【スペック】デミオ ピュアレ(4AT):全長×全幅×全高=3800×1670×1500mm/ホイールベース=2390mm/車重=1000kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4SOHC16バルブ(83ps/6000rpm、11.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=129.8万円(5MT車は120.8万円)

マツダ・デミオピュアレ(4AT)【試乗記】

『真剣に迷える』 2001.06.27 試乗記 マツダ・デミオ「ピュアレ」……120.8から129.8万円コンパクトなボディと広い室内空間がウリのマツダ・デミオ。その1.3リッターモデルに、若い女性向けと謳われる「ピュアレ」と、“男の子仕様”ことスポーティルックの「エアロアクティブ」が加わり、2001年6月25日に発売された。それに先立つ6月20日に、マツダのお膝元、広島県は三次で行われた「ウェブ媒体向け説明会&テスト走行」に、『webCG』特派自動車ジャーナリスト、森慶太が参加した。

頭脳プレイの産物

今回加わったのは、デミオ「ピュアレ」。変わったのは色関係。若い女性をはじめとしたオシャレ意識層へのアピールを強めるのが狙いだ。具体的には、外装色にあわせてオレンジ色か水色のアクセントが、グレー内装の一部というか数箇所にあしらわれる。メカニズムに関する変更は特になし。で、以下はその試乗記。乗った場所は広島県は三次にあるマツダのテストコース。つまり非常に特殊な環境ということです。
まず運転姿勢は良好。上体を起こし、背筋を伸ばしてキチンとしたポジションを得ることができる。各種スイッチ類の操作性もよし。ダッシュボードのカタチがブワンと肥大していないので、車両感覚をつかみやすい。これに関しては、Aピラーの角度や位置がいいこと、および着座位置が適度に高いことも大いに効いている。また、デミオはこのクラスの日本車としては座面がチャチくないのもいい。
シートのかけ心地は、後席に関しても前とほぼ同様。フルフラット機構前提ということもあって、背もたれは前後ともサイズや形状がモノ足りないけれど、それはこのテの日本車ほぼ全部にいえることだ。

なにより、デミオは内部空間が無用にデカくないのがいい。外観のデザイン処理で「一見RV風に見せつつ実態はごくまっとうなハッチバック乗用車」という路線は、高度な頭脳プレイの産物といっていい。巧妙なダマシともいえるが、それが真にユーザーのメリットへ直結しているのだから文句のつけようがない。
乗り心地および操縦性はパリッとしていて気持ちよい。ルノー・ルーテシアのような懐の深さを思わせはしないけれど、とりあえずフニャフニャクニャクニャした動きが出ないのはありがたい、というかイヤでない。それに、1996年のデビュー当初から比べたら、ガサツな騒音やビシバシ系の痛いショックは確実に減った。

ヴィッツかデミオか

動力性能は、今回試乗した小さい方のこの1.3リッターで十分。というか、間違いなく1.5リッターよりも車体側との相性はいいはずだ。高速巡航時の静かさを得るためにオートマが当初の3段から4段に変わったのはドライバビリティの観点からすると必ずしも進歩ではないけれど、まあしかたない。
ちなみに、開発者にいわせると、デミオは1.3のマニュアルシフトがいちばんいいそうだ。なぜなら、「上のほうからヘンなチャチャ入れられることがなかった分、現場の思うとおりにやれましたから」。
実際、1.3のマニュアルは数も堅調に出ているという。実にめでたいことだと思う。自動車サイトやクルマ雑誌で紹介されることはまずない仕様だが、えてしてこういうところにオイシい部分があるものである。
総合評価は5点満点中の4点に近い3点。贔屓でなく、国産の小型ハッチバックからどれか買えといわれたらヴィッツかデミオかはけっこう真剣に迷えるところだ(あとストーリアというのもあるけど)。

(文=森 慶太/写真=難波ケンジ/2001年6月)



マツダ・デミオピュアレ(4AT)【試乗記】の画像
「Pure(純粋な)」から名をとった「ピュアレ」。新ボディ色「ブレーシンググリーン」「スパークリングシルバー」と、オレンジかブルーの内装色を組み合わせる。オシャレに敏感な若い女性にアピール(したい)。

「Pure(純粋な)」から名をとった「ピュアレ」。新ボディ色「ブレーシンググリーン」「スパークリングシルバー」と、オレンジかブルーの内装色を組み合わせる。オシャレに敏感な若い女性にアピール(したい)。
【スペック】
エアロアクティブ(5MT):全長×全幅×全高=3800×1670×1500mm/ホイールベース=2390mm/車重=980kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4SOHC16バルブ(83ps/6000rpm、11.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=130.8万円(4AT車は139.8万円)

【スペック】エアロアクティブ(5MT):全長×全幅×全高=3800×1670×1500mm/ホイールベース=2390mm/車重=980kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4SOHC16バルブ(83ps/6000rpm、11.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=130.8万円(4AT車は139.8万円)
こちらは、同時に発表されたデミオ“男の子仕様”たる「エアロアクティブ」。フロント/サイド/リアアンダーのエアロパーツが特徴。さらにブラックとグレーでまとめられた「ブラックツートンインパネ」やホワイトメーター、専用のクロスシートなどが与えられ、精悍さを演出する。足元には、5本スポークの14インチアルミホイールが輝く。

こちらは、同時に発表されたデミオ“男の子仕様”たる「エアロアクティブ」。フロント/サイド/リアアンダーのエアロパーツが特徴。さらにブラックとグレーでまとめられた「ブラックツートンインパネ」やホワイトメーター、専用のクロスシートなどが与えられ、精悍さを演出する。足元には、5本スポークの14インチアルミホイールが輝く。
関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る