【スペック】Sports 2.3リッター:全長×全幅×全高=4785×1830×1745mm/ホイールベース=2840mm/車重=1720kg/駆動方式=4WD/2.3リッター直4DOHC16バルブ(159ps/6000rpm、21.1kgm/4500rpm)/車両本体価格=264.8万円(テスト車=308.8万円)テスト車は、NAVIパッケージ(44.0万円)装着車。サイドエアバッグ、ディスチャージヘッドランプ、撥水機能、格納式センターテーブル、DVDナビゲーションシステムが含まれる。

マツダMPV Sports 2.3リッター/3リッター(4AT/5AT)【試乗記】

差別化の呪縛 2002.05.15 試乗記 マツダMPV Sports 2.3リッター/3リッター(4AT/5AT)……308.8/329.3万円“バタ臭い”というか、どうも違和感を禁じ得ないマツダのTVコマーシャル。指を鳴らしながらジャジーに(?)歌ったり、車内でダンスのステップを踏んだり、「なんかズレてない?」と日頃感じているwebCG記者が、ビッグマイナーチェンジを受けたMPVに乗りに行った。
【スペック】
Sports 3リッター:全長×全幅×全高=4785×1830×1760mm/ホイールベース=2840mm/車重=1720kg/駆動方式=/3リッターV6DOHC24バルブ(197ps/6300rpm、27.2kgm/4750rpm)/車両本体価格=256.8万円(テスト車=329.3万円)テスト車は、リアエンターテインメントパッケージ(72.5万円)装着車。サイドエアバッグ、ディスチャージヘッドランプ、撥水機能、格納式センターテーブル、DVDナビゲーションシステム(9スピーカー)、リア100V電源ソケット(外部入力端子付き)、電動両側スライドドア、が含まれる。

【スペック】Sports 3リッター:全長×全幅×全高=4785×1830×1760mm/ホイールベース=2840mm/車重=1720kg/駆動方式=/3リッターV6DOHC24バルブ(197ps/6300rpm、27.2kgm/4750rpm)/車両本体価格=256.8万円(テスト車=329.3万円)テスト車は、リアエンターテインメントパッケージ(72.5万円)装着車。サイドエアバッグ、ディスチャージヘッドランプ、撥水機能、格納式センターテーブル、DVDナビゲーションシステム(9スピーカー)、リア100V電源ソケット(外部入力端子付き)、電動両側スライドドア、が含まれる。


マツダMPV Sports 2.3リッター/3リッター(4AT/5AT)【試乗記】の画像

電動ドアは10.0万円

「Zoom-zoom-zoom……ハッ!」という歌声とともにTV画面に現われる赤いクルマ。「スポーツカーですか?」って、どう見てもミニバンだろう、と突っ込むのはおとなげないと自らを戒める今日この頃。“走り”がジマンのマツダMPVが、2002年4月16日、ビッグマイナーチェンジを受けた。
内容は、2リッター直4が新開発2.3リッターに、2.5リッターV6が3リッターにそれぞれ拡大された。さらにV6モデルはトランスミッションが5段ATとなった。直4モデルには、FF(前輪駆動)をベースに、多板クラッチを用いたRBC(ロータリーブレードカプリング)式の4輪駆動車も用意される。

2002年5月13日、雨が降りそぼつ河口湖付近で、プレス向け試乗会が開かれた。まず乗ったのは、「Sports」の直4モデル(4WD)。“エアロな感じ”が強まったフロントバンパー、ヘッドランプがキセノン化され、鋭い印象になった顔つきに赤いボディペイントがよく似合う。
Sportsは、前後左右ルーフエンドに空力パーツを装着し、タイヤサイズを215/60R16とノーマルよりひとまわり大きくしたグレードだ。それに伴い、フロントブレーキのディスクも大型化される。カッコだけに終わらないのが、さすが“スポーツ”にうるさいマツダである。

今回のビッグマイナーの目玉は、エンジンのキャパシティアップと、両側スライドドアに「電動」機構をオプションで用意したこと。TVコマーシャルでは、
「両側スライドドアですね?」と念を押され、さらに
「電動両側スライドドアです」と強調される。
「ただしオプションで」と加えないのはちょっとズルい気がするが、価格は10.0万円と良心的だ。もっとも、最初のテスト車は4WDモデルなので、「スライドドアイージークロージャー」は標準で装備されるが、「電動両側スライドドア」は設定されない。





MPVには、「左右にスライドしてサードシートへのアクセスを容易にする2列目の左シート」「床下に完全に収納されるサードシート」「フルフラット」「この手のクルマとして弱点になりがちなラゲッジスペースを、掘り下げ式にして定員乗車時にも405リッターの容量を確保」といった様々な工夫が施される。

ミニバンのスポーツカーとしてなら

MPVに新たに採用された2.3リッター直4ユニットは、「MZR(Mazda Responsive)」と名づけられたブランニューエンジンである。マツダのみならず、世界中のフォードグループのクルマに載せられる「グローバル・パワーユニット」。広島工場に加え、チワワ(メキシコ)、ディアボーン(アメリカ)、バレンシア(スペイン)の4工場で、年間150万台が生産される予定だ。「高い技術力を認められ、エンジン開発を一手に引き受けることになりました」(広報資料)と鼻タカダカ。なにはともあれメデタイことです。

ステアリングホイールを握って走りはじめると、MPV、シッカリしている。ボディの剛性感が高い、ステアリングからの路面情報がハッキリ伝わる、そして(ミニバンとしては)足が硬め、といったファクターが効いている。エンジニアの方々、ホントはスポーツカーをつくりたかったんじゃないの?と勘ぐりたくなる感じ。ハンドリングは、ミニバンとして例外的にシャープだ。そのぶん(?)、セカンドシートに座っていると意外に突き上げを感じ、ノンビリくつろぐ、という乗り心地ではない。

注目のオールアルミ直4エンジンは、クルマのカテゴリーもあろうが、あまり印象に残らなんだ。最高出力159ps/6000rpm、最大トルク21.1kgm/4500rpmを発生、1720kgのボディを運ぶ。ミニバンのスポーツカーとして、ひとりで乗るには十分だけれど、ピープルムーバーとして活用しようとすると、ちょっとツラいかも。エンジンの魅力をアピールするのは、次なるニューモデル「アテンザ」で、ってか。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
電動両側スライドドアは、クルマが止まっていて、「ブレーキペダルが踏まれている」か「パーキングブレーキがかかっている」か「ATシフターがパーキング位置にある」ときに作動する。挟み込み防止機能付き。

電動両側スライドドアは、クルマが止まっていて、「ブレーキペダルが踏まれている」か「パーキングブレーキがかかっている」か「ATシフターがパーキング位置にある」ときに作動する。挟み込み防止機能付き。


マツダMPV Sports 2.3リッター/3リッター(4AT/5AT)【試乗記】の画像

ちょっとムリがある

エンジニアの方々の熱意や努力に目をツブり、新型4気筒についての知識を窓から放り出し、資本主義社会における神様たる(無責任な)消費者の立場で乗ると、続いて乗ったシルバーの3リッターV6モデルは一段とよかった。

2.5リッターV6のボアを8.6mmアップ、89.0×79.5mmのボア×ストローク、2967ccの排気量から、197ps/6300rpmの最高出力、27.2kgm/4750rpmの最大トルクを得る。最大トルクが2.5リッターより6.1kgmも太くなっているうえ、250rpm低いエンジン回転数で発生するのがミソだ。車重は2.3リッターのヨンクモデルと変わらない! 車両本体価格はなぜか8.0万円も安い!! 大人数を乗せても、3リッターなら余裕があろう。
他車との差別化の切り札、電動両側スライドドアは、キーやドアハンドルを使ってはもちろん、ステアリングコラム右側のインパネや、Bピラーに設置されたボタンでも開閉可能だ。ドライバーズシートにいても、2列目シートでくつろいでいても、隣の奥様に「ヨッコラショ」とドアを引かせないですむし、「あーら、ウチは自動ですのよ」と自慢することもできる。

シュルシュルと気持ちよく回る6気筒。スムーズな5段AT。少々アタマが重くなるけれど、依然として良好なハンドリング。3リッターモデルの方が好ましく思えたのは、結局、リポーターが「3列シート、7人乗り」のマツダ車を、いわゆる“ミニバン”としてしか見ることができなかったからだ。カーブの続く湖畔の道をMPVでトバすのは楽しかったけれど。

1999年6月のフルモデルチェンジで、2代目MPVは、ミニバンとしての合理性からFR(後輪駆動)を捨て、常識的なFFレイアウトを採用した。その一方で、販売力の弱いブランドとして、MPVの「スポーティ」を訴求した。それはそれでひとつの戦略だけれど、問題は、いつの世もスポーツカーは大して売れないということだ、……いや、そうじゃなくて、疾走する赤いMPVに「スポーツカーですか?」とコピーをかぶせるのは、ちょっとムリがあるんじゃないか、と気楽な部外者は思うわけです。差別化の呪縛にはまっているんじゃないか、と。MPV、名実ともに。

(文=webCGアオキ/写真=望月浩彦/2002年5月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダMPV 23T(FF/6AT)【試乗記】 2006.3.20 試乗記 マツダMPV 23T(FF/6AT)
    ……389万2000円

    V6の印象が強かったマツダのミニバン「MPV」だが、今回は4気筒のみのエンジンラインナップである。高性能版には、直噴ターボが用意された。ドライビングの楽しさと快適な乗り味を両立させた、と謳っている。


  • マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)【試乗記】 2006.3.2 試乗記 マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)
    ……344万6500円/368万8000円

    マルチパーパスヴィークル(MPV)をそのまま車名にした、このセグメントの草分け的存在の「マツダMPV」がフルモデルチェンジ。スポーティなミニバンという差別化を図った新型だが、リポーターは意外なところに注目することになった。


  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る