【スペック】全長×全幅×全高=4285×1695×1495mm/ホイールベース=2680mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4SOHC16バルブ(105ps/5800rpm、14.2kgm/4200rpm)/車両本体価格=154.8万円(テスト車=167.8万円)

ホンダ・シビックiE Lパッケージ(CVT)【ブリーフテスト】

ホンダ・シビックiE Lパッケージ(CVT) 2000.11.03 試乗記 ……167.8万円総合評価……★★★

近未来のイモムシ

アッと驚くミニバンルックで登場した7代目シビックのハッチバックモデル。ひとまず5ドアだけなのも意外だが、MM(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想への回帰を掲げ、「スポーティ」を脱ぎ捨てたことに、一抹の寂しさも。
イモムシのような、しかしクリーンなラインのボディスタイルは、「あ、新しいシビック!」と街なかでの注目度なかなか高し。
ドアを開ければ、なるほど広い。ノペッとしたフラットフロアが新しい。グレー一色のインパネまわりは、近未来の殺伐さ。
ヒーンというCVTのかすかな唸りを聞きながらドライブすると、気になるのは「EPS」と呼ばれる電動パワステの不自然さ。アシストの増減も、中央に戻る反力の弱さも、前輪が遠くに感じられて、イヤだ。が、これも来るべき電気自動車時代への備えかも。ドライブフィールも近未来のイモムシだ。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2000年9月に登場した7代目シビック。ミニバン風に変身した5ドアハッチと、保守的な4ドアセダン「フェリオ」がまずデビュー。MM思想(マン・マキシマム、メカ・ミニマム)を継承したという「スマートコンパクト」が開発テーマ。1.5リッターVTEC「リーンバーン」ユニット(105ps)をメインに据え、1.5VTEC(115ps)、1.5SOHC(105ps)、1.7VTEC(130ps)と、4種類のエンジンをラインナップ。トランスミッションは、5ドアに4ATかCVT、フェリオにはさらに5MTが用意される。FFのほか、4WDもある。
(グレード概要)省燃費モデル「iE」は、パワステ、パワーウィンドウ、電動ドアミラー、オートエアコン、キーレスエントリーなど、本革仕様が選べないこととタイヤがひとまわり小さい鉄チンホイールであること以外は、1.7リッターの「X」と装備面で遜色はない。
ノーマルより5.0万円高の「Lパッケージ」は、ドアミラーが電動格納式になるほか、マイクロアンテナ、運転席ハイトアジャスター、リアアームレスト、リアリクライニング機能などが追加装備される。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
シフターをセンターコンソールに配して手の動きを少なくし、かつジグザグゲイトの採用で、明確にギアチェンジできるよう工夫されたインパネ。実際、使いやすい。それにしても、灰色一色の室内はなんとかならんのでしょうか。樹脂、トリム類の質感の低さも気になる。リサイクル性を優先したためか。
(前席)……★★
低めの着座位置。フラットなフロアは、たしかに新鮮。足元スッキリ、広々感あり。しかし、シートそのものは、平板かつ腰のない座り心地。クッションが薄い感じ。バックレストの控え目なサイドサポートは、意外に有効。
(後席)……★★★★
前席より居心地のいい後席が、シビックの変化を如実に物語る。足元、頭上ともスペースに申し分ない。後ろまで延びたルーフも、真夏にはありがたかろう。バックレストは、2段階のリクライニング機構付き(Lパッケージ)。
(荷室)……★★★
最大床幅130cm、奥行き80cm、パーセルシェルフまでの高さが50cm。後部座席の居住性を重視したためか、ラゲッジスペースはカローラセダンに一歩届かない。後部座席は、ダブルフォールディング可能な分割可倒式。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
低回転時に吸気バルブのひとつを休止させ、シリンダー内に混合気のスワール(縦渦)を発生させて、希薄燃焼を可能にした燃費指向型VTECユニット。とはいえ、「食うモノ食ってない」非力感がないのが立派。ホンダマルチマチックSことCVTは、エンジン回転数と増速感のギャップが少なく、つまり自然になった。街なかでは発進加速がよく、またエンジンブレーキがよく効く。低めのギアっぽいマッピング、とでもいいましょうか。乗りやすい。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
汎用タイヤのせいか、硬い乗り心地。長いホイールベースの恩恵で高速道路での安定性は高いが、道路の継ぎ目などでは、ゴツゴツとした突き上げあり。もちろん、路面の悪い一般路でも。リアサスは、このクラスでは珍しいダブルウィッショボーンの独立式。とはいえ、ハンドリングは落ち着いた地味なもの。タックインも控え目で、「ハンドルで曲がる」タイプだ。

【テストデータ】

報告者:web CG 青木禎之
テスト日:2000年10月27日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:6137km
タイヤ:(前)185/70R14 88S/(後)同じ(いずれもブリヂストン B381)
オプション装備:アルミホイール+MDチューナーほか+Lパッケージ(電動格納ミラー+プライバシーガラス+マイクロアンテナ+運転席ハイトコントロール+後席リクライニング+後席アームレスト+スポットライト)=計13.0万円
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(6):山岳路(1)
テスト距離:294.5km
使用燃料:31.0リットル
参考燃費:9.5km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・シビック Siプロトタイプ 2016.11.24 画像・写真 本田技研工業はロサンゼルスショー2016(開催期間:2016年11月14日~27日)で、北米向け新型「ホンダ・シビック」シリーズのスポーティーモデル「シビック Siプロトタイプ」を展示している。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る