【スペック】全長×全幅×全高=3830×1675×1525mm/ホイールベース=2450mm/車重=990kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4SOHC8バルブ(86ps/5700rpm、12.1kgm/2800rpm)/車両本体価格=114.5万円

ホンダ・フィットA(CVT)【ブリーフテスト】

ホンダ・フィットA(CVT) 2001.07.03 試乗記 ……114.5万円総合評価……★★★★

「我慢して」はなし

ホンダ・フィットは「現代のチンクエチェント」である。つまりミニマムトランスポーテーションのあり方を、現代的に翻訳したものだ。「ミニマム」といっても、今では犠牲や諦めとの妥協の産物ではない。3.83mの全長と1.68mの車幅をもち、重量は1トンそこそこ(980から1070kg)。エンジンは、1.3リッターの水冷4気筒となり、86psもある。かつての小型車と比べての明らかなアドバンテージとして、リッター当たり23kmも走る低燃費と、クリーンな排ガス、そして衝突安全対応のボディがある。
だからこのフィットに乗って、不満な箇所は何もない。CVTによるオートマチックは高効率であるばかりか、高性能であり、ドライブする楽しさもある。室内も十分に広い。エネルギーや環境問題に対する究極的で現実的な答えは「軽量な小型車」にある、ということは承知していても、一度大きくて楽なクルマを経験してしまうと、なかなか切り詰めることは難しい。だが、このフィットならば、我慢して……ということなしに、むしろ小型ゆえのフットワークの良さを積極的に楽しみたくなる。


【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
2001年6月21日に登場した、ロゴの後継モデルにあたる、ホンダのまったく新しい小型車。5ドアボディに1.3リッター+CVTのみというシンプルな構成。ストリームに初搭載された2リッター「i-VTEC」に続く、iシリーズ第2弾「i-DSI」ユニットを積む。燃料タンクを前席下に置き、荷室の低床化と、後席アレンジの多彩化を実現した。
(グレード概要)
トリムレベルによって、簡素な「Y」中間の「A」豪華装備の「W」と、3つのグレード構成。いずれにも、FF、4WDモデルが用意される。テスト車の「A」を「Y」と比較すると、「パワーウィンドウ」「パワードアロック」「キーレスエントリー」といった便利装備や、CD付きラジオなどが装着される。外観上では、ドアハンドルがボディ同色となり、ホイールにフルカバーが付く。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
CVTはギア比の設定がプログラム済みなので、ドライバーがエンジン回転を管理する必要などあるとは思えない。それでも、ちゃんとタコメーターを備える。燃費計まである。ダッシュボードはハンドルも含めて幾何学的なシボで処理され、スッキリしているし手触りも良い。豪華ではないが安っぽさのないインテリアである。
(前席)……★★★★
サイズ、形状ともたっぷりしており、クッションはしっとりして腰がある。表皮も滑りにくい材質。周辺の空間も確保されていて窮屈な感覚はない。ランバーサポートの調整機構はないが、シートバック形状は適切に腰の部分が盛り上がっている。ドアポケットやカップホルダーの類も完備。
(後席)……★★★★
サイズや空間的な余裕は前席と変わらない。特に天地方向たっぷり。ダブルアクションで折り畳めるタイプにしては座り心地も良好。畳む操作も簡単でいい。前席フロア下に収納した燃料タンクにより、後席用のフットレスト出現。爪先を上げて突っ張れるので乗っていて楽。バックレストは2段階のリクライニング可能。座面を背もたれ側に跳ね上げると、リアシート前のフロア上に1280mmまでの背の高いモノを積める。
(荷室)……★★★★
サスペンションの張り出しがなく、フロアはフラットで使いやすい。このクラスでは得難い広さが確保される。後席のバックレストを前に倒すと、座面が沈み込んで、背もたれの裏がラゲッジフロアと水平につながる。前席を倒せば、2.4mの長尺物も積める。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
軽量コンパクトがジマンの新開発1.3リッター「i-DSI」を搭載。インサイトゆずりのコンパクトな「SOHCヘッドメカニズム」「燃焼室」とあわせ、2本のスパークプラグの点火タイミングをコントロール、高出力と省燃費を両立させた。エンジンは、5000rpm以上になるとさすがにウルサイが、常用域は2500rpm前後。最大トルクの発生回転数は、2800rpmに設定されるから、使い勝手はいい。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
乗り心地が硬めなのは悪いことではないが、フラット感に欠けるのが残念。上下に揺すられるヒョコヒョコした動きが疲れを呼ぶ。サスペンションのアーム長はけっして短くないので、ダンパーのチューニング如何で、改善の余地はある。コーナリング時のロールは少ないが、一方、高い重心高ゆえ、コーナーインの際につんのめるような不自然さあり。配慮がたりない。シートはホールド良好。パワーステアリングが軽いのはいいが、アシストが過敏。直進時にも終始ステアリングホイールに左右方向へのトルクがかかるので、落ち着かない。

【テストデータ】

報告者:笹目二朗
テスト日:2001年6月29日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2001年型
テスト車の走行距離:--
タイヤ:(前)185/55R16 81V/(後)同じ
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4):高速道路(6)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る