【スペック】全長×全幅×全高=3800×1670×1500mm/ホイールベース=2390mm/車重=1000kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4SOHC16バルブ(83ps/6000rpm、11.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=129.8万円(テスト車=159.5万円)

マツダ・デミオ 1300ピュアレ(4AT)【試乗記】

『5年目の薄化粧』 2001.07.27 試乗記 マツダ・デミオ 1300ピュアレ(4AT)……159.5万円“背の高い小型ワゴン”の先駆モデル、デミオ。登場以来5年が経ち、いまだにマツダの稼ぎ頭である。2001年6月25日に、若い女性をターゲットにしたカラーコーディネイト版「ピュアレ」と、若い男性を狙った空力パーツ取り付けモデル「エアロアクティブ」がラインナップに加わった。7月26日、東京都内で開催されたプレス向け試乗会に、webCG記者が参加、男だてらに(?)ピュアレに乗った。

■積極的な普通さ

華々しくV字型の業績回復を果たした日産自動車とはうらはらに、いまひとつ冴えないマツダである。現在、(あまり知られていないけど)「ミレニアムプラン」と呼ばれる中期計画が進行中。昨2000年度1275億円にのぼった「当期利益」の損失(「経常利益」は323億円の赤字)を、今年は収支トントンにするのが目標だ。

2001年7月26日、ヒット作「デミオ」のプレス向け試乗会が東京都内で行われた。リポーターが乗ったのは、内外装をカラーコーディネートして若い女性をターゲットとした、6月25日に追加されたグレード「ピュアレ」。アップビートの「Stand by Me」が流れるTVコマーシャルを見た方がいるかもしれない。ブレーシンググリーンとスパークリングシルバーにはオレンジ、グレイシャスシルバー、サンライトシルバー、ピュアホワイトにはブルーを随所に配したインテリアが組み合わされる。エンジンは、1.3リッター(83ps、11.0kgm)のみ。トランスミッションには、4段ATと5段MTが用意される。

着座位置が高めのドライバーズシートに座ると、スカットルやダッシュパネル、ショルダーラインが低いので、ストレートに視界がいい。ドアトリムや座席背もたれ、センターコンソールの一部にオレンジ色が使われ、窓枠の内側や、サイドミラーに映るボディペイントで、運転手はあか抜けたカラーコーディネートを知る。ウレシイ。「若い女性がターゲット」なんて男女差別的なコンセプトを掲げないで、次は男性向けの「ピュア郎」を設定することをオススメします。

久しぶりにステアリングホイールを握ってみると、このクルマ、「着座姿勢」「ドライブフィール」と、いやなトコロがまるでない。いまさらながら、デミオのイイところは「積極的な普通さ」なんじゃないかと思う。「普遍性」と言い換えてもいい。ロングセラーの大切なファクターである。「デビュー5年目にして、まだ月6000台売れてます。立派でしょう?」とマツダのエンジニア氏は目を細める。立派です。

■次世代の不安

フォードグループのなかで埋もれないために、マツダ近年しきりと「キビキビとしたハンドリング」を謳う。デミオもけっして速くはないが、なかなか活発だ。1.3リッターシングルカムは、3000rpmを超えると俄然ニギヤカになるけれど、個人的には「元気があってよろしい」と思う。試乗を終えてお話をうかがったエンジニアの方が、「もうちょっと静かにしたい」とおっしゃるので、「ユーザーからの要望が高いんですか?」と聞くと、「それほどでもない」と言う。じゃあ、いいじゃないですか。

1300ピュアレの乗り心地は、細かい凹凸を正直に拾うきらいがあるが、総じてフェアなものだ。テスト車は標準の「165/70R13」ではなくオプションの「175/60R14」(ヨコハマAspec)を履いていたせいもあってか、コーナーでもしっかりしている。運転が楽しい。エンジン、足まわり、ボディと、「いかにもバランスがいい印象を受けました」とエンジニア氏に感想を述べると、「そうでしょう! 販売されるデミオの約85%は1.3リッターですから」と胸を張った後、「1.5は……、ちょっと荒いかな」と声のトーンを落とした。

1996年にデビューしたデミオは、3年後にマイナーチェンジを受け、ボディ各所が補強された。1.5リッター(100ps、13.0kgm)モデルに、スポーティグレード「Aletta(アレッタ)」が加わったのも、このときである。
最近のユーザー調査では、デミオの「内外デザインの競争力低下」が明かとなった。色の配色に気を配った「ピュアレ」、空力パーツを取り付けた「エアロアクティブ」の追加は、その対策である。「今年はこうした細かいことしかできませんが、来年からは新しいモデルを投入できますから……」とのこと。

マツダは生産車の輸出比率が大きいために、為替変動による業績への影響が大きい。そのため「ミレニアプラン」の眼目のひとつとして、昨年、同社の欧州生産拠点が決定された。次期デミオは、フォード・フィエスタとプラットフォームを共有して、スペインはバレンシアで生産される、とささやかれる。実直なハッチモデルが、妙にカワイ子ぶったセクレタリーカーに変じたフェスティバの悲劇(!?)を繰り返さないことを、切に願います。

(文=webCGアオキ/2001年7月)



マツダ・デミオ 1300ピュアレ(4AT)【試乗記】の画像


マツダ・デミオ 1300ピュアレ(4AT)【試乗記】の画像
運転席は、2つのダイヤルによる座面角度調整が可能だ。リアシートもリクライニング機能付き。後席は、背もたれを前に倒せるほか、そのまま座席前端を軸に前方に折り畳み、後席位置まで荷室フロアを広げることができる。

運転席は、2つのダイヤルによる座面角度調整が可能だ。リアシートもリクライニング機能付き。後席は、背もたれを前に倒せるほか、そのまま座席前端を軸に前方に折り畳み、後席位置まで荷室フロアを広げることができる。


マツダ・デミオ 1300ピュアレ(4AT)【試乗記】の画像
テスト車は以下のセットオプションを装着していた。前席サイドエアバッグ+DSC(横滑り防止機構)+トラクションコントロール+撥水フロントドアガラス&ドアミラー+ナビゲーションシステム+4スピーカー+175/60R14タイヤ=29.7万円。

テスト車は以下のセットオプションを装着していた。前席サイドエアバッグ+DSC(横滑り防止機構)+トラクションコントロール+撥水フロントドアガラス&ドアミラー+ナビゲーションシステム+4スピーカー+175/60R14タイヤ=29.7万円。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダが「デミオ」を一部改良、特別仕様車も設定 2016.10.14 自動車ニュース マツダがコンパクトカーの「デミオ」を一部改良。内外装の仕様を変更するとともに、運転支援システムの設定を大幅に強化した。また、エンジンのトルク制御で車両の操縦安定性能や快適性を高める「Gベクタリングコントロール」を新たに採用した。
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る