんとかお客を取り戻さねばということで、デビューから1年半を経た2002年6月7日、ディオンに初のマイナーチェンジが施された。黒一色のグリルで愛想に乏しかったフロントマスクは、グリルがボディ同色に、ヘッドランプはツリ目に変更され、シャープな顔になった。インテリアはグレードごとに、シートカラーとトリムがカラーコーディネートされた。

マイナーチェンジで新しく追加されたのが、1.8リッターターボを積む「ディオン TURBO」である。「ランサーセディアワゴン」で使われる1.8リッター直4DOHC16バルブターボを搭載し、ライバルと三菱のヒトが名指しするホンダ「ストリーム」の2リッター直4より11psと3.4kgmハイパワーな、165ps/5500rpmと22.4kgm/3500rpmのアウトプットを得た。リポーターは「ステップワゴン」こそライバルと思っていたが……。スリーダイヤモンドは最近、レディコミで人気の桜沢エリカさんの漫画を使った「ミセス ディオン」の広告を展開している。ストリームの名を挙げたのは、従来の「安さで勝負」路線から、女性をメインターゲットに据えた「ちょっと、オシャレ」路線に転じたいから、かもしれない。
マイナーチェンジでは、NAモデルには4段ATに替わり、CVT(無断変速機)が採用されたが、ターボは従来通りの4段AT。FFに加え、4WDもラインナップする。
神奈川県は箱根で開かれた試乗会と、その後広報車をお借りして、ディオンターボに試乗した。

ユーザーフレンドリー

テスト車は、DVDナビゲーション搭載の「ナビパッケージ」。ディオンターボは、ベーシックな「ターボ」と「ターボ ナビパッケージ」の2種類。後者には、なぜかディスチャージヘッドランプがオプションに含まれるのに加え、AM/FMラジオ付きMDプレーヤーが備わる。ただ、ナビゲーションはセンターコンソールに装着されるため、小物入れが減ってしまうのが難点。手近に財布などを入れるスペースが見あたらず、ハンドル右側のフタを開けたらヒューズボックスだった……。
ターボのインテリアは、オフブラック基調の落ち着いたたたずまい。シート中央にブルーのファブリックでアクセントを加え、スポーティを演出する。センターパネルやステアリングホイールには、ダークブルーの木目調パネルを採用した。ちなみに、NAのベーシックグレード「VIE」はグレーで統一。ターボと価格が同じ上級モデル「エクシード」は、木目調パネルを使う、ゴージャスなブラウン系のインテリアとなる。

高めのシートに座ると、あたりまえだが視界良好。ボンネットの両端が目に入るのは、取りまわしの気遣いを軽減するのでうれしい。サイドミラーに映るショルダーラインが真っ直ぐだから、駐車場で枠線に合わせるのもラクチン。「気負わず乗れることも、コンセプトです」というエンジニア氏のコトバ通り、ユーザーフレンドリーなつくりである。
シートは、3列目の折り畳み機構がイイ。ヘッドレストとアームレストを外して背もたれを前に倒し、そのままシート全体を後ろへひっくり返すと、荷室の深みにすっぽり収まる。平らなラゲッジスペースができあがるのだ。「7人乗り」に現実味の沸かない独身リポーターの意見で恐縮ですが、常に満員で走るわけじゃないから、普段は5人乗りワゴンとして使うこともできて、便利だと思う。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。



228.0万円と199.8万円

1人乗りの空荷で走ると、ディオンターボは速い。撮影でロケ地まで移動中、4リッターW8エンジンを積むフォルクスワーゲン「パサートW8」(275ps/6000rpm、37.7kgm/2750rpm)を、肩肘張らずに追走できるくらい速い。まあ競争してるワケじゃないからですが。2000rpmもまわせば力強いトルクが感じられ、多人数乗車時の実用性も高そうだ。
ターボエンジン搭載に伴って、特にサスペンションの取り付け部など、ボディ剛性が強化された。足まわりは、サスペンションのダンピング最適化、リアスタビライザーのサイズを拡大し、ロールを抑える設定に変更されている。乗り心地はやや硬めだが、フラットで安心して乗っていられるもの。高速道路で横風を受けても、しっかりしたハンドリンと合わせて、フラフラするようなことがない。

ディオンターボは、ナビパッケージだと車両本体価格228.0万円だが、ノーマルだと200万円を切る199.8万円。ライバルのストリームの2リッター廉価モデル「iL」は、189.8万円だが、上述したようにパワーもトルクもディオンの勝ち。多人数乗車もアリのミニバンは、トルクに余裕がある方がいい。ボディ強化などハードウェアも熟成され、5ナンバーミニバンとしてかなり堅実な1台じゃないでしょうか。

(文=webCGオオサワ/写真=清水健太/2002年8月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。