マツダ・ミレーニア25Mスポーツパッケージ(4AT)/20M(4AT)【試乗記】

マツダ・ミレーニアに乗る(8/4) 2000.08.04 試乗記


コップのなかのせめぎ合い

7月18日にフェイスリフトを受けた、センティアなきあとのマツダの旗艦、ミレーニアにハコネで乗った。

ニューミレーニアは、Aピラーより前をすべて一新。フラッグシップだけに、マツダ ・ファミリーフェイスの象徴「ファイブポイントグリル」は、クロームで縁取りされたうえ、でっかい。プロジェクター&マルチリフレクターを採用したヘッドランプがギロリと目をむき、グリル横からボンネットへのキャラクターラインが、ハ虫類顔に表情をつける。メインマーケットが北米であるため、全体にバタくさい。

運転席に座ると、インパネまわりはスッキリとした水平基調。明るい色調のインテリアのなか、ダッシュパネル上面を暗い色にして「広々感を感じさせるツートーン構成としました」(プレス資料)そうだが、スイマセン、気付きませんでした。それより 「オッ!」と思ったのは、プレミアムセダンのわりに小さく細いステアリングホイール。スポーティだ。

初めに乗ったのは、2.5リットルV6(200ps/6500rpm、22.8kgm/4800rpm)搭載の25Mスポーツパッケージ。215/50R17というスポーツカーばりのタイヤと、スポーツチューンドサスペンションで、足もとをキメる。

ミラーサイクルユニットがカタログから落ちたいま、トップエンジンとなる「KL-ZE 」型は、しかし、「多気筒ユニットのスムーズさ」を期待するむきには、多少、ザラついて感じるだろう。エンジン音の、室内への侵入も大。個人的には、「活発でよろしい」と思ったが。

一般道では、バネ下のバタつきを感じさせる足まわりだが、山岳路では、マツダのプロダクトフィロソフィーのひとつ、「反応の優れたハンドリングと性能」を具現化してくれる。トップモデルにまで「人馬一体感」を求めるところが、「スポーツカーをつくらせたら黙っちゃいないよ」というマツダらしい。

一方、2リッターV6モデル、20Mは、褒め言葉としての「女性的な繊細さ」を特徴とする。ボア×ストローク値とも小さい「KF-ZE」型は、軽やかに回り、音もツブぞろい 。サウンドのわりに、出足はキッチリ501cc分遅いけれど、215/55R16のタイヤを履く足は柔らかく、優しい乗り心地。ワングレードのみの、いまひとつリキが入らないモデルだが、隠れた名馬、かもしれない。

25Mスポーツパッケージが275.5万円。20Mは235.0万円。アルテッツァ、マークII三兄弟、セフィーロ、スカイラインなど、トヨタと日産にガッシリ囓られた残りのパイで、ミレーニア、アクの強さで生き残れるか?
(web CG アオキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダ、旗艦車「ミレーニア」をマイナーチェンジ 2000.7.19 自動車ニュース マツダは、フラッグシップモデル「ミレーニア」をマイナーチェンジし、7月18日より発売した。2.5リッターV6「ミラーサイクル」エンジンをカタログから落とし、フェイスリフト、ボディ各部の補強、足まわりのチューニングなどの変更を行った。新ミレーニアの眼目は、シャシー性能にある。Bピラーに高強度発泡樹脂を充填するほか、各部にパッチを当て、曲げ剛性を約17パーセント、ねじり剛性を約35パーセントアップした。ダブルウィッシュボーンを基本とした4輪マルチリンクサスは、リンク取り付け部を補強、ダンパー径、サスペンションジオメトリーなどが見直され、「正確なハンドリング、フラットでしっかりした乗り心地を実現」したという。外観では、Aピラーより前方を一新。プロジェクター&マルチリフレクターのヘッドランプを採用、マツダのニューアイデンティティたるファイブポイントグリルを装着、「プレミアムセダンにふさわしい車格感をもたせ」(マツダ)たという。内装は、グレーまたはベージュの明るい色調に、インストゥルメントパネル上面をダークにしたツートーン構成をとる。イグニッションキーを回すと、メーターパネルにまず赤い指針が、続いて白い文字盤が現れる、「ハイコントラストブラックアウトメーター」がジマン。コンソールボックスに、携帯電話やパソコン用のパワーソケットを装備、インターネット時代に備える。なお、マツダは、「マツダテレマチックスセンター」を開設、カーナビに接続した携帯電話を通じてインターネットに接続、ニュース、天気予報、施設などの情報を得るほか、ウェブサイトへのアクセス、電子メールの送受信が可能にするという。ボディサイズは、フロントエンドのモディファイにより、全長が45mm延長、全長×全幅×全高=4870×1770×1395mmとなった。ホイールベースは、2745mmと変わらない。2種類のV6エンジンはキャリーオーバーとなる。2リッター(160ps/6500rpm、18.3kgm/5500rpm)、2.5リッター(200ps/6500rpm、22.8kgm/4800rpm)とも、出力は変わらず、いずれも「シフトスケジュールを見直した」4段ATと組み合わされる。トップグレードの25Mスポーツパッケージでは、215/50R17というスポーティなタイヤを採用。また、全車のフロントブレーキローターを15から16インチにアップ、ストッピングパワーを上げた。価格は、235.0万円から302.0万円となる。
  • マツダ・ミレーニアに乗る 2000.8.4 自動車ニュース ■コップのなかのせめぎ合い7月18日にフェイスリフトを受けた、センティアなきあとのマツダの旗艦、ミレーニアにハコネで乗った。ニューミレーニアは、Aピラーより前をすべて一新。フラッグシップだけに、マツダ ・ファミリーフェイスの象徴「ファイブポイントグリル」は、クロームで縁取りされたうえ、でっかい。プロジェクター&マルチリフレクターを採用したヘッドランプがギロリと目をむき、グリル横からボンネットへのキャラクターラインが、ハ虫類顔に表情をつける。メインマーケットが北米であるため、全体にバタくさい。運転席に座ると、インパネまわりはスッキリとした水平基調。明るい色調のインテリアのなか、ダッシュパネル上面を暗い色にして「広々感を感じさせるツートーン構成としました」(プレス資料)そうだが、スイマセン、気付きませんでした。それより 「オッ!」と思ったのは、プレミアムセダンのわりに小さく細いステアリングホイール。スポーティだ。初めに乗ったのは、2.5リットルV6(200ps/6500rpm、22.8kgm/4800rpm)搭載の25Mスポーツパッケージ。215/50R17というスポーツカーばりのタイヤと、スポーツチューンドサスペンションで、足もとをキメる。ミラーサイクルユニットがカタログから落ちたいま、トップエンジンとなる「KL-ZE 」型は、しかし、「多気筒ユニットのスムーズさ」を期待するむきには、多少、ザラついて感じるだろう。エンジン音の、室内への侵入も大。個人的には、「活発でよろしい」と思ったが。一般道では、バネ下のバタつきを感じさせる足まわりだが、山岳路では、マツダのプロダクトフィロソフィーのひとつ、「反応の優れたハンドリングと性能」を具現化してくれる。トップモデルにまで「人馬一体感」を求めるところが、「スポーツカーをつくらせたら黙っちゃいないよ」というマツダらしい。一方、2リッターV6モデル、20Mは、褒め言葉としての「女性的な繊細さ」を特徴とする。ボア×ストローク値とも小さい「KF-ZE」型は、軽やかに回り、音もツブぞろい 。サウンドのわりに、出足はキッチリ501cc分遅いけれど、215/55R16のタイヤを履く足は柔らかく、優しい乗り心地。ワングレードのみの、いまひとつリキが入らないモデルだが、隠れた名馬、かもしれない。25Mスポーツパッケージが275.5万円。20Mは235.0万円。アルテッツァ、マークII三兄弟、セフィーロ、スカイラインなど、トヨタと日産にガッシリ囓られた残りのパイで、ミレーニア、アクの強さで生き残れるか?(web CG アオキ)
  • マツダCX-7 クルージングパッケージ(FF/6AT)/CX-7(4WD/6AT)【試乗速報】 2007.1.30 試乗記 マツダCX-7 クルージングパッケージ(FF/6AT)/CX-7(4WD/6AT)
    ……340.0万円/332.0万円

    2006年12月19日に発売された、マツダの新型SUV「CX-7」。
    スポーツカーとSUVのクロスオーバーをコンセプトにかかげるニューモデルは、どんな乗り味なのか?
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジNEW 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
ホームへ戻る