【スペック】5ドアハッチバック「23S」:全長×全幅×全高=4670×1780×1445mm/ホイールベース=2675mm/車重=1390kg/駆動方式=FF/2.3リッター直4DOHC16バルブ(178ps/6500rpm、21.9kgm/4000rpm)/車両本体価格=230.0万円

マツダ・アテンザ【試乗記】

ゼロから真面目に 2002.06.11 試乗記 マツダ・アテンザ Sport(4AT)/アテンザ セダン2.3&2.0(4AT/4AT)……230.0万円/210万円/200万円2002年5月20日に発表された、マツダ久々のニューモデル「アテンザ」。広島期待の星にして、ワールドカーの試乗会が、神奈川県は箱根で開催された。5ドアハッチバック「Sport」とセダンに、webCG記者がチョイ乗り!
5ドアハッチバック「Sport」のトップグレード、「23S」のインパネ。黒を背景に、文字がオレンジ色で浮かび上がる「ブラックアウトメーター」を採用した。

5ドアハッチバック「Sport」のトップグレード、「23S」のインパネ。黒を背景に、文字がオレンジ色で浮かび上がる「ブラックアウトメーター」を採用した。
使い勝手もウリのアテンザは、セダン、ハッチバックともにトランク容量は大きい。荷室のレバーを引くと、シートバックが倒れると同時に座面が下がり、フラットに荷室をひろげる「カラクリフォールド」が備わる。

使い勝手もウリのアテンザは、セダン、ハッチバックともにトランク容量は大きい。荷室のレバーを引くと、シートバックが倒れると同時に座面が下がり、フラットに荷室をひろげる「カラクリフォールド」が備わる。

世界戦略車

「Zoom-Zoom」のCMもお馴染みになりつつある(?)マツダ。同社が久々に放つニューモデル「アテンザ」が、2002年5月20日にデビューした。ダイナミック性能、スポーティという「マツダのDNA」を体現しながら、パッケージングも優れるミディアムクラスを謳う。

4ドアセダン、「Sport」と呼ばれる5ドアハッチ、そしてワゴンが用意されるアテンザ。日本だけでなく、「MAZDA 6」の名前で、欧州や北米(北米はセダンのみ)でも販売される「世界戦略車」だ。フォードグループで使用される“中型FF車”の、基本となるクルマでもある。だからプラットフォーム、エンジン、サスペンションなどはすべて新設計。マツダのエンジニアは「フォードグループ内で、マツダの技術力をみせつけたかった」と語る。かなり気合を入れてつくられたクルマなのだ。同席していただいた自動車ライター、下野康史さんが聞いたアテンザのベンチマークは、BMW「3シリーズ」やアウディ「A4」などだ。「FRのハンドリングをFFでも実現できるんじゃないかと、今は思っています」。エンジニア氏の発言から、並々ならぬ自信が感じられる。

日本では、2リッター直4と、2.3リッター直4がラインナップされる。ちなみに、ワゴンの発売は少し遅れて、2002年6月24日を予定。さらに1ヶ月ほど遅れて、全車種に4WDが追加される予定だ。FFモデルの4段ATに対し、4WDには5段ATを採用することが、ほぼ決定しているという。



マツダ・アテンザ【試乗記】の画像
2.3リッター直4DOHCエンジン。1750rpm-6000rpmという広い回転域で、最大トルクの90%を発生することは、ジマンのひとつ。グローバルカーらしく、日本はもちろん、欧州や北米の排ガス規制に対応する。

2.3リッター直4DOHCエンジン。1750rpm-6000rpmという広い回転域で、最大トルクの90%を発生することは、ジマンのひとつ。グローバルカーらしく、日本はもちろん、欧州や北米の排ガス規制に対応する。


マツダ・アテンザ【試乗記】の画像

「いいんじゃないの!」

まず、5ドアハッチバック「Sport」の2.3リッターモデルに乗った。リアスポイラーやディスチャージヘッドランプを標準装備し、タイヤは215/45R17&アルミホイールを履くトップグレード「23S」である。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4670×1780×1445mm(セダンは1430mm)、ホイールベースは2675mm。新開発の2.3リッター直列4気筒DOHCは、2リッターとともに「MZR」エンジンと呼ばれるもの。広島、ディアボーン(アメリカ)、チワワ(メキシコ)、バレンシア(スペイン)で製造され、マツダのみならず、フォードグループ全体で採用されるグローバルエンジンだ。オールアルミ製で、吸気バルブタイミングを連続的に変化させる「S-VT」(シーケンシャルバルブタイミング)を採用。178ps/6500rpmの最高出力と、21.9kgm/4000rpmの最大トルクを発生する。2.3リッターのトランスミッションは、シーケンシャルモードを備える4段AT「アクティブマチック」を装備する。
国内のライバルと目される、ホンダ「アコードワゴン」のエンジンは、排気量も形式も同じ2.3リッター直4である。SOHC仕様は、160ps/5700rpmと21.8kgm/4900rpmのアウトプット。DOHC+VTEC仕様になると200psと22.5kgmを発生する。マツダ・アテンザは、VTEC仕様には出力でヒケを取るが、トルクはイイ勝負といえるだろう。

丸をモチーフにデザインされたインテリアは、シルバーのアクセントでスポーティ性を演出。センターコンソール表面をチタン調パネルで覆い、後ろにエアコンやオーディオを搭載する方式は、低コストとデザインを両立させるという、マツダ御自慢のモジュール式。ただ、あまりにメタル調の面積が大きくて、リポーターにはちょっと子供っぽく見えた。

箱根の山道を、カバタさんのドライブで走り出す。走り出した瞬間から、静粛性がすぐれていることに気がついた。助手席に座っていると、ちょっと遠いところでエンジンがまわっているような感覚である。きつい勾配、タイトコーナーが連続する山道を、マニュアルモードでギアを2速にホールドしたまま、高回転をキープして走っていたが、「4気筒エンジンの2次、4次、6次といった基本次数ノイズを残すため、リブの厚さや形状を最適にチューンしました」というエンジン担当エンジニア氏のコトバ通り。不快なノイズはなく、滑らかなエンジン音だけが高まる。

せっかくカバタさんと一緒なので、アテンザの感想を聞いてみたところ、「いいんじゃないの! アシはしっかりしてるし、ステアリングの剛性感も高い。ブレーキのききもいいよ」と、お褒めのコトバが並ぶ。
それを確かめてみようということで、ハンドルを握った。確かに乗り心地はフラットで、路面のバンプをよく動くサスペンションがいなす。コーナーリング中バンプを走り抜けても、アシがバタバタせず安定して駆けぬける。限界挙動に近づくと、オプションで装着される「DSC」(ダイナミックスタビリティコントロール)が介入してクルマの安定性を高めてくれる。DSCの介入が自然だから気がつかないこともあるくらい。まるでコーナリングが上手になった気分だ。ブレーキは利き具合以上に、ペダルの踏み応えがカッチリしていて安心。なるほど、カバタさんのいうとおりである。

2.3リッターのセダン。





「マツダのDNA」

次に、セダンの2.3リッターモデルと2リッターモデルに乗った。ボディサイズは、ハッチバックより全高が15mm低く、車重は50kg(2.3リッターの場合)軽い。タイヤもハッチバックの215/45R17というスポーティサイズでなく、205/55R16。走った印象はハッチバックより、スーっと軽い。
リアシートの居住性は、ハッチバックよりも明らかによかった。足元スペースは両モデルともかわらず、膝をやや伸ばしてくつろげる。ヘッドクリアランスは、セダンの勝ち。ハッチバックの場合、身長176cmのリポーターでは頭が天井につきそうになるし、Cピラーが顔の横にかぶるが、セダンにはそれがない。

2リッターモデルは、2.3リッターよりもさらに乗り心地がよかった。車重は2.3リッターより40kg軽く、195/65R15というタイヤサイズのせいもあって、より軽快なドライブフィール。街で乗るなら、リポーターは2リッターに乗りたいと思った。
エンジンは、144ps/6000rpm、18.6kgm/4500rpmのアウトプット。当然2.3リッターのパワー感はないし、4500rpm以上まわすと振動とノイズが耳につく。しかし、普通に走るぶんには、モタモタしてイラつくようなことはなかった。
2リッターに、アクティブマチックが搭載されないのは残念だった。アクティブマチックのマニュアルモードは、レバー操作に対するレスポンスがとてもよく、さらに回転があがってもギアを勝手にアップしたりしない。あくまで「マニュアル」感覚なのである。しかし2リッターの4段ATは、Dレンジ以外に、Sモードとローレンジしか選べない。学習機能により、ドライバーの癖にあわせたシフトワークをするはずなのだが、Sモードに入れてもあまり変化が感じられなかった。トランスミッションを担当したエンジニア氏によると「普通の方は、ほとんどDレンジでしか走らない」ので、シフトプログラムの改良に重点を置いたというが。ちなみに、待望(?)の5段ATは4WDに採用されることがほぼ決定。さらに、MT車の導入も検討されているという。「シフトチェンジは自分の手足で」という守旧派には、嬉しいニュースといえよう。

アテンザは総じて、「いいんじゃないの!」だ。エンジンはトルキーで、しかもよくまわる。ハンドリングも静粛性もすぐれる。いかにもゼロから真面目につくられたクルマ、といった感じだ。ただ、「マツダのDNA」として喧伝される“スポーティ”が、湧き出るほどではなかったけど。

(文=webCGオオサワ/写真=清水健太/2002年6月)

関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD(FF/6AT)/アクセラセダン22XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.18 試乗記 「マツダ・アクセラ」がマイナーチェンジを受け、1.5ディーゼル搭載の「15XD」が登場。また、さらなる人馬一体感を実現する「G-ベクタリングコントロール」が採用された。注目の「15XD」と、2.2ディーゼルの「22XD」に試乗した。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る