【スペック】エクストレイルX:全長×全幅×全高=4445×1765×1675mm/ホイールベース=2625mm/車重=1400kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、20.4kgm/4000rpm)/車両本体価格=220.0万円

日産エクストレイルX(4AT)【試乗記】

『走ってもヨシ!』 2000.11.06 試乗記 日産エクストレイルX(4AT)……220.0万円2000年10月19日に発表された日産の小型ヨンク「X-TRAIL(エクストレイル)」。「ターゲットユーザー」ならぬ「パートナーユーザー」に、「横乗り系」若者を据えた「新生」日産の意欲作。CG編集部大谷秀雄が、北海道で乗った。

4人と4人の荷物を積んで

ここ数年活況つづきのいわゆる「ライトクロカン」市場に、ついに日産も参入を果たした。2年半前にプロジェクトをスタートさせたというエクストレイルは、車名「X-TRAIL」の「X」が、エクストリーム系スポーツへの掛詞になっている。
このことからもわかるように、中心的な購買層に据えられたのは20代の若者で、185.0から220.0万円(2リッターNA)の価格帯で揃えられたラインナップもそれを物語る。

フロントに横置きに搭載される「QR20DE」型直4(1998cc:150ps/20.4kgm)は、QRシリーズとしては初披露となるユニット。ブルーバードシルフィの「QR20DD」型のように直噴ガソリンタイプではないが、いわばその普及版。
来年2月には、2リッター直4ターボの「SR20VET」(280ps、31.5mkg)を与えられた「GT」が追加される予定で、こちらには282.5万円のプライスタグが付けられる。

全長4445×全幅1765×全高1675mmというディメンションは、RAV4(5ドア)やCR-Vよりも長く、幅広く、いっぽう全高だけが一番低い。全高が低いのは乗降性を助けるため。
「4人乗って4人分の荷物がきちんと積める」と主張されるように、2625mmと長いホイールベースを活かして、荷室に1000mmの奥行きを稼ぎだした。
左右のフロントフェンダーには、日本車の生産型としては初めて樹脂製フロントフェンダーを採用した。軽くブツけても、凹んで、すぐ戻る。

室内ではセンターメーターも目を引くが、撥水加工シートや、カーペットを廃して荷室床面にプラスチック製「ラゲッジボード」を用いたことが注目される。これらはアウトドアで濡れた身体で座る場合や、汚れた荷物を荷室へ積むケースを想定してのことだ。実生活での使い勝手を重視したのである。



日産エクストレイルX(4AT)【試乗記】の画像
荷室床下にスペアタイヤを収納するエクストレイル。プラスチック製のラゲッジボードが「ウリ」のひとつ。後席はダブルフォールディングが可能。助手席バックレストを倒せば、3mのロングボードを積むことができる。

荷室床下にスペアタイヤを収納するエクストレイル。プラスチック製のラゲッジボードが「ウリ」のひとつ。後席はダブルフォールディングが可能。助手席バックレストを倒せば、3mのロングボードを積むことができる。

「シャーン!」と気持ちいいけれど……

つぎに北海道「日産HPG」のサーキットで試乗した印象を述べる。
テスト車にとって、こうした場面で何より大切なのは、4輪のフィールをドライバーに途切れることなく伝えること。ステアリングに大舵角を与えようと、4輪が大きく流れ出そうとも、常にドライバーに正確なインフォメーションを与える。これは、SUVにとってはけっこう難しい要求である。
エクストレイルには、合格点を与えられた。日産ライトクロカンの、ボディやステアリング系、およびサスペンション系から感じられる剛性感が高く、4輪からの情報をじゅうぶん得られたからだ。

エクストレイルは、SUVとしては優れたハンドリングをもつクルマである。
前後ともやや高めにロールセンターが設定され、SUV用タイアのグリップはそれなりながら、ステアリングレスポンスは良好。S字コーナーなどではリアのロールの切り返しも速くキビキビしている。
スピンモードに入りかけても、先回り制御されるオールモード4×4システムが有効に作用して、スロットルペダルを開ける方向で操作する限り、瞬時に安定した弱アンダーステア傾向へ転じてくれる。これはダートコースでも同様で、きわめて安定した高速走行を披露し、発散する兆しすら見せなかった。

CVTC(連続可変バルブタイミングコントロール)を備えたQR20DEユニットについては、5000rpmからトップエンドまで「シャーン!」と気持ち良く回る印象が強かった。なかなかいいエンジンだけれど、SUV用としては、4000rpm以下の中速トルクをもっと重視してもよいのでは、と思った。

(CG編集部 大谷秀雄/写真=荒川正幸)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクストレイルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2014.2.12 試乗記 デザインも走りも一新した新型「日産エクストレイル」。好評だった初代、2代目の路線に別れを告げ、新境地に乗り出した3代目の実力を試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る