三菱ディアマンテ25V-SE(4AT)/マツダ・ミレーニア25Mスポーツパッケージ(4AT)【ライバル車はコレ】

アッパーミドル対決(8/15) 2000.08.15 試乗記 豊富な内容を誇るweb CG 新車データベースのなかの人気企画「ライバル車はコレ」。web CG が選ぶ、マツダ・ミレーニアのライバルは?

マツダ・ミレーニア25Mスポーツパッケージ(275.5万円)のライバルは?

2000年7月18日にフェイスリフトを受けたマツダのフラッグシップ、ミレーニア。ユーノス800ゆずりの2、2.5リッターV6を搭載。25Mスポーツパッケージは、硬めた足まわりをもつスポーティ版。トヨタ、日産にガッポリ取られた後の残りのパイを奪い合うマイナーアッパーミドル車として、3ナンバーセダンの先駆け、ディアマンテを引っぱり出した。



三菱ディアマンテ 25V-SE(4ATスポーツモード付き)……299.8万円

■それぞれの不安
三菱系企業では、係長はランサー、課長はギャラン、部長になってやっと買うことが許される、のではないかと想像されるディアマンテ。バブル経済絶頂期に出た初代ディアマンテは、はなから3ナンバーとして設計されたのがウケ、ひと山アテた。しかし、96年デビューの2代目に、昔日の勢いはない。
目元涼しいディアマンテに較べ、北米をメインマーケットとするミレーニアは、アクの強い顔をもつ。ほぼ同寸ながら、無愛想に広いスリーダイアモンドのクルマに対し、ルーフに向かってサイドが絞られた千年カーは、意識的にタイトな車内。走らせても、柔らかく滑らかな三菱車、締まった乗り心地のマツダと、明確にキャラクターの差が出る。
後席が広く、ショファードリブンとしても不満のないディアマンテだが、顧客が三菱グループの社員でなければ、マークIIやスカイラインやプログレやセフィーロなどに目が行ってしまうのが弱点だ。「スポーティ」で差別化を図るミレーニアは、しかし、ヤングアットハートなユーザーは多くとも、実際にヤングなアッパーミドルサルーンを選ぶヒトがどれだけいるのか定かでないのが、不安材料。

(web CG アオキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミレーニアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る