【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1610mm/ホイールベース=2360mm/車重=920kg/駆動方式=4WD/0.66リッター直3SOHC12バルブ(64ps/6000rpm、9.5kgm/4000rpm)/車両本体価格=143.5万円(テスト車=147.0万円/CDプレイヤー)

ホンダ・ライフダンク TR 4WD(3AT)【試乗記】

『カウチでダンク』 2001.01.12 試乗記 ホンダ・ライフダンクTR(3AT)……147.0万円2000年12月20日、ホンダの軽乗用車「ライフ」のターボ版、「ライフダンク」が登場した。明けて2001年1月11日、ダンクのプレス向け試乗会が、千葉県は幕張で開催された。バスケットの選手になるには身長の足りないスタッフが現地に赴いた。

ターボ+3AT

「世紀を振り返る」企画目白押しで霞んでしまったが、2000年のビッグニュースのひとつは、まちがいなくホンダが自動車販売台数で日産を抜いたことだろう。「約75.5万台」対「約73万台」。ただし軽自動車を含めて。
「軽」をもたない日産に較べ、ホンダは約30万台を販売台数に加えることができた。その6割を、「ちょっと背高」のライフが占めたという。「ほどほどの背の高さが消費者に受けた」と、ホンダのエンジニアの方は語る。「ただ、ここはチョット……、というところもあったんです」。

つり目になったヘッドライトと網目のグリルが可愛く勇ましい「エクサイティングミニ」ことライフダンクのキャッチフレーズは、「Turbo、Dunk、Honda.」。ナンのコッチャ?

従来、NA(自然吸気)のみだった656cc直3シングルカムユニットに、空冷インタークーラー付きターボチャージャーを付与、14psと3.3kgmアップの、最高出力64ps/6000rpmと最大トルク9.5kgm/4000rpmを獲得した。発生回転数が、いずれもNAより下がっているのが、エライところである。そのうえ、ターボ車にもかかわらず、平成12年排出ガス規制のHC(炭化水素)、NOx(窒素酸化物)規制値を50%以上下回る「優-低排出ガス」認定を取得したのがジマンだ。
組み合わされるトランスミッションは、3段ATのみ。増大したアウトプットに合わせ、各ギアのレシオが高められた。


グレード上がった室内

室内は、黒基調でまとめられた。革巻き3本ステアリングホイール、速度計と同径のタコメーターが、スポーティ。「オートマなのに」なんてヤボは、言いっこなしか。メタリック塗装のセンターパネルも手慣れた感じ。コラムシフトのため、足もと左右がスッキリしている。

「これはナカナカ……」と感心したのがバケット風のスポーティシートで、ホールド性云々よりも、クッションがたっぷりしていて、ちょっと贅沢な座り心地だ。「軽」を感じさせない。シルバーのファブリックを中央に、「トリコット」と呼ばれるバックスキン調の生地が左右に使われるのも、洒落ている。
「インテリアはユーザーからの要望が多かった」そうで、ライフで「ビニールみたい」と不評だったヘッドレストは、トリコットに変えられた。

後席は、背もたれの角度を調整できるほか、分割可倒式のバックレストを倒し、座面を前にズラすことで、前席後端までフラットな荷室が現出する。
ただ、純粋なリアシートとしては、あまり感心せなんだ。ヘッドクリアランスは存分にあるが、座面の長さが短いので、長く座るのはツラかろう。

ダンクはしっかり

スズキのKeiスポーツを乗ったときもそうだったけれど、ステアリングホイールを握って走り出すと、「軽ってなんだろう」と思う。ホンダ・ライフダンクは、力強く、グングン進む。等長ドライブシャフトのため、かつての「64ps軽ターボ」のように、「ドコ行っちゃうの?」感はまったくない。

足まわりには、NAモデルより太いアンチロールバー、レイトを上げたダンパー、スプリングが使われる。しかし、スポーティな「硬いサスペンション」というよりは、「頼りなさを取り去った」もの。しっかりとした乗り心地だ。

ホンダの3気筒は、モーターのように軽くスムーズ。スロットルペダルを踏み込むと、7000rpmのレブリミットまでキッチリ回り、シフトする。
3ATのため各ギアの守備範囲が広く、すこしでも「走り闊達」の宣伝文句通り走ろうとすると、エンジン回転数は上がりがち。そのため、エンジンマウントを工夫し、防音材の配置を考えて「静粛性に配慮」したとはいえ、絶対的にはウルサイ。

「スポーツモデルなのに、なぜMTがないんですか?」と、エンジニア氏に旧弊な質問をすると、「需要がないんです」というツレない答え。「ターボモデルを買う方は、フル装備を求める人が多い。最上級グレードですから」とも。
自らコートを走るより、カウチでテレビのダンクを見る、といったところか。ダンクのシートはセパレートだけど。
「一番安いモデルが121.5万円。トヨタ・ヴィッツが買えますね」と意地悪な問いには、「最初は高くても、諸経費・維持費を考えれば、とユーザーの方は考えるのでしょう」とまっとうな回答。
ホント、軽っていったい……。

(文=webCG アオキ/写真=阿部ちひろ/2001年1月11日)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • 「ホンダN-ONE」に「N360」生誕50周年を記念した特別仕様車 2016.11.10 自動車ニュース 本田技研工業は2016年11月10日、軽乗用車「N-ONE」に特別仕様車「SS(スズカスペシャル)ネオクラシックレーサーパッケージ」を設定し、11月11日に発売すると発表した。価格は179万8000円で、2017年10月31日までの生産分で受注終了となる。
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
ホームへ戻る