【スペック】全長×全幅×全高=3395×1475×1620mm/ホイールベース=2360mm/車重=830kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3SOHC12バルブ(52ps/7200rpm、6.2kgm/4500rpm)/車両本体価格=103.4万円(テスト車=124.9万円)

ホンダ・ザッツ(FF/3AT)【ブリーフテスト】

ホンダ・ザッツ(FF/3AT) 2002.02.21 試乗記 ……124.9万円総合評価……★★★

ザッツ、“mono”感

販売好調つづく「ライフ」はそのままに、同車のコンポーネンツを活用して登場した「あれだッ」ことニュー軽が「That's」。身のまわりの“モノ”感が開発コンセプト。四角く角が丸い「ラウンドスクエア」なカタチは、軽自動車の限られた寸法内で最大の居住空間を得る、という機能要件より、むしろ「シンプル」で「さりげない」「力強さ」を訴えるデザイン面からの要求。ライフより+15mm車高が高いのも、ルーフを“視覚的に平らに見せる”ため、緩いアーチをつけた結果だ。
高い着座位置のシートに座れば、立ったピラー、垂直に近いサイドパネル、そして大きな面積のグラスエリアで広々感いっぱい。外と内を仕切るサイドシルをなくし、FFの特性を活かしフロアをフラットにして、さらに内壁側面と天井の間にカドをつけて境を明確に……と、“ワンルーム感覚”を出すため天地に小技を利かせる。ミニバンで立つ自動車メーカーとして車内……というか、室内の研究に余念がない。
一方、「0.66リッター直3+3段AT」といった機関部は、ライフからのキャリーオーバー。まあ、大事なのは“mono”感ですから。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
「That's」は、2002年2月8日から発売が開始された軽自動車。「さりげなく使える日常的な身のまわりのモノ」をコンセプトに開発された。ライフのプラットフォーム、ドライブトレインに、「ラウンドスクエアデザイン」を謳う、四角く角が丸いボディを載せる。エンジンは、0.66リッター直3NA(52ps、6.2kgm)と同ターボ(64ps、9.5kgm)の2種類。いずれも3段ATと組み合わされる。FFのほか4WD車あり。7色のボディペイントほか、「クリオネシルバーメタリック」をベースに、バンパーの色を変えた2トーンカラーも7種類用意される。
(グレード概要)
ザッツのグレード構成はシンプルだ。NA、ターボとも、FFと4WD(いずれも12.0万円高)の2種類。室内装備に違いはない。機関面での差異は、FFモデルは前後にスタビライザーを装備するが、4WDはフロントのみということ。テスト車のザッツ(FF)は最もベーシックなモデル。ただし、タイヤはオプションの13インチホイールを装着したことにより、素の「145/80R12 74S」から「155/65R13 73S」にアップしている。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
「テーブルに置かれたパソコン」をイメージして仕上げられたインストゥルメントパネル。シンプルで見た目すっきり。大きな速度計、わかりやすいセンターパネルのスイッチ類、インパネ下に横断したモノ入れと、使い勝手はいい。デザインされたシフトレバーもカワイイ。が、ディンプルが穿たれたフェイシア、光沢感あるシート地、黒と銀でまとまられたインテリアカラー、なぜか「コンクリート打ち放し」という80年代のキーワードが、リポーターの頭には浮かんでくる。
(前席)……★★★★
ホンダ車には珍しく(?)座り心地のいいシート。座面、背もたれともサイドが柔らかく盛り上がっているのがイイ。クッションも工夫され、むやみにオシリが沈まない。「スペースファブリック」と名付けられたシート地は手触りクール、かつ滑りにくいのが立派。サイドシル(ドア下端部のフロアの段差)がないため、すんなり足先を車外に出せるのもThat'sの長所。高張力鋼板を車体側面(ほか)に採用、ボディ剛性が確保できた恩恵だ。
(後席)……★★
ザッツの後席は、“プライベートルーム”のモノ置きスペース。シート貧相。座面は短く平板、バックレストも平らで高さが足りず、ヘッドレストも頼りない。背もたれはリクライニング可能で、足先は前席下に入れられ、ヘッドクリアランスはありあまるほどあるのだが……。
(荷室)……★
床面最大幅88cm、奥行き50cmと必要最小限なラゲッジルーム。ワンルームのクローゼットは、こんなもんでしょ。後席は分割可倒式。座面を前方にズラして沈めることで、前に倒した背もたれと荷室床面の段差を最小限にすることが可能だ。その場合、120cmほどの長尺モノも搭載可能。ちなみに、天井までの高さは約1m。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
52ps/7200rpmの最高出力と6.2kgm/4500rpmの最大トルクを発生する3気筒ユニット搭載。3段ATは街乗りに焦点を絞ったギア比を選択。普通に走ると、アウトプットにじゃっかんの余裕を残した3000から4000rpmが多用される。必要十分な動力性能。カムの形状に手を入れたシングルカムエンジンは絶対的には静かとはいえないが、軽自動車としての許容範囲内。気になったのはトランスミッションで、すくなくともテスト車は「ヒーン」という高周波のノイズが常に耳に届いた。高速道路にのると、100km/hでのエンジン回転数は5000rpmを越えるが、なにしろピークパワー発生ポイントが高いから、まだまだ余力を残した巡航だ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
乗り心地はしっかりしているが、サスペンションのストローク感がいまひとつ。ときに上下にヒョコヒョコする感じあり。ライフよりフロントを硬め、スタビライザーの径も太くして「回頭性より"ゆったり感"を出した」そうだが、街なかではよくわからなかった。ハードコーナリングはもとよりザッツの得意とするところではないが、それでも変にツッぱらず、ストローク感ないなりにプログレッシブにボディが傾き、挙動に破綻がないのはサスガ。前マクファーソンストラット、後トーションビーム(+パナールロッド)の足まわりは、形式が同じライフの熟成版といったところか。

(写真=河野敦樹)

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2002年2月19日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2002年型
テスト車の走行距離:1459km
タイヤ:(前)155/65R13 73S(後)同じ(いずれもヨコハマ A201)
オプション装備:プライバシーガラス、上級オーディオ、13インチアルミホイール、ABS、Aパッケージ(オートエアコン+ボディ同色電動格納式リモコンドアミラー+昼夜切換ルームミラー+運転席側バニティミラー付サンバイザー)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4):高速道路(5):山岳路(1)テスト距離:262.6km
使用燃料:22.3リッター
参考燃費:11.8km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • 「ホンダN-ONE」に「N360」生誕50周年を記念した特別仕様車 2016.11.10 自動車ニュース 本田技研工業は2016年11月10日、軽乗用車「N-ONE」に特別仕様車「SS(スズカスペシャル)ネオクラシックレーサーパッケージ」を設定し、11月11日に発売すると発表した。価格は179万8000円で、2017年10月31日までの生産分で受注終了となる。
  • ホンダ・シビック Siプロトタイプ 2016.11.24 画像・写真 本田技研工業はロサンゼルスショー2016(開催期間:2016年11月14日~27日)で、北米向け新型「ホンダ・シビック」シリーズのスポーティーモデル「シビック Siプロトタイプ」を展示している。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る