【スペック】全長×全幅×全高=4550×1695×1590mm/ホイールベース=2720mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(154ps/6500rpm、19.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=209.8万円(テスト車=218.3万円)

ホンダ・ストリームiS(5AT)【ブリーフテスト】

ホンダ・ストリームiS(5AT) 2000.10.31 試乗記 ……218.3万円 総合評価……★★★

美しいルーフラインは誰のため

光のなかからサイドウウィンドウが浮かび上がるTVコマーシャルが印象的なストリーム。ストレッチしたシビックのシャシーに、「ドルフィンフォルム」のボディを載せる。かつての「シビックシャトル」を思うと、たしかに「スタイリッシュミニバン」。
2リッター「i-VTEC」+5ATの新開発ドライブトレインは、スムーズだけれど、ちょっぴりトロい。各所が補強されたボディと硬めの足で、コーナーでも腰砕けなし。よくチェックされたロールは安心感高し。
すっきりした足元の前席。240mmのスライド量を誇る「王様の」2列目シート。シビックゆずりのフラットフロアのおかげで、3列目は……、まァ「責め苦にならない広さ」とはいえましょう。低い座面と迫った天井がうらめしい。美しいルーフラインは誰のため?

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2000年10月26日にデビューしたシビックシャトル改め「ストリーム」。シビックのシャシーを100mmストレッチした2720mmのホイールベースに、3列シート、7人乗りの「ドルフィンフォルム」ボディを載せたピープルムーバーである。1.7リッター、2リッターモデルがあり、いずれにもFF、4WD車が用意される。トランスミッションは、4AT(1.7リッター)と同スポーツモード付き(2リッター4WD)、5AT(2リッターFF)の3種類。
(グレード概要)
iSは、ストリームの最上級グレード。iLと比較すると、スポーティグリル、アンダースポイラー類ほか、革巻きステアリングホイール&シフトノブが追加装備される。 

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
ブラックを基調に、ドアの内張やシートのサイドにバックスキン調の生地をあしらった「洒落た」インテリア。センターコンソールの黒いカーボン調パネルも自然にとけこむ。ジグザグゲイト+シーケンシャルモードをもつシフターは、ステアリングホイールから近く、使いやすい。
(前席)……★★★
ザックリした触感の、柔らかく、クッション感の高いシート。座面は角度調整用ダイヤルを備えるが、前後長が短く、体重が後にかかりがちなのが気になる。2リッターモデルは、排ガス浄化用キャタライザーが大きいため、低いセンタートンネルが床を縦貫する。
(2列目シート)……★★★★
ミニバンの特等席。足元、頭上とも文句のないスペース。3列目にヒトをのせるために、前方にスライドさせても、前席の座面下が大きく開いているため、足先を入れることができ、足元の狭さを緩和できる。なぜか前席と同じく、座面が短めなのが減点ポイント。
(3列目シート)……★★
薄型燃料タンクの採用、マフラーの取り回しを工夫することで実現したフラットフロアの恩恵で、実用に耐える3列目シート。とはいえ、座面が低いため、足を折り曲げる必要あり。ヘッドクリアランスもギリギリ。背もたれをリクラインさせても、ルーフラインが下がっているため、あまり逃げられない。伸ばしても後頭部に達しないヘッドレストも不満点。
(荷室)……★
人員運搬が、物品輸送かの二者択一を迫られる荷室。それでも、床面最大幅130cm、奥行き35cm、天井までの高さが80cmあるから、日常の買い物を積むには困らないだろう。3列目シートを畳むと、奥行き105cmのラゲッジスペースが生まれる。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
2リッター「i-VTEC」は、「低速」「高速」用のカムをもつほか、「低速」カムの位相(角度)を連続的に変化させる機能をもつ。さらに可変吸気システムを合わせ、「省燃費」「排ガスのクリーン化」「出力」をバランスよく満たしたという。新開発の5段ATが組み合わされる。ノイジーではないが、ココロ躍ることもないエンジン。154ps、19.0kgmと、立派なスペックをもつものの、走りはじめの加速が緩慢で、スロットルレスポンスが鈍いのが気になった。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
ハッチゲイトが広い開口部となるため、車体後部を中心に、入念に補強が施されたボディ。シビックゆずりのシャシーながら、リアには四角形のビームが吊され路面からの入力をしっかり受けとめる。フロント部では、特に2リッターモデルは頭が重いため、ダンパー取り付け部にガゼットを当てて強化、補強材を横にわたすなど、剛性の確保に意が払われた。視点が高いことをのぞけば、セダンばりのコーナリングを見せるミニバン。乗り心地は、「7人乗り」が考慮されたため、硬い。

(写真=河野敦樹)

【テストデータ】

報告者: web CG 青木禎之
テスト日: 2000年10月30日
テスト車の形態: 広報車
テスト車の年式: 2000年型
テスト車の走行距離: 1177km
タイヤ:(前)195/65R15 91H(後)同じ(いずれもDunlop SP Sport230)
オプション装備: プレミアムサウンドシステム(MDプレイヤー+6連奏CDチェンジャー&ラジオ+7スピーカー)
テスト形態: ロードインプレッション(プレス向け試乗会)
走行状態:市街地(4):山岳路(6)
テスト距離: --
使用燃料: --
参考燃費: --

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ストリームの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る