三菱ランサーセディアSE-R(CVT) vs 日産プリメーラセダン1.8Ci LセレクションNEO Di(CVT)【ライバル車はコレ】

地味系正調セダン対決(8/15) 2000.08.15 試乗記 豊富な内容を誇るweb CG 新車データベースのなかの人気企画「ライバル車はコレ」。web CG が選ぶ、三菱ランサーセディアのライバルは?
 

三菱ランサーセディアSE-R(207.3万円)のライバルは?

2000年5月にデビューしたランサーセディア。1.8、1.5リッター、2種類のエンジンが用意され、いずれも新開発のCVTが組み合わされる。SE-Rは、ラグジュアリー系セディアの最高峰。定着した感のあるRV人気の影にひっそり咲く正調セダン、北米、台湾ほかに輸出される国際派ランサーに敬意を表して、ライバルとして日産の欧州調セダンを選んでみた。


 
三菱ランサーセディアSE-R(CVT) vs 日産プリメーラセダン1.8Ci LセレクションNEO Di(CVT)【ライバル車はコレ】

プリメーラセダン1.8Ci LセレクションNEO Di(CVT)……198.1万円

■目には見えねど、目に見える進歩。

ハンドリングの良さに「欧州車のクローン」とまで揶揄された初代を継いで、現行プリメーラが登場したのは1995年。97年にワゴンボディの追加、1.8リッターを新型QGエンジンにかえCVTを組み合わせるなど、ビッグマイナーチェンジが施されたが、モデル末期であることに変わりはない。
一方のランサーセディアは、パリパリのニューモデル。近年まれなほど、真面目に四角い。とはいえ、プリメーラと並べてどちらが新しいのかよくわからないのは、いかがなものか。

広い室内空間を内包する地味な外観とはうらはらに、すばらしい足まわりをもつのは両者共通。リアサスに、横剛性の確保(とコストダウン)を目的とした半独立式マルチリンクビームを採用したプリメーラの方が、スロットル操作に対する反応は敏。コントローラブルだ。セディアも軽快だが、安定志向。
基本性能に大きな時間差は感じなかったが、決定的な違いはCVTのデキ。33年に最初の特許が北米で登録された、決して新しくはない技術だが、燃費向上に有効とここのところ進歩が急だ。省燃費に振られたプリメーラのそれは、長所を活かそうとやたらと高いギアを使いたがるが、セディアの方は、より自然。ソフトウェアの面でも、明らかに進んでいる。

(web CG アオキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランサーセディアワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ランサーセディアワゴン T-Touring & Rallyart Edition(4AT)【試乗記】 2001.6.7 試乗記 三菱ランサーセディアワゴンT-Touring /Rallyart Edition(4AT)
    ……189.8/209.8万円

    2000年11月の発表以来、月平均3100台(2001年4月まで)を売る好調ランサーセディアワゴン。2001年5月29日に、1.8リッターGDIターボモデル「T-Touring」が加わった。自動車ジャーナリスト、森 慶太が報告する。


  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱「ランサーセディア」にスポーティな特別仕様車 2002.6.3 自動車ニュース 三菱自動車は、「ランサーセディア」と「ランサーセディアワゴン」に、スポーティさを演出した特別仕様車「スポーツエディション」を設定、2002年5月29日に発売した。さらにランサーセディアに新グレードを追加し、同日販売を開始した。
  • 三菱「ランサーセディア・セディアワゴン」を改良 2003.2.27 自動車ニュース 三菱自動車は、「ランサーセディア」「ランサーセディアワゴン」を大幅改良し、2003年2月26日から販売を開始した。
ホームへ戻る