【スペック】全長×全幅×全高=4680×1720×1405mm/ホイールベース=2665mm/車重=1330kg/駆動方式=FF/2.2リッター直4DOHC16バルブ(220ps/7200rpm、22.5kgm/6700rpm)/車両本体価格=253.3万円(テスト車=282.6万円)

ホンダ・アコード ユーロR(5MT)【ブリーフテスト】

ホンダ・アコード ユーロR(5MT) 2001.01.11 試乗記 ……282.6万円 総合評価……★★★★

ホンダミュージック鳴りやまず

ユーロ「R」は大人の「R」。ノーマル・アコードより200ccの余裕。Recaroシートが、やんわりとドライバーの肩を抱く。
SiRの2リッターユニットより40psアップの220psVTECは、しかし、オートマ免許を受け付けない。ユーロRは、5MTモデルのみ。リッター100psの心臓は、マニュアルシフトでダイレクトに味わってほしいということか。
強化されたクラッチと低められたギアをもつユーロRは、ズボラな操作には、ギグシャクして抗議する。丁寧に運転しよう。
1速で60km/h、2速で100km/h、3速で140km/hまで、あっけなく加速。硬いが、ハーシュを抑えた高速巡航は「見事!」の一言。
峠に至れば、クロースレシオの本領発揮。ハイカムサイドを維持して走れば、常に鳥肌の立つエンジンサウンド。ホンダミュージック鳴りやまず。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1997年9月にフルモデルチェンジを受けたアコードは、「北米」「欧州」「日本」と、スタイリングを分けたホンダの戦略モデル。国内では、姉妹車「トルネオ」と、「アコードワゴン」が同時に発売された。4ドアセダンのパワーソースは、1.8リッター(140ps)、2リッター(150psと148ps)のシングルカムユニットと、2リッターツインカム(180ps)、そしてユーロRの2.2リッターDOHCがラインナップされる。FFのほか、四駆モデル有り。
(グレード概要)
ユーロRは、2000年6月にマイナーチェンジにともなって追加された、アコードのホッテストバージョン。2リッターツインカムの「SiR」は4ATだけだが、ユーロRは5MTのみ。専用空力パーツ、MOMO社製ステアリングホイール、ホワイトメーター、Recaroシート、専用アルミホイールなど、スペシャルパーツ盛り沢山。  

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
大きく見やすい速度計をドライバー正面に、ナビゲーションシステムのディスプレイをセンターコンソール上部に配した機能的なインパネまわり。アルミ製シフトノブとカーボン調コンソールパネルが気分を盛り上げる。
(前席)……★★★
レカロ社製バケットシートを標準で備える。ホールド性は文句なしだが、着座位置がすこし高くなるので、膝下が短いドライバーには不満が残ろう。内装全体が「ブラックメタリック」で統一されるため、カーボン調パネルに「とってつけた感」がなくなった。
(後席)……★★★
座面をやや短く、背もたれを寝かし気味にして空間を稼ぐ後席。とはいえ、じゅうぶん実用的だ。気になるのはバックレスト一体型のヘッドレストで、高さがたりず、これではいざという時、頭部を支えてくれまい。
(荷室)……★★★★
左右からの出っ張りが少なく、床面も平坦で使いやすそうなトランクルーム。奥行き150cm、最大幅138cm、高さ52cmの数値以上に広く感じる。トランクスルー機構あり。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★★
11:1の高圧縮比、ヘッドポート研磨、さらに吸排気系にリファインを受けた、いわば量産「メカチューン」ユニット。欧州アコード・タイプR+7psの220psを発生、リッター100psを達成した。低排圧キャタライザー、ツインサイレンサーの採用で「抜け」をよくしていることも見逃せない。出力増大に合わせて強化されたクラッチ、クロースレシオ化された5段ギアボックスをもつ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
ダンピングの効いた、しかし直接的な突き上げを許さない優れた乗り心地。高速道路での路面のうねりにもみごとに追従。「曲がり」では、タイヤのグリップだけに頼らず、サスペンション全体で路面を掴んで離さない。フロントLSDも有効だ。惜しむらくはEPSと呼ばれる電動パワーステアリングで、3段階にアシスト量を調整できるが、いずれもグニョとした不思議なフィール。さらなるシステムの熟成と、ドライバーの慣れが求められる。

【テストデータ】

報告者: web CG 青木禎之
テスト日: 2000年10月16日
テスト車の形態: 広報車
テスト車の年式: 2000年型
テスト車の走行距離: 7059km
タイヤ: (前)205/50R16 87V/(後)同じ(いずれもブリヂストン Potenza RE010)
オプション装備: BOSEサウンドシステム+トランクスポイラー/ナビゲーションシステム(計29.3万円)
テスト形態: ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(6):山岳路(2)
テスト距離: 287.2km
使用燃料: 36.8リッター
参考燃費: 7.8km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アコードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 第4回:究極のATSセダンの実力は?(最終回)
    キャデラックATS-Vに試乗する
    2016.11.24 特集 2カ月にわたってお届けしてきた「キャデラックATSセダン」の長期試乗記もいよいよ最終回。今回は470psを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン搭載のスーパーセダン「ATS-V」の走りをリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 2016.11.17 画像・写真 FCAは2016年11月16日、LAショーで新型SUV「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」を発表した。今回は2.9リッターV6ツインターボエンジン(510ps)を搭載する4WDモデルの「ステルヴィオ クアドリフォリオ」が公開された。
ホームへ戻る