三菱ランサーセディアSE-R(CVT) vs 日産プリメーラセダン1.8Ci LセレクションNEO Di(CVT)【ライバル車はコレ】

地味系正調セダン対決(8/15) 2000.08.15 試乗記 豊富な内容を誇るweb CG 新車データベースのなかの人気企画「ライバル車はコレ」。web CG が選ぶ、三菱ランサーセディアのライバルは?
 

三菱ランサーセディアSE-R(207.3万円)のライバルは?

2000年5月にデビューしたランサーセディア。1.8、1.5リッター、2種類のエンジンが用意され、いずれも新開発のCVTが組み合わされる。SE-Rは、ラグジュアリー系セディアの最高峰。定着した感のあるRV人気の影にひっそり咲く正調セダン、北米、台湾ほかに輸出される国際派ランサーに敬意を表して、ライバルとして日産の欧州調セダンを選んでみた。


 
三菱ランサーセディアSE-R(CVT) vs 日産プリメーラセダン1.8Ci LセレクションNEO Di(CVT)【ライバル車はコレ】

プリメーラセダン1.8Ci LセレクションNEO Di(CVT)……198.1万円

■目には見えねど、目に見える進歩。

ハンドリングの良さに「欧州車のクローン」とまで揶揄された初代を継いで、現行プリメーラが登場したのは1995年。97年にワゴンボディの追加、1.8リッターを新型QGエンジンにかえCVTを組み合わせるなど、ビッグマイナーチェンジが施されたが、モデル末期であることに変わりはない。
一方のランサーセディアは、パリパリのニューモデル。近年まれなほど、真面目に四角い。とはいえ、プリメーラと並べてどちらが新しいのかよくわからないのは、いかがなものか。

広い室内空間を内包する地味な外観とはうらはらに、すばらしい足まわりをもつのは両者共通。リアサスに、横剛性の確保(とコストダウン)を目的とした半独立式マルチリンクビームを採用したプリメーラの方が、スロットル操作に対する反応は敏。コントローラブルだ。セディアも軽快だが、安定志向。
基本性能に大きな時間差は感じなかったが、決定的な違いはCVTのデキ。33年に最初の特許が北米で登録された、決して新しくはない技術だが、燃費向上に有効とここのところ進歩が急だ。省燃費に振られたプリメーラのそれは、長所を活かそうとやたらと高いギアを使いたがるが、セディアの方は、より自然。ソフトウェアの面でも、明らかに進んでいる。

(web CG アオキ)

関連記事
  • 三菱ランサーセディアワゴン T-Touring & Rallyart Edition(4AT)【試乗記】 2001.6.7 試乗記 三菱ランサーセディアワゴンT-Touring /Rallyart Edition(4AT)
    ……189.8/209.8万円

    2000年11月の発表以来、月平均3100台(2001年4月まで)を売る好調ランサーセディアワゴン。2001年5月29日に、1.8リッターGDIターボモデル「T-Touring」が加わった。自動車ジャーナリスト、森 慶太が報告する。


  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • 三菱「ランサーセディア」にスポーティな特別仕様車 2002.6.3 自動車ニュース 三菱自動車は、「ランサーセディア」と「ランサーセディアワゴン」に、スポーティさを演出した特別仕様車「スポーツエディション」を設定、2002年5月29日に発売した。さらにランサーセディアに新グレードを追加し、同日販売を開始した。
  • 三菱、「ランサーセディアワゴン」を(やっと)発売 2000.11.17 自動車ニュース 三菱自動車は、コンパクトセダン「ランサー」シリーズに、ステーションワゴン「ランサーセディアワゴン」を追加設定、2000年11月18日から発売する。セダンのリアオーバーハングを55mm延長、全高を10mm高くし、「ゆとりの後席居住空間と、 十分な容量かつ積載性に優れるラゲッジスペースを実現した」(三菱)。荷室下には、35リッターの大型ラゲッジフロアボックス、 左右には、小物収納に便利な2リッターのサイドボックスを設定、利便性をあげたという。エンジンは、1.8リッター直4 GDIのみ。トランスミッションもCVTだけだが、上級グレード「Touring」には、マニュアル操作可能なスポーツモード6-CVTが備わる。駆動方式は、前輪駆動と、ビスカスカップリング式のフルタイム4WDだ。価格は、2WDが149.8〜189.8万円、4WDが169.8〜209.8万円。当初は9月発売の予定だったが、三菱のリコール隠し騒動で、運輸省が懲罰的に型式認証作業を取り止めていたため、この時期にずれ込んだ。満を持して(ほとぼり冷めて?)登場した「セディアワゴン」。強敵カローラフィールダーや日産ウイングロードに対抗できるのか?(web CG 有吉)
  • 三菱、「ランサーセディア」に4WDを追加 2000.7.28 自動車ニュース 三菱自動車は、「ランサーセディア」に4WD車を設定、8月4日より発売を開始する。「寒冷地や冬期のレジャーシーンでのニーズに応えて」(三菱)の追加設定。生活ヨンクたるVCU(ビスカスカップリング)式フルタイム4WDを搭載。4WD化にともない、タイヤサイズを175/70R14から185/65R14に(1.5リッターモデル)、リアブレーキを8インチから9インチ(全4WD車)に変更。全高/最低地上高も5mm拡大し、1435/155mmとなった。価格は、1.5リッターの「MX-E」が159.8万円、同「MX-S」が173.8万円、1.8リッターの「SE-G」が195.8万円で、FFモデルとくらべ20万円高となる。リコール隠し騒動に負けない、ヨンクの力強い走りを期待したい。(有吉)三菱自動車「ランサーセディア」サイト:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/LANCER-CEDIA/
  • 三菱「ランサーセディア・セディアワゴン」を改良 2003.2.27 自動車ニュース 三菱自動車は、「ランサーセディア」「ランサーセディアワゴン」を大幅改良し、2003年2月26日から販売を開始した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る