【スペック】全長×全幅×全高=4470×1695×1445mm/ホイールベース=2535mm/車重=1220kg/駆動方式=FF/1.8リッターDOHC16バルブ(120ps/5600rpm、16.6kgm/4400rpm)/車両本体価格=186.4万円(テスト車=197.5万円)

日産ブルーバードシルフィ1.8Vi Gパッケージ(4AT)【ブリーフテスト】

日産ブルーバードシルフィ18Vi Gパッケージ(4AT) 2000.09.13 試乗記 ……197.5万円総合評価……★★★

風とともに去りぬ?

かつての花形、1.5?2リッター級セダンの月間販売台数は、1990年からの10年間で14万台から4万台に急降下。もう3分の1以下なのである。3ボックス、先細りの絶滅種?
……といったカテゴリーに、ゴーン社長肝入り第1号が投入されたのは、廃れたとはいえ、ハゲしく離れたのは30代までで、40〜50代のユーザー間では堅調に売れているから。マーケティング下手の日産でも狙いやすい。
キーワードは、「上質」と「環境」。そこで、うてば「守旧派」と応えるオーソドクスなスタイルに、たたけば「伝統」とホコリの出る木目調パネル多用のインテリア。
量販グレードに1.8リッター「スーパーウルトラロウエミッション」ユニットをもってくる大胆さと、コンベンショナルな4ATの組み合わせ。「居住性」と「走り」もそつなくまとめ、バランスのいいセダンに仕上がった。衰えたとはいえ、ナンバー2の底力。
けれども、シルフィが、ユーザーとともに老いていければいいけれど。風とともに舞台を去ってしまわなければいいけれど。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
サニーのプラットフォームに、「ラウンドルーフフォルム」と呼ばれる柔らかいルーフラインのボディを載せた4ドアセダン。「細部にわたって上質」をキャチフレーズに、40?50代の「こだわり派」団塊世代を狙う。2000年8月30日デビュー。1.5、1.8、2リッター、3種類のエンジンに、順に、CVT、4AT、5MTか4ATのトランスミッションが組み合わされる。1.8リッターに4WDあり。シルフィのサブネームは、風の精シルフィードから。
(グレード概要)
18Vi Gパッケージは、北米版サニーたるセントラCAに使われるスーパーウルトラロウエミッション(SULEV)エンジンを搭載。HC(炭化水素)排出量がハイブリッドカー、トヨタ・プリウスの半分というのがジマン。Gパッケージは、「18Vi」に、本革巻きステアリングホイール、同シフトノブ、オートエアコン、運転席バニティミラーなどを追加したモデル。なお、CDプレーヤーは、全車に標準装備する。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
「カフェラテ」と呼ばれる明るい色調の室内。グレー、タンといった樹脂類の質感は悪くない。そのため、木目調パネルにとってつけた感がない。ほどほど上品にまとめられた。
(前席)……★★★★
柔らかくしっかりしたファインジャガード織りがシート地に使われる。縫い目は「玉ぶち」で丁寧に縁取りされる。あたりがソフトで、座り心地のよいシート。座面の調整幅も広く、サイズも適当だ。
(後席)……★★
「子供が手を離れた夫婦」を想定ユーザーとするため、後席は重視されない。短い座面、寝気味のバックレストで、膝前と頭上空間を稼ぐが、それでも大人用としてはギリギリ。ボディ後半のスペースを、リアシートより荷室に振り分けられたカタチだ。
(荷室)……★★★
床面最大幅135cm、奥行き95cm、高さ55cmと、ふたりの小旅行には充分なラゲッジスペース。さすが「季節毎に旅行に出かけ、自然を満喫している」50代の夫婦をオーナー像に据えるだけはある。現実的には、9インチのゴルフバッグとスポーツバッグを4セット収納することが可能だという。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
「オッ」と思わせる出足のよさ。しかし、以後はまるでニブい反応。2500rpmから3000rpmでウナリ声が高まるが、普通に走っていれば、2500rpm付近でシフトアップするので、気にはならない。可もなく不可もないパワートレインだが、環境エンジンゆえの我慢を強いられない点が、むしろ感心、感心。
(乗り心地とハンドリング)……★★★★
ソフトな足だが、路面状況はキチンと伝える。ハーシュの遮断もうまい。アシストの強い、軽く安楽な操舵感と、しっかりした足まわりの組み合わせが、個人的には不思議な感じ。「曲がり」で鞭を入れても、だらしなく外に膨らまないところは、さすが「走りの日産」。

(写真=五條伴好)

【テストデータ】

報告者:web CG 青木禎之
テスト日:2000年9月13日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:1304km
タイヤ:(前)185/65R15 88S/(後)同じ(いずれもブリヂストンB391)
オプション装備:15インチアルミホイール(6.0万円)、サイドエアバッグ+アクティブヘッドレスト(5.1万円)
テスト形態:ロードインプレッション(プレス向け試乗会)
走行状態:市街地(8)山岳路(2)
走行距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--



日産ブルーバードシルフィ1.8Vi Gパッケージ(4AT)【ブリーフテスト】の画像


日産ブルーバードシルフィ1.8Vi Gパッケージ(4AT)【ブリーフテスト】の画像


日産ブルーバードシルフィ1.8Vi Gパッケージ(4AT)【ブリーフテスト】の画像


日産ブルーバードシルフィ1.8Vi Gパッケージ(4AT)【ブリーフテスト】の画像


日産ブルーバードシルフィ1.8Vi Gパッケージ(4AT)【ブリーフテスト】の画像
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産ティアナにカーナビ標準装備の新グレード 2016.4.4 自動車ニュース 日産の4ドアセダン「ティアナ」に、純正カーナビゲーションシステムを標準装備した新グレード「XVナビAVMパッケージ」「XLナビAVMパッケージ」が登場した。これにともない、ナビ非装着の上級グレード「XV」は廃止となった。
  • 日産ティアナ(前編) 2014.1.20 画像・写真 3代目となる新型「日産ティアナ」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 日産ティアナ(後編) 2014.1.20 画像・写真 3代目となる新型「日産ティアナ」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
ホームへ戻る