【スペック】全長×全幅×全高=4580×1725×1340mm/ホイールベース=2665mm/車重=1410kg/駆動方式=FR/2.5リッター直6DOHC24バルブターボ(280ps/6400rpm、37.0kgm/3200rpm)/車両本体価格=299.8万円(テスト車=325.9万円)

日産スカイライン2ドアスポーツクーペ25GTターボ(5MT)【ブリーフテスト】

日産スカイライン2ドアスポーツクーペ25GTターボ(5MT) 2000.09.24 試乗記 ……325.9万円総合評価……★★★★

天下無敵 but 「R」

「ソフィスティケイテッド・スカイライン」をキャッチフレーズに、表情を和らげた新型スカG。が、「軟弱!」と誹るのは気が早い。
ターボモデルはコンプレッサー形状を変え、280psのパワーはそのままに、中低回転域のトルクを太らせて、最大トルクを2kgmアップの37.0kgmに。
さらにMTモデルのギアボックスを改良、取り付けブッシュを強化、剛性20%向上、ストローク10%短縮を実現したという。シフトトラベルは特筆するほど短くはないが、カチッとしたフィールはすばらしい。
セラミックターボを備えた2.5リッター直6は、よどみなくわき出るトルクにして、スロットルレスポンスも秀逸。MTで乗る甲斐がある。
矢のような高速スタビリティ。鬼のようによく「曲げる」ハイキャス。グイグイ前に押し出すヘリカルLSD。25GTターボは、天下無敵のスポーツセダン、じゃなくて2ドアスポーツクーペ。恐れる相手はGT-Rだけ。

【概要】 どんなクルマ?

(シリーズ概要)
10代目にあたる現行スカイラインは、1998年5月に登場。4ドアスポーツセダンと、実質2ドアセダンの2ドアスポーツクーペがある。エンジンは、2、2.5、2.5リッターターボの3種類。いずれもストレート6。駆動方式はFRと4WD(NAのみ)。
(グレード概要)
25GTターボは、280psユニット搭載、最もスポーティなモデル。フロントバンパー左側にエアアウトレットがあるのが、NAモデルとの差異。「電動スーパーHICAS」こと4WSシステム、トラクションコントロール、LSD(MT=ヘリカル/AT=ビスカス)など「走り強化」デバイスを装備。ボンネットを開ければ、ストラットタワーバーが凄みをきかせる。

【車内&荷室空間】 乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★
デビュー当初のスカイラインのインパネまわりは、素材によって違う雑多な「黒」が統一感を著しく阻害していたが、2000年8月26日のマイナーチェンジで「シルバー」を導入。だいぶ落ち着いたが、それでもちょっと……。
(前席)……★★★
座面には前後2ツのダイヤルが備わり、角度を細かく調整できる。座面はやや平板だが、バックレストにはしっかりとしたサイドサポートが備わる。スポーツと日常の兼ね合い。
(後席)……★
プラス2のシート。座面を低く落とし、寝気味のバックレストをえぐって後席住民のスペースを稼ごうとしているが、それでも頭が天井につかえる。大人は短時間しか座れまい。
(荷室)……★★
床面最大幅135cm、奥行き77cm、ただし、うち12cmは燃料タンクが占領する。セダンのトランクリッドは左右にトーションバーをわたすタイプだが、こちらはダンパー式。すこしでも実用空間を稼ごうとの努力は見えるが……。容積は316リッターだという。

【ドライブフィール】 運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
スムーズ、トルキー、かつレスポンシブルなターボユニット。過給の立ち上がりはプログレッシブながら、ターボ感あり。3500rpmを超えると怒涛のパワー。ドラマチックなエンジン。ギアボックスは、特にフィールにおいて改善目覚ましい。エンジン+シフトのフィールは、市販車もこの通りなら文句なし。満点!星ひとつの減点は、燃費の悪さゆえ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★★
硬めでスポーティなアシでありながら、路面からの突き上げをみごとに遮断、「情報」としてのみドライバーに伝える。強固なボディと入念なチューニングの勝利。山道で本領を発揮するハイキャスはまた、ハイウェイでの安定性にも多大な貢献。二兎を得た感がある。

(写真=五條伴好)

【テストデータ】

報告者:web CG 青木禎之
テスト日:2000年9月18日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2000年型
テスト車の走行距離:3789km
タイヤ:(前)225/45ZR17/(後)同(いずれもブリヂストン Potenza RE040)
オプション装備:ホログラフィックサウンドシステム(12.6万円)/サイドエアバッグ(4.0万円)/ボディコーティング(3.5万円)/リアスポイラー(6.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:高速道路(5):市街地(3):山岳路(2)
走行距離:336.2km
使用燃料:66.5リッター
参考燃費:5.1km/リッター



日産スカイライン2ドアスポーツクーペ25GTターボ(5MT)【ブリーフテスト】の画像


日産スカイライン2ドアスポーツクーペ25GTターボ(5MT)【ブリーフテスト】の画像


日産スカイライン2ドアスポーツクーペ25GTターボ(5MT)【ブリーフテスト】の画像


日産スカイライン2ドアスポーツクーペ25GTターボ(5MT)【ブリーフテスト】の画像


日産スカイライン2ドアスポーツクーペ25GTターボ(5MT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 「日産スカイライン」に誕生60周年を祝う特別仕様車 2016.11.7 自動車ニュース 日産自動車は「スカイライン」にデビュー60周年を祝う特別仕様車「60thリミテッド」を設定し、販売を開始した。セミアニリン加工を施した本革シートやオープンポアウッドの装飾パネルなど、カタログモデルとは異なる内装を特徴としている。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
ホームへ戻る